« テックステーション 初登場商品詳細掲載(抜粋) | メイン | GREENMAX 納品日のご案内(抜粋) »

エヌ小屋 新製品受注書(抜粋)

エヌ小屋の「新製品受注書」が問屋様より販売店様に配布されています。
 
2020年12月中旬発売予定
新製品
●15011 函館市企業局交通部「ハイカラ號」プラキット(1輌) 3,000円+税
●15005 青函連絡船航走用控車プラキット(5輌) 9,800円+税
 
【情報源:メーカー様提供資料】
(資料提供:「エヌ小屋」様)
 
以下メーカー詳細です。

 
 
 
2020年7月。
「エヌ小屋」は商品企画販売開始から11周年を迎えました。
お客様への感謝の気持ちを忘れず、これからも着実に歩み続けます。
新規プロジェクトと致しまして下記商品を製品化致します。
 
 
(N)函館市企業局交通部「ハイカラ號」プラキット製品化!!
2020年12月中旬発売予定
2020年(令和2年)12月に箱館ハイカラ號は、生誕110周年を迎えます。
弊社「エヌ小屋」ブランドの最初のプラキットとして「11」繋がりということもあり、製品化することに決定いたしました。
ディスプレイモデルキットとして販売いたします。

 
●15011 函館市企業局交通部「ハイカラ號」プラキット(1輌) 3,000円+税
 
□実車ガイド
1910年(明治43年)12月千葉県成田市で製造、運行。1918年(大正7年)函館へ移り,1936年(昭和11年)まで運行。ササラ式除雪車に車体改造し活躍。
1992年(平成4年)函館市制70周年記念事業で当時の姿に復元。台車は、ササラ電車時代の米国ブリル社製をそのまま使用。1993年(平成5年)8月より「箱館ハイカラ號」として運用中。
 
□製品化特徴
復元された姿を忠実に再現。他社動力を使用して走行可。現在使用中のブリル21E台車の他、オリジナルで使用されていたマウンテン・ギブソン製の台車パーツ付。
 
函館市企業局交通部商品化許諾申請中
 
実車参考画像

_15011
 
 
 
(N)青函連絡船航送用控車プラキット製品化!!
2020年12月中旬発売予定
青函連絡船に貨車を積み込む際、可動橋に負担を与えないために古い貨車から改造された控車。上回りは柵だけという特異な外観で5輌1組で活躍しました。
控車をディスプレイモデルキットとして販売いたします。

 
●15005 青函連絡船航走用控車プラキット(5輌) 9,800円+税
 
□実車ガイド
ワ1形、ワム3500形、ト20000形など古い貨車から改造され、5輌1組で青函連絡船の船内から航送用貨車の引き出し、積込に従事しておりました。
青函連絡船廃止後は青森に数輌保存車両を見ることができます。

□製品化特徴
特徴的な柵を忠実に再現。
国鉄時代の控車の姿で製品化
下回りだけ利用して旧型貨車を自作する楽しみ方もあります。
 
実車参考画像

_15005
 
 
(「エヌ小屋」様より許可を得て実車参考画像を掲載しています。NGI)
 
 
【情報源:メーカー様提供資料】
(資料提供:「エヌ小屋」様)

スポンサー様

  • Kaitori_east2

    ホビーランドぽち 様

     

    Chiyoda0011111

    チヨダレールセンター 様

     

    1114_2_2

    BOOK OFF 様

     

    Tamtam_20150826

    HOBBY SHOP Tam Tam 様

     

    200402ngide1011562

    KATO京都駅店 様

     

    Bana20170502

    ホビーセンターカトーオンラインショップ 様

     

情報提供販売店様

  • Gowasuya_2

    ごわす屋 様

    Image300150_6

    railways湘南ライン様
    railwaysしんゆり湘南ライン様


スポンサー様2

  • Kaitori_east2

    ホビーランドぽち 様

    Chiyoda0011111

    チヨダレールセンター 様

    1114_2_2

    BOOK OFF 様


    Tamtam_20150826

    HOBBY SHOP Tam Tam 様

    200402ngide1011562

    KATO京都駅店 様

    Bana20170502

    ホビーセンターカトーオンラインショップ 様