« TOMIX 公式サイト「製品化決定」更新 | メイン | MICRO ACE 月別発売予定表 »

MICRO ACE 2020年5月度生産品御注文書(抜粋)

MICRO ACEの「2020年5月度生産品御注文書」が問屋様より販売店様に配布されています。
 
2020年5月発売予定
新製品
●A1864 東武5070型 新塗装 6両セット 26,300円+税
●A1865 東武8000型 宇都宮線 4両セット 16,700円+税
●A3454 新幹線 100系9000番台(X1編成) 大型JRマーク付 基本8両セット 35,000円+税
●A3455 新幹線 100系9000番台(X1編成) 大型JRマーク付 増結8両セット 34,000円+税
●A3481 新京成8000形 復活塗装 6両セット 27,400円+税
●A3493 新京成8000形 新塗装 6両セット 27,400円+税
●A6575 京王3000系 更新車 シングルアームパンタ サーモンピンク 5両セット 23,700円+税
●A6576 京王3000系 更新車 シングルアームパンタ ライトグリーン 5両セット 23,700円+税
●A7065 京王6000系 都営地下鉄線乗入仕様車 新塗装 8両セット 35,300円+税
●A7070 京王6000系 都営地下鉄線乗入仕様車 新塗装 シングルアームパンタ 増結2両セット 9,600円+税
●A7230 115系3000番台 濃黄色 クーラー交換車 4両セット 16,500円+税
 
【情報源:下記情報提供販売店様FAX】
(FAX情報提供:「ごわす屋」様、「railways湘南ライン/railwaysしんゆり湘南ライン」様)
 
以下メーカー説明詳細です。

 
 
 
【ポスター掲載:公式サイト下記URL】
http://www.microace-arii.co.jp/poster/img/2020_01w.jpg
 
 
 
さよなら野田線のつりかけ電車! 5070型
●A1864 東武5070型 新塗装 6両セット 26,300円+税
東武鉄道商品化許諾済
 
商品形態
Nゲージ塗装済完成品(素材:ABS樹脂製) 対象年齢:14歳以上 ブックケース入
 
実車紹介
東武鉄道では主力として活躍した7800型の台車や電装品を活用して8000型と同等の車体を新造する更新工事を1979年から開始しました。
当初登場したグループの機器構成は種車のものを踏襲、5000型と呼ばれましたが、翌年に登場したグループでは当初より冷房を、増備途中からは側面行先表示器を装備するなどの相違がある5050型となり、1984年からは6両固定編成の5070型も登場しました。
6両編成の5070型は晩年に閑散線区への転用が行われず、落成以来一貫して野田線で活躍し続けた編成が多数派でした。
2004年までに後継形式に置き換えられて全車引退しました。
 
編成図
クハ5182 + モハ5282(M)P + モハ5382 + サハ5482 + モハ5582P + クハ5682
 
商品概要
・マイクロエース私鉄電車シリーズのさらなる充実
・前面形状・台車などを改良した A1860(2018年4月出荷)をベースに6両固定編成を再現
 ※製品の基本的な構造はこちらに準じます
・抵抗器の形状などが異なる5070型専用床下部品を使用、クハ5682にCP部品を取付
・ヘッドライト、テールライト、前面表示器点灯、LED使用
・フライホイール付動力搭載
・野田線で最後まで活躍した編成がプロトタイプ
・優先席導入後、モハ5382が弱冷房車の2004年秋頃の姿
 
オプション
幅広室内灯(G0001/G0002/G0003/G0004) マイクロカプラー自連・灰(F0004)
 
付属品
行先シール
 
【PDF掲載:公式サイト下記URL】
http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A1864.pdf
 
 
 
さよなら宇都宮線の8000型
●A1865 東武8000型 宇都宮線 4両セット 16,700円+税
東武鉄道商品化許諾済
 
商品形態
Nゲージ塗装済完成品(素材:ABS樹脂製) 対象年齢:14歳以上 ブックケース入
 
実車紹介
1963年から20年間で東武鉄道が私鉄最多の712両を投入した新性能通勤電車が8000型です。20m普通鋼製の切妻車体には片側4箇所の両開き扉を設置、戸袋窓や電気制動の省略など軽量化と量産に適した設計により増大し続けた輸送需要に対応しました。
1972年製のグループから冷房を搭載、1976年製のグループから台車を変更するなど製造年次ごとの細かい差異が見られます。
1985年から順次塗装をジャスミンホワイトに濃淡ブルーの帯を配したものに変更、翌年より車体修繕工事を開始、前面形状の変更や側面方向幕の設置などが行われました。修繕工事も長期間に亘り施工年次毎の差が多く、後年に修繕されたグループでは行先表示のLED化やヘッドライトのHID化など外見上の相違が見られます。
 
編成図
クハ81105 + モハ82105(M)P + モハ83105 + クハ84105
 
商品概要
・マイクロエース私鉄電車シリーズのさらなる充実
・A1861(2018年5月出荷)をベースに宇都宮線用4両固定編成を再現
 ※製品の基本的な構造はこちらに準じます
・ヘッドライト、テールライト、前面表示器点灯、LED使用
・フライホイール付動力搭載
・2019年夏頃の宇都宮線晩年の姿がプロトタイプ
・新ロゴマークが掲出された後の姿
・ホーム検知装置付き前面、FS396台車を新規作成
※宇都宮線用として整備されたグループはホーム検知装置の取付やジャンパホース受の撤去、前面ホロの取り外しなどが行われました
 
オプション
幅広室内灯(G0001/G0002/G0003/G0004) マイクロカプラー自連・灰(F0004)
 
付属品
行先シール
 
【PDF掲載:公式サイト下記URL】
http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A1865.pdf
 
 
 
100系試作車! 新幹線ひかり号
●A3454 新幹線 100系9000番台(X1編成) 大型JRマーク付 基本8両セット 35,000円+税
JR東海承認済
 
商品形態
Nゲージ塗装済完成品(素材:ABS樹脂製) 対象年齢:14歳以上 ブックケース入
 
実車紹介
国鉄は東海道・山陽新幹線電車のモデルチェンジを行い、1985年に100系が登場しました。100系は主に居住性の向上を中心に改良が行われました。高速鉄道では世界初の2階建車両が連結されたことが特筆されます。普通車の3列座席が回転可能になったのも大きな特長です。外板塗装を白色に変更、側面帯の下に細帯が追加され、鋭角の先頭形状と細長い前照灯がシャープな印象を与えます。
試作車は量産車と比較して小さな客室窓や傾斜の強い前照灯などが特徴です。2両のグリーン車のドア位置変更などの量産化改造後は「X1」編成と呼ばれ、量産車6本を含む7本のX編成が民営化直後の東海道新幹線のフラッグシップとして活躍しました。
 
編成図
123-9001 + 126-9001P + 125-9001 + 126-9002P + 125-9002 + 126-9003P + 125-9501(M) + 168-9001 + 149-9001 + 116-9001P + 125-9701(M) + 126-9004P + 125-9003 + 126-9005P + 125-9004 + 124-9001
太字下線部:A3454 8両基本セット
下線部:A3455 8両増結セット
 
商品概要
・マイクロエース新幹線シリーズのさらなる充実
・A3456(2009年9月出荷)のバリエーション製品
 ※製品の基本的な構造はこちらに準じます
・ヘッドライト、テールライト点灯、LED使用
・国鉄民営化直後、1/8/15号車の車体帯に大型の白色 JRマークが掲出された姿
 ※300系登場前、100系「ひかり」が東海道新幹線の主役だった時代を再現
・実車に即して特高圧ブス引き通しが試験的に行われた後の姿を再現
 (2〜13号車の屋根肩カバー、車端部屋根にケーブルヘッド(ガイシ)を装着)
・パンタグラフ削減前、パンタグラフカバー取付前の姿
・1、2、7、12 号車の客用扉脇に白色長方形の禁煙車表示を印刷
・同時生産予定のA3455/増結セットと連結することで、16両フル編成を再現可能
 
オプション
幅広室内灯(G0001/G0002/G0003/G0004) ※マイクロカプラーの取付には対応いたしません
 
付属品
行先シール
 
【PDF掲載:公式サイト下記URL】
http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A3454.pdf
 
 
 
100系試作車! 新幹線ひかり号
●A3455 新幹線 100系9000番台(X1編成) 大型JRマーク付 増結8両セット 34,000円+税
JR東海承認済
 
商品形態
Nゲージ塗装済完成品(素材:ABS樹脂製) 対象年齢:14歳以上 紙箱入
 
実車紹介
国鉄は東海道・山陽新幹線電車のモデルチェンジを行い、1985年に100系が登場しました。100系は主に居住性の向上を中心に改良が行われました。高速鉄道では世界初の2階建車両が連結されたことが特筆されます。普通車の3列座席が回転可能になったのも大きな特長です。外板塗装を白色に変更、側面帯の下に細帯が追加され、鋭角の先頭形状と細長い前照灯がシャープな印象を与えます。
試作車は量産車と比較して小さな客室窓や傾斜の強い前照灯などが特徴です。2両のグリーン車のドア位置変更などの量産化改造後は「X1」編成と呼ばれ、量産車6本を含む7本のX編成が民営化直後の東海道新幹線のフラッグシップとして活躍しました。
 
編成図
123-9001 + 126-9001P + 125-9001 + 126-9002P + 125-9002 + 126-9003P + 125-9501(M) + 168-9001 + 149-9001 + 116-9001P + 125-9701(M) + 126-9004P + 125-9003 + 126-9005P + 125-9004 + 124-9001
太字下線部:A3454 8両基本セット
下線部:A3455 8両増結セット
 
商品概要
・マイクロエース新幹線シリーズのさらなる充実
・A3457(2009年9月出荷)のバリエーション製品
 ※製品の基本的な構造はこちらに準じます
・国鉄民営化直後の姿
 ※300系登場前、100系「ひかり」が東海道新幹線の主役だった時代を再現
・実車に即して特高圧ブス引き通しが試験的に行われた後の姿を再現
 (2〜13号車の屋根肩にカバー、車端部屋根にケーブルヘッド(ガイシ)を装着)
・パンタグラフ削減前、パンタグラフカバー取付前の姿
・1、2、7、12 号車の客用扉脇に白色長方形の禁煙車表示を印刷
・同時生産予定の A3454/ 基本セットに連結することで、16両フル編成を再現可能
 ※本セットに先頭車は含まれません。A3454 と連結してお楽しみください
  
オプション
幅広室内灯(G0001/G0002/G0003/G0004) ※マイクロカプラーの取付には対応いたしません
 
付属品
行先シール
 
【PDF掲載:公式サイト下記URL】
http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A3455.pdf
 
 
 
懐かしのクリーム+茶帯! 新京成8000形
●A3481 新京成8000形 復活塗装 6両セット 27,400円+税
新京成電鉄株式会社商品化許諾申請中
 
商品形態
Nゲージ塗装済完成品(素材:ABS樹脂製) 対象年齢:14歳以上 ブックケース入
 
実車紹介
1978年新京成電鉄初の冷房車として登場したのが8000形です。
両開きドアや電気ブレーキなどの新機軸のほか、2枚のガラスを用いた前面のユニークなデザインが特徴です。
第3編成より界磁チョッパ制御を採用、中間車のパンタグラフを+2基装備するなど改良されながら1985年まで増備されました。
2006年より京成電鉄乗入れに対応した改造を施工、2007年から順次VVVFインバータ制御への更新を行い、未更新車の廃車と併せて2013年までに全車の交流モーター化を達成しました。
2017年からは新京成電鉄のコーポレートカラーであるジェントルピンクとホワイトのツートンカラーに車体色を変更開始、8512編成は落成当初のアイボリーと茶色1本帯の姿に復元されました。
 
編成図
クハ8512 + モハ8024P + モハ8023(M) + モハ8022P + モハ8021 + クハ8511
 
商品概要
・マイクロエース私鉄電車シリーズのさらなる充実
・A3490(2009年3月出荷)をベースに最新の姿を再現
 ※製品の基本的な構造はこちらに準じます
・ヘッドライト、テールライト、前面行先表示器点灯、LED使用
・フライホイール付動力搭載
・クリーム色のボディに茶帯の入った8512編成を製品化
・駅ナンバリングマーク付行先シール付属
・VVVF化された床下部品を新規作成
 
オプション
幅狭室内灯(G0005/G0006/G0007/G0008) マイクロカプラー自連・灰(F0004)
 
付属品
行先シール
 
【PDF掲載:公式サイト下記URL】
http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A3481.pdf
 
 
 
ジェントルピンクの装い! 新京成8000形
●A3493 新京成8000形 新塗装 6両セット 27,400円+税
新京成電鉄株式会社商品化許諾申請中
 
商品形態
Nゲージ塗装済完成品(素材:ABS樹脂製) 対象年齢:14歳以上 ブックケース入
 
実車紹介
1978年新京成電鉄初の冷房車として登場したのが8000形です。
両開きドアや電気ブレーキなどの新機軸のほか、2枚のガラスを用いた前面のユニークなデザインが特徴です。
第3編成より界磁チョッパ制御を採用、中間車のパンタグラフを+2基装備するなど改良されながら1985年まで増備されました。
2006年より京成電鉄乗入れに対応した改造を施工、2007年から順次VVVFインバータ制御への更新を行い、未更新車の廃車と併せて2013年までに全車の交流モーター化を達成しました。
2017年に8518編成の車体色を新京成電鉄のコーポレートカラーであるジェントルピンクとホワイトのツートンカラーに車体色が変更されました。
 
編成図
クハ8518 + モハ8036P + モハ8035(M) + モハ8034P + モハ8033 + クハ8517
 
商品概要
・マイクロエース私鉄電車シリーズのさらなる充実
・A3490(2009年3月出荷)をベースに最新の姿を再現
 ※製品の基本的な構造はこちらに準じます
・ヘッドライト、テールライト、前面行先表示器点灯、LED使用
・フライホイール付動力搭載
・ジェントルピンクとホワイトの8518編成を製品化
・VVVF化された床下部品を新規作成
 
オプション
幅狭室内灯(G0005/G0006/G0007/G0008) マイクロカプラー自連・灰(F0004)
 
付属品
行先シール
 
【PDF掲載:公式サイト下記URL】
http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A3493.pdf
 
 
 
7色揃ったレインボーカラー
●A6575 京王3000系 更新車 シングルアームパンタ サーモンピンク 5両セット 23,700円+税
京王電鉄商品化許諾申請中
 
商品形態
Nゲージ塗装済完成品(素材:ABS樹脂製) 対象年齢:14歳以上 ブックケース入
 
実車紹介
京王帝都電鉄(現:京王電鉄)が1962年に井の頭線用として投入したのが3000系です。18.5m級3扉の車体はオールステンレス製で、前頭部には編成毎に7色のFRP製フロントマスクが取付けられたことから「ステンプラカー」と呼ばれて親しまれました。
1983年以降に登場したグループは車体構造の変更で軽量化が図られ、外観ではコルゲート本数の減少などの相違が生じました。
1996年よりリニューアル工事を開始、フロントマスクの交換、前面窓の拡大、側面帯の濃淡2色化などが行われました。後年ではパンタグラフがシングルアーム式のものに交換され、屋上クーラーが交換されるなどの変化が見られましたが、2011年までに全車とも惜しまれながら引退しました。
 
編成図
3774 + 3124P + 3074(M)P + 3024P + 3724
 
商品概要
・マイクロエース私鉄電車シリーズのさらなる充実
・A6567(2013年8月出荷)のバリエーション製品
 ※製品の基本的な構造はこちらに準じます
・ヘッドライト、テールライト、前面表示器点灯、LED使用
・屋上クーラーが大型のもの、パンタグラフがシングルアーム式のものに交換された晩年の姿
・更新工事によって増設された妻面ハシゴ部品、中間車2両の妻面貫通扉を実車に即して再現
 
オプション
幅狭室内灯(G0005/G0006/G0007/G0008) マイクロカプラー自連・灰(F0004)
 
付属品
行先シール
 
【PDF掲載:公式サイト下記URL】
http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A6575.pdf
 
 
 
個性的な台形クーラー!
●A6576 京王3000系 更新車 シングルアームパンタ ライトグリーン 5両セット 23,700円+税
京王電鉄商品化許諾申請中
 
商品形態
Nゲージ塗装済完成品(素材:ABS樹脂製) 対象年齢:14歳以上 ブックケース入
 
実車紹介
京王帝都電鉄(現:京王電鉄)が1962年に井の頭線用として投入したのが3000系です。18.5m級3扉の車体はオールステンレス製で、前頭部には編成毎に7色のFRP製フロントマスクが取付けられたことから「ステンプラカー」と呼ばれて親しまれました。
1983年以降に登場したグループは車体構造の変更で軽量化が図られ、外観ではコルゲート本数の減少などの相違が生じました。
1996年よりリニューアル工事を開始、フロントマスクの交換、前面窓の拡大、側面帯の濃淡2色化などが行われました。後年ではパンタグラフがシングルアーム式のものに交換され、屋上クーラーが交換されるなどの変化が見られましたが、2011年までに全車とも惜しまれながら引退しました。
 
編成図
3775 + 3125P + 3075(M)P + 3025P + 3725
 
商品概要
・マイクロエース私鉄電車シリーズのさらなる充実
・A6567(2013年8月出荷)のバリエーション製品
 ※製品の基本的な構造はこちらに準じます
・ヘッドライト、テールライト、前面表示器点灯、LED使用
・パンタグラフがシングルアーム式のものに交換された後の姿
・更新工事によって増設された妻面ハシゴ部品、中間車2両の妻面貫通扉を実車に即して再現
・6000系から積み替えられた台形のクーラー部品を新規作成
 
オプション
幅狭室内灯(G0005/G0006/G0007/G0008) マイクロカプラー自連・灰(F0004)
 
付属品
行先シール
 
【PDF掲載:公式サイト下記URL】
http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A6576.pdf
 
 
 
東京を東西に横断! 京王6000系
●A7065 京王6000系 都営地下鉄線乗入仕様車 新塗装 8両セット 35,300円+税
京王電鉄商品化許諾申請中
 
商品形態
Nゲージ塗装済完成品(素材:ABS樹脂製) 対象年齢:14歳以上 ブックケース入
 
実車紹介
京王電鉄では増大する旅客需要対応のため、1972年に20m級4扉の車両、6000系を投入しました。京王電鉄初のワンハンドル式運転台が採用されたほか、翌年から投入されたグループでは初めて界磁チョッパ制御が採用されるなど、輸送力増強以外でも京王線の近代化に大きな役割を果たしました。
車体は普通鋼製で角ばった客室窓と戸袋窓が特徴です。貫通型前面は助手席側の窓が小さくナンバーが取り付けられてアクセントになっています。合計で 304両が登場したうち、地下鉄乗入対応車が30番台として区分されています。
2002年に塗装がエンジ帯から京王ブルー・京王レッドの帯に変更、晩年には一部の車両のパンタグラフが交換されました。
 
編成図
6742 + 6042P + 6092 + 6142(M)P + 6192 + 6242P + 6292P + 6792
 
商品概要
・マイクロエース私鉄電車シリーズのさらなる充実
・A7063(2012年3月出荷)のバリエーション製品
※製品の基本的な構造はこちらに準じます
・ヘッドライト、テールライト、前面表示器点灯、LED使用
・側面への号車表示掲出前、固定編成化される前の姿
・両先頭車に誘導無線アンテナ、ATC装置が装着された姿
・HS20コンプレッサー、ヒューズ箱形状など後期製造車の特徴を再現
・同時生産予定のA7070「京王6000系」と連結、ラッシュ時を想定して楽しめます
※クハ6792のカプラーを付属の連結用カプラーに交換する必要があります
 
オプション
幅広室内灯(G0001/G0002/G0003/G0004) マイクロカプラー密連・灰(F0002)
 
付属品
行先シール 連結用カプラー
 
【PDF掲載:公式サイト下記URL】
http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A7065.pdf
 
 
 
ラッシュ対策の切り札10両編成! 京王6000系
●A7070 京王6000系 都営地下鉄線乗入仕様車 新塗装 シングルアームパンタ 増結2両セット 9,600円+税
京王電鉄商品化許諾申請中
 
商品形態
Nゲージ塗装済完成品(素材:ABS樹脂製) 対象年齢:14歳以上 紙箱入
 
実車紹介
京王電鉄では増大する旅客需要対応のため、1972年に20m級4扉の車両、6000系を投入しました。京王電鉄初のワンハンドル式運転台が採用されたほか、翌年から投入されたグループでは初めて界磁チョッパ制御が採用されるなど、輸送力増強以外でも京王線の近代化に大きな役割を果たしました。
車体は普通鋼製で角ばった客室窓と戸袋窓が特徴です。貫通型前面は助手席側の窓が小さくナンバーが取り付けられてアクセントになっています。合計で304両が登場したうち、地下鉄乗入対応車が30番台として区分されています。
2002年に車体塗装が臙脂帯から京王ブルー・京王レッドの帯に変更、晩年には一部の車両のパンタグラフが交換されました。
 
本セットに動力車は含まれません
 
編成図
6438P + 6888P
 
商品概要
・マイクロエース私鉄電車シリーズのさらなる充実
・A7059(2015年7月出荷)のバリエーション製品
 ※製品の基本的な構造はこちらに準じます
・ヘッドライト、テールライト、前面表示器点灯、LED使用
・側面への号車表示掲出前、固定編成化される前の姿
・クハ6888に誘導無線アンテナ、ATC装置が装着された姿
・ヒューズ箱形状は後期製造車の特徴を再現
・デハ6438にもスカートが設置された、地上・地下両対応増結用の特徴ある姿
・同時生産予定のA7065「京王6000系」と連結、ラッシュ時を想定した編成のほか、既発売のA7057(2012年3月出荷)、A7470(2014年9月出荷)などとも連結可能
・出荷状態ではデハ6438にアーノルトカプラーを標準装備
 
★編成例
 都営地下鉄線乗入運用
  ←本八幡  橋本→
  A7065(同時生産予定) + 本製品
 京王線(地上)優等列車運用
  ←新宿  京王八王子/高尾山口→
  本製品 + A7057(別売)/A7470(別売)
 
オプション
幅広室内灯(G0001/G0002/G0003/G0004) マイクロカプラー密連・灰(F0002)
 
付属品
行先シール
 
【PDF掲載:公式サイト下記URL】
http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A7070.pdf
 
 
 
本州西端で現役! 2扉の115系
●A7230 115系3000番台 濃黄色 クーラー交換車 4両セット 16,500円+税
JR西日本商品化許諾済
 
商品形態
Nゲージ塗装済完成品(素材:ABS樹脂製) 対象年齢:14歳以上 ブックケース入
 
実車紹介
1982年に下関地区の快速列車などに使用されていた153系を置換える目的で115系3000番台は登場しました。編成短縮・増発によるサービス向上のモデルケースとして注目を集め、広島シティ電車の愛称が付けられました。115系3000番台は前面構造や主要機器は 115系に準拠し、客室構造は2扉転換クロスシート(車端部のみロングシート)と、117系との共通点が見られます。
2004年より新造後30年の使用を可能とする「30N体質改善工事」が行われています。前面窓ガラスの交換、屋上通風器の撤去、妻面貫通扉の交換など外観が一部変化しました。2010年より順次「濃黄色」へ塗装変更されているほか、近年では屋上のクーラーが新型のものに交換された車両も出現しています。
 
編成図
クハ115-3103 + モハ115-3003(M) + モハ114-3003P + クハ115-3003
 
商品概要
・マイクロエース近郊型電車シリーズのさらなる充実
・A0359(2011年5月出荷)のバリエーション製品
 ※製品の基本的な構造はこちらに準じます
・ヘッドライト、テールライト、前面表示器点灯、LED使用
・屋上クーラーがWAU709に交換された近年の姿
・床下・台車はグレーの姿
・実車に即して前面窓ガラスをクリアグリーンで再現
・ボディの黄色は A0791/105系(2015年9月発売)と同色の塗料を使用
 ※A0359から変更となります
 
オプション
幅広室内灯(G0001/G0002/G0003/G0004) マイクロカプラー密連・灰(F0002)
 
付属品
行先シール
 
【PDF掲載:公式サイト下記URL】
http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A7230.pdf
 
 
 
【情報源:下記情報提供販売店様FAX】
(FAX情報提供:「ごわす屋」様、「railways湘南ライン/railwaysしんゆり湘南ライン」様)

スポンサー様

  • 187_fes

    ホビーランドぽち 様

     

    Chiyoda0011111

    チヨダレールセンター 様

     

    1114_2_2

    BOOK OFF 様

     

     

    Tamtam_20150826

    HOBBY SHOP Tam Tam 様

     

    200215ngide101156

    KATO京都駅店 様

     

    Bana20170502

    ホビーセンターカトーオンラインショップ 様

     

    Bnrrd

    鉄道ホビダスショップ 様

情報提供販売店様

  • Gowasuya_2

    ごわす屋 様

    Image300150_6

    railways湘南ライン様
    railwaysしんゆり湘南ライン様


スポンサー様2

  • 187_fes

    ホビーランドぽち 様

    Chiyoda0011111

    チヨダレールセンター 様

    1114_2_2

    BOOK OFF 様


    Tamtam_20150826

    HOBBY SHOP Tam Tam 様

    200215ngide101156

    KATO京都駅店 様

    Bana20170502

    ホビーセンターカトーオンラインショップ 様

    Bnrrd

    鉄道ホビダスショップ 様