« KATO 2020年6月発売予定品ポスター掲載(抜粋) | メイン | KATO 生産予定表更新20200131 »

KATO 2020年2月・5月追加分・2020年6月分 ご注文書(抜粋)

KATOの「2020年2月・5月追加分・2020年6月分 ご注文書」が問屋様より販売店様に配布されています。
 
2020年2月追加分
新製品
●23-600A 日野ポンチョ イエロー・あおぞら(2台入) 2,400円+税
●23-600B 日野ポンチョ ピンク・ベージュ(2台入) 2,400円+税
 
2020年5月追加分
新製品
●22-241-6 サウンドカード<JR東海N700A新幹線> 3,200円+税
●10-573 「つばめ」青大将 8両増結セット 12,800円+税

再生産
●10-428 「つばめ」青大将 7両基本セット 12,000円+税
●3039 EF58 初期形大窓 青大将 6,200円+税

 
2020年6月分
新製品
●10-1641 381系「スーパーくろしお」(リニューアル編成) 6両基本セット 18,800円+税
●10-1642 381系「スーパーくろしお」(リニューアル編成) 3両増結セット 6,800円+税
●10-1630 E233系7000番台 埼京線 6両基本セット 17,000円+税
●10-1631 E233系7000番台 埼京線 4両増結セット 7,500円+税
●10-1601 323系大阪環状線 基本セット(4両) 13,400円+税
●10-1602 323系大阪環状線 増結セット(4両) 10,200円+税
●3023-7 EF64 1030 長岡車両センター 7,200円+税

再生産
●10-822 24系寝台特急「あけぼの」 6両基本セット 12,000円+税
●10-823 24系寝台特急「あけぼの」 3両増結セット 5,000円+税
●10-1290 E531系 常磐線・上野東京ライン 基本セット(4両) 11,000円+税
●10-1291 E531系 常磐線・上野東京ライン 増結セットA(4両) 8,100円+税
●10-1292 E531系 常磐線・上野東京ライン 増結セットB(2両) 3,000円+税
●10-1293 E531系 常磐線・上野東京ライン 付属編成セット(5両) 14,200円+税
●1-607-1 (HO)キハ82 7,800円+税
●1-608 (HO)キロ80 6,200円+税
●1-609 (HO)キハ80(T) 6,200円+税
●1-610 (HO)キシ80 6,200円+税
●1-611 (HO)キハ80(M) 12,000円+税
●10-1182 クモニ83100(T)+クモニ13(M) 飯田線荷物電車 2両セット 9,800円+税

●10-1158 伯備線石灰輸送貨物列車 12両セット【特別企画品】 14,800円+税
 
【情報源:下記情報提供販売店様FAX】
(FAX情報提供:「railways湘南ライン/railwaysしんゆり湘南ライン」様、「ごわす屋」様)
 
以下メーカー詳細説明です。

 
新製品 N-GAUGE
6月期発売
●10-1641 381系「スーパーくろしお」(リニューアル編成) 6両基本セット 18,800円+税
●10-1642 381系「スーパーくろしお」(リニューアル編成) 3両増結セット 6,800円+税
JR西日本商品化許諾申請中
 
■商品紹介
●大阪から紀州路を駆け、紀伊半島の新宮までを結んだ381系「スーパーくろしお」を製品化いたします。
381系は曲線区間の多い地域でのスピードアップを目的とした振り子式特急電車として昭和48年(1973)に登場しました。紀勢本線では「くろしお」として活躍し、速達性の向上に貢献しました。JR移行後には一部編成にパノラマグリーン車を連結して塗色変更し、列車名も「スーパーくろしお」として差別化を図りました。後継車である283系の登場(1998~)以降は旅客サービスの向上を目的に全列車のシートピッチ拡大、パノラマグリーン車の3列シート化、塗色変更が行われエメラルドグリーンとアイボリーを基調とした爽やかな印象になりました。平成23年(2011)3月には列車名を「くろしお」に統一し、平成27年(2015)まで活躍しました。
 
◆381系の中でも人気の高い「スーパーくろしお」が登場です。実車同様に曲線区間に入ると車体が曲線内側へ傾斜する姿をNゲージでリアルにお楽しみいただけます。
 
■製品特長
(1)「スーパーくろしお」のリニューアル編成を製品化。プロトタイプは基本セットがHD603編成、増結セットがHD632編成。
(2)各車両とも号車、愛称サボ印刷済。
(3)中間車の非常口はモハ380-502のみあり、ほかの車両は閉塞された姿を再現。
(4)クロ380は先頭部の大きな窓をはじめとする特徴的な車体形状を再現。ヘッドライトの間にある愛称表示も点灯。「スーパーくろしお」の愛称板取付済。交換用に「くろしお」と「はんわライナー」「(黒無地)」が付属。
(5)クハ381-503の先頭車先頭部カプラーは電連付ダミーカプラーを採用。9両編成を再現する際の連結用カプラーとスカートが交換用部品として付属。
(6)クロ380のスカートは、スノープロウなしの形態を再現。
(7)クハ381-108の先頭車先頭部カプラーは電連無しのダミーカプラー採用。スノープロウが取り付けられたスカートを再現。
(8)モハ380-502の6号車連結面側の貫通路塞ぎ板は、「ゆったりやくも(ノーマル編成)」とは異なる外観のものを新規に作成。
(9)クハ381の愛称表示は変換式トレインマーク採用。「スーパーくろしお」「くろしお」「はんわライナー」「(白無地)」が選択可能。
(10)中間連結部はフック無しのボディマウント密連形カプラー採用。
(11)アイボリーの車体にエメラルドグリーン、ブルーの帯で構成された外観を美しく表現。
(12)実車同様に曲線区間に入ると車体が曲線内側へ傾斜するKATO独自の振り子機構を搭載。
(13)フライホイール付動力ユニット採用で、安定した走行を実現。
(14)各行先を収録した行先表示シール付属。4号車側面のパンダマークも収録。
(15)基本セットのブックケースに増結セットの車両を収納可能。9両フル編成が1つのブックケースに収納できます。
 
■381系「スーパーくろしお」 セット構成
 ←新宮・白浜  新大阪・京都→
 1号車 クロ380-5 + 2号車 モハ380-33P + 3号車 モハ381-33 + 4号車 モハ380-31P + 5号車 モハ381-31 -M- + 6号車 クハ381-503 + 7号車 モハ380-502P + 8号車 モハ381-36 + 9号車 クハ381-108
 太字下線部:6両基本セット
 下線部:3両増結セット
 京都・新大阪~白浜間は3両増結された姿が見られました。
 
■セット内容
 6両基本セット
  クロ380-5
  モハ380-33
  モハ381-33
  モハ380-31
  モハ381-31 -M-
  クハ381-503
 3両増結セット
  モハ380-502
  モハ381-36
  クハ381-108
 
■パッケージ/サイズ
 6両基本セット
  9両ブックケース
 3両増結セット
  3両紙箱
 
■付属品
 6両基本セット
  行先表示シール
  交換用愛称板
  連結用カプラー+スカート
  変換マーク用ドライバー
 3両増結セット
  行先表示シール
  変換マーク用ドライバー
 
■関連オプションパーツ
 11-211/212 LED室内灯クリア/(6両分入)
 ※クロ380に組み込む際は、付属のオレンジフィルターの装着がおすすめです。普通車との室内灯の明かりの違いを再現できます。
 
■関連製品
 10-871 225系0番台 10-1578/1579 221系 リニューアル車 JR京都線・神戸線
 10-1574/1575 321系 JR京都・神戸・東西線
 
 
 
新製品 N-GAUGE
6月期発売
●10-1601 323系 大阪環状線 基本セット(4両) 13,400円+税
●10-1602 323系 大阪環状線 増結セット(4両) 10,200円+税
JR西日本商品化許諾申請中
 
■商品紹介
●大阪環状線で活躍中の、323系を製品化いたします。
平成28年(2016)に登場した323系は、現在関西を走る他の車両とともに大阪環状線、桜島線(JRゆめ咲線)で活躍しています。外観は大阪環状線の伝統色であるオレンジを基調に、ブラウンをアクセントとした個性的なデザインが特徴です。
 
◆平成30年(2018)5月に弱冷房車の位置が1・2号車から2・7号車へと変更された現行の仕様にアップデートしました。既存製品とは異なる車番でお届けいたしますので、既に323系をお持ちの方にもコレクションとしておすすめの製品です。
 
■製品特長
(1)吹田総合車両所 森ノ宮支所所属のLS09編成 LS06編成 の現在の姿がプロトタイプ。
(2)平成30年(2018)5月以降の弱冷車が2・7号車へと変更された際、弱冷車表記と表記位置が変更された形態を的確に再現。
(3)225系100番台とは異なる前面窓の天地の長さ、側扉手掛け位置の違い、桟のない側面扉、換気ダクトの有無、配線の引き回しの違い、乗務員室扉上の水切りの違いなど、323系の細部を余すところなく的確に再現。
(4)カプラーは、中間部にボディマウント密連形(フック無し)、先頭車前面にはダミーカプラーを装備。
(5)ヘッド/テールライト、前面表示点灯。白色LEDを採用。
(6)DCCフレンドリー
(7)フライホイール付き動力ユニットで、安定した走りを実現。
(8)取付済の前面表示および車体の側面表示は「O普通 大阪環状線」を印刷済。交換用前面表示は「P普通 ユニバーサルシティ・桜島」
(9)前面助士席窓の編成番号印刷済。
 
■323系 大阪環状線 セット構成
 ←大阪・桜島(内回り)  大阪(外回り)→
 1号車 クモハ322-9 + 2号車 モハ323-18 -M-P 弱冷車 + 3号車 モハ322-36 + 4号車 モハ322-35 女性専用車 + 5号車 モハ323-517P + 6号車 モハ322-34 + 7号車 モハ322-33 弱冷車 + 8号車 クモハ323-9P
 太字下線部:基本セット(4両)
 下線部:増結セット(4両)
 
 ←大阪・桜島(内回り)  大阪(外回り)→
 1号車 クモハ322-6 + 2号車 モハ323-12 -M-P 弱冷車 + 3号車 モハ322-24 + 4号車 モハ322-23 女性専用車 + 5号車 モハ323-511P + 6号車 モハ322-22 + 7号車 モハ322-21 弱冷車 + 8号車 クモハ323-6P
 太字下線部:基本セット(4両)
 下線部:増結セット(4両)
 
■セット内容
 基本セット(4両)
  クモハ322-9
  モハ323-18 -M-
  モハ322-36
  クモハ323-9
 増結セット(4両)
  モハ322-35
  モハ323-517
  モハ322-34
  モハ322-33
 
 基本セット(4両)
  クモハ322-6
  モハ323-12 -M-
  モハ322-24
  クモハ323-6
 増結セット(4両)
  モハ322-23
  モハ323-511
  モハ322-22
  モハ322-21

 
■パッケージ/サイズ
 基本セット(4両)
  3・4両紙箱(ベストセレクション)
 増結セット(4両)
  8両ブックケース
 
■付属品
 基本セット(4両)
  交換用前面表示
  優先席表示シール
 増結セット(4両)
  優先席表示シール
  ブックケース用タイトルシール
 
■関連オプションパーツ
 11-211/212 LED室内灯クリア/(6両分入)
 11-213 LED室内灯クリア(電球色) ※実車の4号車は室内灯が黄みかかっているので、室内灯を付ける際は4号車のみこちらがおすすめです。
 
■関連製品
 10-1578/1579 221系 リニューアル車 JR京都線・神戸線
 10-871 225系0番台「新快速」 10-1439/1440 225系100番台<新快速>
 
 
 
新製品 N-GAUGE
6月期発売
●10-1630 E233系7000番台 埼京線 6両基本セット 17,000円+税
●10-1631 E233系7000番台 埼京線 4両増結セット 7,500円+税
JR東日本商品化許諾済
 
■商品紹介
●令和元年(2019)11月より相模鉄道線(相鉄線)への乗り入れを開始し、活躍エリアがさらに広がった埼京線のE233系7000番台を現行の仕様にアップデートし、製品化いたします。
 
E233系7000番台は埼京線の205系の置換えを目的に、平成25年(2013)にデビューしました。もとより本形式導入時からの活躍エリアである川越線・埼京線・りんかい線の川越~大宮~大崎~新木場に加えて、令和元年(2019)11月から相鉄・JR直通線、相鉄本線(大崎~羽沢横浜国大~海老名)での運転も始まり、多種多様な列車との共演を楽しむことができる形式です。
 
◆本製品は従来製品に対して、実車登場時は準備工事であった屋根上ATACS関連機器の設置、ベビーカーマークの貼付け、弱冷房車の号車変更(4→9号車)などの外観の変化を反映した製品となります。
 
■製品特長
(1)プロトタイプは現在の川越車両センター所属のハエ109編成。
(2)カプラーは各車ともフック付きのボディマウント密連形カプラー採用。先頭部はダミーカプラー。
(3)フライホイール付動力ユニット搭載で、安定した走行を実現。DCCフレンドリー対応。
(4)車両によって異なる屋根上のクーラーを再現(1・3~10号車はAU726:三菱製、2号車はAU726B:トランスポーテック製)。
(5)ATACSアンテナが追加された先頭車屋根を的確に再現。前面ガラスのATACS ID「ID-39」を印刷で再現。
(6)1号車・10号車に貼り付けられたベビーカーマークを印刷で再現。9号車の弱冷房車マークも印刷で再現。
(7)前面行先表示は「4734K 各駅停車 埼京線 相鉄線直通」を印刷済。側面行先表示は「各駅停車 埼京線 相鉄線直通」
   交換用前面表示は「通勤快速 川越」、「快速 新木場」が2個ずつ付属。
(8)パッケージは、6両基本セットがブックケース6両タイプ入、4両増結セットが4両タイプ入。
(9)実車の多彩な運用を再現できる行先表示を収録した、ホビーセンターカトーから、28-240 E233系7000番台 埼京線グレードアップシール(ホビーセンターカトー扱い製品)を同時発売予定。
 
■E233系7000番台 埼京線 セット内容
 ←川越・大宮  大崎・新木場・海老名→
 1号車 クハE232-7009 AU726 + 2号車 モハE232-7209 AU726B + 3号車 モハE233-7209 -M-P AU726 + 4号車 モハE232-7009 AU726 + 5号車 モハE233-7009P AU726 + 6号車 サハE233-7009 AU726 + 7号車 サハE233-7209 AU726 + 8号車 モハE232-7409 AU726 + 9号車 モハE233-7409P AU726 弱冷房車 + 10号車 クハE233-7009 AU726
 太字下線部:6両基本セット
 下線部:4両増結セット
 
■セット内容
 6両基本セット
  クハE232-7009
  モハE232-7209
  モハE233-7209 -M-
  モハE232-7009
  モハE233-7009
  クハE233-7009
 4両増結セット
  サハE233-7009
  サハE233-7209
  モハE232-7409
  モハE233-7409
 
■パッケージ/サイズ
 6両基本セット
  6両ブックケース
 4両増結セット
  4両ブックケース
 
■付属品
 6両基本セット
  交換用前面表示
  信号炎管
  列車無線アンテナ
 
■関連オプションパーツ
 11-211/212 LED室内灯クリア/(6両分入)
 28-240 E233系7000番台 埼京線グレードアップシール(ホビーセンターカトー扱い製品)
 
■関連製品
 10-1494 E231系3000番台八高線・川越線 10-1618 E231系500番台 山手線<最終編成> 10-1468~1470 E235系 山手線
 10-1159~1161 E233系1000番台 京浜東北線 10-594~596/522 E231系 東海道線・湘南新宿ライン
 10-857~859 E5系新幹線「はやぶさ」 10-1566~1567 E6系新幹線「こまち」 10-1174~1176 N700A新幹線「のぞみ」
 22-102 サウンドボックス(サウンドカード別売) 22-202-5 サウンドカード<E233系> 複線線路各種
 
 
 
新製品 N-GAUGE
6月期発売
●3023-7 EF64 1030 長岡車両センター 7,200円+税
JR東日本商品化許諾申請中
 
■商品紹介
●現在もJR東日本管内で活躍するJR東日本長岡車両センター所属のEF64 1030号機を製品化いたします。
EF64 1000番台は上越線でそれまで活躍していた旧形電気機関車を置き換える形で昭和55~57年(1980~1982)に登場しました。EF64 1030は現在、E235系山手線の配給輸送やE231系の入場輸送など、首都圏で活躍する車両の輸送などで活躍しています。
かつては24系寝台特急「あけぼの」の牽引機として上野~長岡間で活躍しました。
 
◆電車配給輸送用に双頭連結器や電気式ブレーキ制御用ジャンパ栓を備えた、特徴的な姿を持つEF64 1030をNゲージでお楽しみいただけます。
同時再生産予定の24系寝台特急「あけぼの」の牽引機としてもおすすめです。
 
■製品特長
(1)JR東日本長岡車両センター所属のEF64 1030号機を、平成27年(2015)11月以降の形態をプロトタイプに製品化。
(2)双頭連結器装備に伴い、復心装置、KE100ジャンパ栓、スカート切欠きなど、スカート周りに施行された改造を的確に再現。
(3)出荷時は片側が双頭連結器、もう一方は客車にあわせてアーノルドカプラー装備。交換用にそれぞれのカプラーを各1個付属。双頭連結器はフック無しの密連仕様の双頭連結器を装備。
(4)両側面のJRマークが機械室窓の2エンド側から1個目と2個目の間で、窓下辺にマークの下辺が揃う1030号機の特徴を的確に再現。既存製品の1031号機・1032号機とは表記位置が異なります。
(5)1030号機のナンバープレートおよびメーカーズプレートを印刷済。
(6)フライホイール搭載動力ユニット採用により、パワフルかつスムースな走行性能を発揮。
(7)ヘッドライト点灯。電球色LEDを採用。
(8)クイックヘッドマーク対応。「北陸」「あけぼの」のヘッドマーク付属。
(9)ジャンパ栓2種、屋根上機器、前面手すりパーツ付属。
 
■EF64 1030 長岡車両センター 編成例
 EF64 1030 + 24系寝台特急「あけぼの」
 EF64 1030 + E235系 山手線
          ※EF64と連結の際は、前面スカート取り外しの上、先頭車先頭部のダミーカプラーを別売りのボディマウント密連カプラー(フック無)に交換する必要があります。
 
■セット内容
 単品
  EF64 1030
 
■パッケージ/サイズ
 単品
  クリアケース 401
 
■付属品
 EF64 1030
  列車無線アンテナ
  手スリ
  ジャンパ栓
  ヘッドマーク
  交換用アーノルドカプラー
  交換用双頭連結器
  ジャンパ栓(ホース付)青、灰
 
■関連オプションパーツ
 -
 
■関連製品
 10-822/823 24系寝台特急「あけぼの」
 10-1468~1470 E235系 山手線 10-1159~1161 E233系1000番台京浜東北線 10-1290~1293 E531系常磐線上野東京ライン
 ※EF64にE233系、E235系などを連結する場合、先頭車先頭部のカプラーを交換の上、スカートを外すまたは開口部を広げるなどの加工が必要になります。
 
 
 
再生産品 N-GAUGE
6月期発売
●10-822 24系寝台特急「あけぼの」 6両基本セット 12,000円+税
●10-823 24系寝台特急「あけぼの」 3両増結セット 5,000円+税
JR東日本商品化許諾済
 
■商品紹介
●ブルートレイン最末期まで活躍を続けた寝台特急「あけぼの」を再生産いたします。
上野駅から、高崎・上越線を経て羽越・奥羽本線へとJR東日本管内を走破し、青森とを結んでいました。当初は昭和45年(1970)に奥羽本線経由で20系寝台特急として運行開始しましたが、山形新幹線工事で陸羽東線経由に、さらに秋田新幹線開業で廃止となったものの、上越線経由の「鳥海」を「あけぼの」に改称して末期まで活躍しました。
両端の1・8号車は<ゴロンとシート>として指定席料金で利用でき、繁忙期には9・10号車が増結されるなど、貴重なブルートレインの旅が楽しめる人気の列車でした。
 
◆同時発売予定のEF64 1030 長岡車両センターが牽引機としておすすめです。最後まで活躍したブルートレインをお楽しみいただけます。
 
◆今回の製品は再生産になります。
仕様については、従来製品からの変更はありません。
 
■製品特長
(1)青20号の車体色、2本の白帯、3本の金帯を美しく表現。
(2)オハネフ24 0番台は前面縦トイ追加、側面洗面所窓閉塞、側面非常扉閉塞、車掌室窓小形化、列車無線アンテナ設置などの改造を的確に再現。
(3)奥まった客室扉や屋根上のクーラーなどのディテールを細密に再現。
(4)車体と同一面に組み込まれた薄青の窓ガラスを再現。
(5)クーラーや水タンク、エアタンク、配管類などの床下機器を細密に再現。
(6)テールライト、テールマーク点灯(基本セットのオハネフ24 25とカニ24 23のみ)。
(7)中間に入る車両はKATOカプラー伸縮密自連形を標準装備。オハネフ24 25とカニ24 23の機関車側はアーノルドカプラー標準装備(交換用ナックルカプラー付属)。
(8)中間に入るオハネフ25 129とオハネフ24 19はホロ取付済、KATOカプラー伸縮密自連形を標準装備(中間連結面)。
(9)EF64、EF64 1000用「あけぼの」ヘッドマーク付属。
 
●24系寝台特急「あけぼの」 セット構成
 ←上野  青森→
 牽引機 + 1号車 オハネフ24 25 + 2号車 オハネ25 211 + 3号車 オハネ25 218 + 4号車 オハネフ25 129 + 5号車 オハネ24 554 + 6号車 オハネ24 552 + 7号車 スロネ24 551 + 8号車 オハネフ24 19 + 電源車 カニ24 23
 太字下線部:6両基本セット
 下線部:3両増結セット
 
●24系寝台特急「あけぼの」 編成例
繁忙期には9・10号車が増結されることがありました。※再現される場合は、増結セットを2セットお買い求めください。
 牽引機 + 1号車 オハネフ24 0 + 2号車 オハネ25 100 + 3号車 オハネ25 100 + 4号車 オハネフ25 100 + 5号車 オハネ24 550 + 6号車 オハネ24 550 + 7号車 スロネ24 550 + 8号車 オハネフ24 0 + 9号車 オハネ25 100 + 10号車 オハネ25 100 + 電源車 カニ24 0
 ※上野-長岡間がEF64 1000、長岡-青森間がEF81の牽引です。場合により上野-長岡間をEF81が牽引することもあります。
 
■セット内容
 6両基本セット
  オハネフ24 25
  オハネ25 211
  オハネ24 554
  スロネ24 551
  オハネフ24 19
  カニ24 23
 3両増結セット
  オハネ25 218
  オハネフ25 129
  オハネ24 552
 
■パッケージ/サイズ
 6両基本セット
  6両ブックケース
 3両増結セット
  3両ブックケース
 
■付属品
 6両基本セット
  ジャンパ栓
  ヘッドマーク
  ドライバー
  交換用ナックルカプラー
 3両増結セット
  -
 
■関連オプションパーツ
 11-211/212 LED室内灯クリア/(6両分入)
 11-213/214 LED室内灯クリア(電球色)/(6両分入)
 
■関連製品
 3023-7 EF64 1030 長岡車両センター 10-522、594~596 E231系東海道線湘南新宿ライン
 
 
 
新製品・再生産品 N-GAUGE
5月期発売
再生産品
●10-428 特急「つばめ」青大将 7両基本セット 12,000円+税
新製品
●10-573 特急「つばめ」青大将 8両増結セット 12,800円+税
 
■商品紹介
●昭和24年(1949)に復活した東京~大阪間の特急「へいわ」は、翌年「つばめ」に改称。姉妹列車として「はと」も登場しました。当時の特急の象徴でもあった展望車や食堂車のほか、特別2等車(現グリーン車)を5両も連結した豪華編成で、東京~大阪間を7時間30分で結びました。
昭和31年(1956)には東海道本線全線電化が完成し、電気機関車牽引による通し運転が可能になり、その際に車体の塗色を当時としては斬新な淡緑色に改められ、長く伸びた列車と塗色のイメージから「青大将」のニックネームで親しまれました。
 
◆増結車両を初のセット製品化。もちろんセット内の車両はすべて異なる車番で用意いたしますので、基本セット+増結セットでフル編成が揃います。以前基本セットをお持ちの方にも増結セットがおすすめです。
同時発売予定の3039 EF58 初期形大窓 青大将が牽引機として最適です。
 
◆7両基本セットは再生産になります。スハニ35の機関車連結側のカプラーがアーノルドカプラー(交換用ナックルカプラー付属)に変更になります。そのほかの仕様は従来製品からの変更はありません。
 
■製品特長
(1)特急「つばめ」青大将編成に10系客車が増備された頃(昭和33年・1958頃)の姿を忠実に再現。
(2)初の増結セットを設定。セット内の車両はすべて異なる車番で製品化。
(3)基本セットのスハニ35の機関車連結側のカプラーはアーノルドカプラー標準装備(交換用ナックルカプラー付属)。そのほかの車両はすべてKATOカプラーN JP(PAT.)を採用。
(4)独特の色調をもつ淡緑色の車体色を的確に再現
(5)展望車(マイテ39-21)の変化に富んだ外装を的確に再現。
(6)テールライト/テールマーク点灯式。付属テールマークは「つばめ」「はと」
(7)リベットの多い側面、繊細な手すりと重厚なアンチクライマーが表現されたデッキ部、複雑なモニター屋根(ダブルルーフ)等の外観をリアルに再現。
(8)大きな窓から見える1等車の内装を的確に再現。
(9)重厚かつ繊細な3軸のTR73台車やクーラーなどの機器で満載の床下を的確に再現。
(10)ナロ10はワイドな車幅と窓など、登場時の軽量客車が持つ斬新なイメージを的確に再現。
(11)オシ17は、登場時の形態を再現。
(12)スハニ35はテールライトレンズを別パーツ(ダミー)で表現。また車掌室側の妻板には所属表記を印刷で表現。
 
■特急つばめ「青大将」 セット構成
 所定の12両編成です。
  牽引機 + 1号車 スハニ35 3 + 2号車 スハ44 16 + 3号車 スハ44 10 + 4号車 スハ44 5 + 5号車 スハ44 32 + 6号車 ナロ10 7 + 7号車 ナロ10 3 + 8号車 オシ17 1 + 9号車 ナロ10 1 + 10号車 ナロ10 8 + 11号車 ナロ10 21 + 12号車 マイテ39 21
  太字下線部:7両基本セット
  下線部:8両増結セット
 増結時最大15両編成での運転が見られました。
  牽引機 + 1号車 スハニ35 3 + 2号車 スハ44 16 + 3号車 スハ44 10 + 4号車 スハ44 5 + 5号車 スハ44 32 + 増5号車 スハ44 9 + 6号車 ナロ10 7 + 7号車 ナロ10 3 + 8号車 オシ17 1 + 9号車 ナロ10 1 + 10号車 ナロ10 8 + 増10号車 ナロ10 12 + 11号車 ナロ10 21 + 増11号車 ナロ10 15 + 12号車 マイテ39 21
  太字下線部:7両基本セット
  下線部:8両増結セット
 
■セット内容
 7両基本セット
  スハニ35 3
  スハ44 16
  スハ44 32
  オシ17 1
  ナロ10 1
  ナロ10 8
  マイテ39 21
 8両増結セット
  スハ44 10
  スハ44 5
  スハ44 9
  ナロ10 7
  ナロ10 3
  ナロ10 12
  ナロ10 21
  ナロ10 15
 
■パッケージ/サイズ
 7両基本セット
  7両ブックケース
 8両増結セット
  8両ブックケース
 
■付属品
 7両基本セット
  テールマーク
  アンテナ
  行先表示シール
  交換用ナックルカプラー
 8両増結セット
  行先表示シール
 
■関連オプションパーツ
 11-211/212 LED室内灯クリア/(6両分入)
 
■関連製品
 3039 EF58 初期形大窓 青大将 6113~6117 キハ58系 2016-9 D51 標準形
 20-852 M1 エンドレス基本セット マスター1 20-860 島式ホーム用待避線電動ポイントセット
 
 
 
再生産品 N-GAUGE
5月期発売
●3039 EF58 初期形大窓 青大将 6,200円+税
 
■商品紹介
●青大将塗色は正式には淡緑色と呼ばれ、昭和31年(1956)の東海道本線全線電化の際、特急「つばめ」「はと」の専用牽引機に施された塗色です。他にも試験塗色が数色ありましたが、この淡緑色が採用され、長く伸びた列車と塗色のイメージから「青大将」のニックネームで親しまれました。
専用牽引機として、当時最新鋭のEF58形から選りすぐりの25両にこの青大将塗色が施されました。これらのEF58形は、製造過程や先に活躍していた走行線区で受けた改造などで、様々な形態を有していました。
 
◆同時生産予定の10-428/573 特急「つばめ」青大将 の牽引機としておすすめです。
 
◆今回の製品は再生産になります。
従来製品からの変更点として、ライトユニットを電球色化、カプラー仕様の変更(アーノルドカプラー装備)があります。そのほかの仕様につきましては、従来製品からの変更はありません。
 
■製品特長
(1)昭和32年(1957)頃の姿を的確に再現。列車無線アンテナ装着時代をプロトタイプに製品化。
(2)微妙な色調をもつ淡緑色の車体色を考証し、的確に再現。
(3)パンタグラフ台座、屋根上機器を淡緑色で表現。
(4)列車無線アンテナ(青大将専用)を再現。
(5)前面窓は、オリジナルの大窓の形態を再現。
(6)アーノルドカプラー標準装備。交換用部品としてナックルカプラー付属。
(7)フライホイール搭載動力ユニット採用により、パワフルかつスムースな走行性能を発揮。
(8)運転台を表現(操作盤・イス・室内シースルー化)。
(9)ヘッドライト点灯。電球色LEDを採用。
(10)車体表記を印刷でリアルに再現。
(11)クイックヘッドマーク対応。「つばめ」「はと」のヘッドマーク付属。
 
■EF58 初期形大窓 青大将 編成例
 EF58 青大将 + 特急「つばめ」 青大将
 
■セット内容
 単品
  EF58 青大将
 
■パッケージ/サイズ
 単品
  クリアケース 401
 
■付属品
 単品
  クイックヘッドマーク
  避雷器
  列車無線アンテナ
  にぎり棒
  選択式ナンバープレート
  交換用ナックルカプラー
 
■関連オプションパーツ
 -
 
■関連製品
 10-428/573 特急「つばめ」青大将 6113~6117 キハ58系 2016-9 D51 標準形
 20-852 M1 エンドレス基本セット マスター1 20-860 島式ホーム用待避線電動ポイントセット
 
 
 
再生産品 N-GAUGE
6月期発売
●10-1290 E531系 常磐線・上野東京ライン 基本セット(4両) 11,000円+税
●10-1291 E531系 常磐線・上野東京ライン 増結セットA(4両) 8,100円+税
●10-1292 E531系 常磐線・上野東京ライン 増結セットB(2両) 3,000円+税
●10-1293 E531系 常磐線・上野東京ライン 付属編成セット(5両) 14,200円+税
JR東日本商品化許諾済
 
■商品紹介
平成17年(2005)より常磐線で活躍するE531系。常磐線の取手以遠の交流区間に対応した交直流の近郊形電車です。老朽化した403・415系の置き換え用に「人に優しい車両システム」をコンセプトとして、常磐線輸送のさらなるサービス向上を目指して登場しました。JR東日本初の130km/hでの営業運転を行い、また平成19年(2007)からは全編成に2階建てグリーン車2両の導入によるグリーン車サービスも始めました。
上部に集約した前面表示やヘッド・テールライト類、後退した窓下部などの新しいデザインは、多くの基本設計を受け継いだE233系にも採用されています。
上野東京ライン開業に合わせ、常磐線から上野東京ラインに乗り入れて品川まで運行される列車が登場し、E531系の活躍する範囲が広がりました。
 
◆今回の製品は再生産になります。
今回製品より、10号車・11号車・15号車の先頭部の前面カプラーがフック無カプラー+電連パーツにアップデートされます。
そのほかの仕様につきましては、従来製品からの変更はありません。
 
■製品特長
(1)勝田車両センター所属の、K409・K459編成を、ベストセレクションスタイルで製品化。手軽な4両編成から、本格的な15両フル編成まで様々な編成に対応。
(2)平成21年(2009)以降に換装された強化形スカートを装備。
(3)郡山車両センターへの検査入場車両の特徴である従来よりも明るくなったライトグレーで塗装された床下機器を的確に再現。
(4)行先表示シールは、上野東京ライン乗り入れに対応した内容を収録。
(5)10号車・11号車・15号車の先頭部の前面カプラーは、フック無を採用。電連パーツが付属。
(6)1号車前面カプラーはダミーカプラーを採用。
(7)中間連結部は、ボディーマウント式KATO伸縮密連カプラーを標準装備。実感的な連結面間とスムーズな走行を実現。
(8)パッケージは、基本セット(4両)が増結セットA(4両)のブックケースに収納でき、増結セットB(2両)も付属編成セット(5両)のブックケースに収納可。
 
■E531系常磐線・上野東京ライン セット構成
 ←品川・上野  土浦・勝田→
 1号車 クハE530-9 + 2号車 モハE530-9 + 3号車 モハE531-1009 -M-P + 4号車 サロE530-10 + 5号車 サロE531-10 + 6号車 サハE530-2013 + 7号車 モハE530-2009 + 8号車 モハE531-2009P + 9号車 サハE531-17 + 10号車 クハE531-9 + 11号車 クハE530-2009 + 12号車 モハE530-1009 + 13号車 モハE531-9 -M-P + 14号車 サハE531-19 + 15号車 クハE531-1010
 太字下線部:基本セット
 下線部:増結セットA
 斜体字:増結セットB
 太字:付属編成セット
 
■セット内容
 基本セット
  クハE530-9
  モハE531-1009 -M-
  サロE530-10
  クハE531-9
 増結セットA
  モハE530-9
  サロE531-10
  モハE530-2009
  モハE531-2009
 増結セットB
  サハE530-2013
  サハE531-17
 付属編成セット
  クハE530-2009
  モハE530-1009
  モハE531-9 -M-
  サハE531-19
  クハE531-1010
 
■パッケージ/サイズ
 基本セット
  3・4両紙箱(ベストセレクション)
 増結A/付属編成セット
  8両ブックケース
 増結セットB
  2両紙箱
 
■付属品
 基本セット
  信号炎管
  列車無線アンテナ
  前面表示シール
  行先表示シール
  消灯スイッチ用ドライバー
  電連パーツ
 増結セットA
  セット名表示シール
 増結セットB
  -
 付属編成セット
  信号炎管
  列車無線アンテナ
  前面表示シール
  行先表示シール
  消灯スイッチ用ドライバー
  電連パーツ
 
■関連オプションパーツ
 11-211/212 LED室内灯クリア/(6両分入)
 11-213/214 LED室内灯クリア(電球色)/(6両分入)
 
■関連製品
 10-1397/1398 E657系「ひたち・ときわ」 10-1535/1536/1537 415系(常磐線・新色)
 
 
 
再生産品 N-GAUGE
6月期発売
●10-1182 クモニ83100(T)+クモニ13(M) 飯田線荷物電車 2両セット 9,800円+税
 
■商品紹介
●飯田線シリーズの中でも人気の高いクモニ83 100+クモニ13の荷物電車セットを再生産いたします。
名脇役として飯田線を走る列車のアクセントとなったクモニ83 100番台は、80系湘南電車の元郵便荷物電車クモユニ81の改造で、「湘南顔」と呼ばれる前面が大きな特徴です。またクモニ13は、大正末期の木造車を鋼体化改造して生まれた17m級のコンパクトな荷物電車です。各車様々な改造を施された個性豊かな車両たちがそれぞれに連結されて行き交う様が、飯田線を再現する一番の楽しみです。
 
◆好評発売中の飯田線シリーズと一緒にお楽しみいただける荷物電車のセットです。組み合わせて飯田線の世界をNゲージでお楽しみいただけます。
 
◆今回の製品は再生産になります。
仕様については、従来製品からの変更はありません。
 
■製品特長
(1)各車の特徴的な外観を再現。
   クモニ83 100番台:80系湘南電車の流れを引く前面2枚窓のスタイルを再現。
   クモニ13:荷物電車らしい無骨で短い車体を再現。
(2)スカ色と呼ばれるクリームとブルーの塗装でお馴染みの飯田線スタイルを塗り分けも鮮やかに再現。
(3)パンタグラフはいずれも黒色で再現(クモニ83:PS13、クモニ13:PS11)。
(4)連結器は、先頭・中間部ともボディーマウント式KATOカプラー伸縮密連形(旧国タイプ)を標準装備。
(5)クモニ13の動力は定評ある両台車駆動方式のフライホイール付き動力ユニット(トラクションタイヤ無)を搭載し、安定走行を実現。
(6)ヘッド/テールライト標準装備(消灯スイッチ付)。クモニ83 100番台は、前面上部の運行番号表示も点灯。
 
■クモニ83100(T)+クモニ13(M) 飯田線荷物電車 セット構成
 ←辰野・上諏訪  豊橋→
 クモニ13 25 -M-P + クモニ83 103P
 
■クモニ83100(T)+クモニ13(M) 飯田線荷物電車 編成例
 2両編成での単独運行のほかに、2編成併結の4両編成での運行も見られました。
 クモハ53 000 -M-P + クハ47 153 + クモニ13 25 -M-P + クモニ83 103P
 クハ68 414 + クモハ54 133 -M-P + クモニ13 25 -M-P + クモニ83 103P
 
■セット内容
 2両セット
  クモニ13 25 -M-
  クモニ83 103
 
■パッケージ/サイズ
 2両セット
  2両紙箱
 
■付属品
 2両セット
  ジャンパ栓
 
■関連オプションパーツ
 11-213/214 LED室内灯クリア(電球色)/(6両分入)
 
■関連製品
 10-1315 クモハユニ64+クハ68400 飯田線 10-1316 クモハ51200+クハ47100 飯田線
 10-1335 165系飯田線急行「伊那」 10-1350 クモハ54 0+クモハ50+クハユニ56 飯田線 10-1486 119系 飯田線
 
 
 
再生産品 N-GAUGE
6月期発売
●10-1158 伯備線石灰輸送貨物列車 12両セット【特別企画品】 14,800円+税
商品化協力 足立石灰工業株式会社
 
■商品紹介
●「SLブーム」で話題になった、石灰輸送列車を再現できる伯備線石灰輸送貨物列車セットを再生産いたします。
昭和40年代後半、国鉄の近代化計画推進に伴い、各地で消えゆくSLに世間の注目が集まった「SLブーム」、北海道の「ニセコ」に比して大きく話題になったのが、石灰輸送列車2492列車です。生石灰を密閉して運ぶホキ7000、石灰石を運ぶセキ6000の2種類の貨車を連ねた重量石灰輸送貨物列車を牽引するために、D51が3両連なって猛然と煙を噴き上げる姿を見ることができました。
 
◆好評発売中のD51 標準形を組み合わせて2492列車を再現するのに最適な貨物列車セットです。D51 標準形に取付可能な集煙装置、ナンバープレートが付属します。往年の名列車をNゲージでお楽しみいただけます。
 
■製品特長
(1)伯備線布原のD51三重連を再現可能な石灰輸送列車セット。
(2)生石灰輸送のホキ7000は、足立石灰工業所有車を再現。
(3)石灰石輸送のセキ6000は専用の車体表記類を再現。積荷(石灰石)を用意、所属管理局の「岡」表記を再現。
(4)車掌車ワフ29500は単品製品とは異なる車番で再現。
(5)伯備線新見機関区所属のD51を特徴付ける後藤式集煙装置を3個付属。
(6)新見機関区所属のD51ナンバープレート(179・409・774・889)が付属。
(7)各車ともアーノルドカプラー標準装備。
(8)車両ケースは6両ブックケースタイプ。専用中敷で貨車・車掌車12両をすべて収納。
 
■伯備線石灰輸送貨物列車 セット構成
 D51 新見機関区 + D51 新見機関区 + D51 新見機関区 + セキ6002 + セキ6012 + セキ6025 + セキ6044 + セキ6053 + セキ6060(石灰石輸送 無蓋ホッパー車) + ホキ7001 + ホキ7002 + ホキ7004 + ホキ7009 + ホキ7012(生石灰輸送 有蓋ホッパー車) + ワフ29725 車掌車
 ※機関車は別売です。
 ※伯備線の足立駅から新見駅まで12.6kmをD51が三重連で牽引しました。新見駅から岡山操車場まではD51の単機牽引です。
 
■セット内容
 12両セット
  セキ6002
  セキ6012
  セキ6025
  セキ6044
  セキ6053
  セキ6060
  ホキ7001
  ホキ7002
  ホキ7004
  ホキ7009
  ホキ7012
  ワフ29725
 
■パッケージ/サイズ
 12両セット
  12両ブックケース
 
■付属品
 12両セット
  集煙装置
  D51用ナンバープレート
 
■関連オプションパーツ
 -
 
■関連製品
 2016-9 D51 標準形 6113~6117 キハ58系 各種 20-824 カーブ鉄橋セットR481-60°(非電化・朱)
 23-068 円錐台形橋脚かさ上げキット
 
 
 
再生産品 HO-GAUGE
6月期発売
●1-607-1 キハ82 7,800円+税
●1-608 キロ80 6,200円+税
●1-609 キハ80(T) 6,200円+税
●1-610 キシ80 6,200円+税
●1-611 キハ80(M) 12,000円+税
JR東海承認済
 
■商品紹介
●国鉄時代に全国で幅広く活躍した特急形気動車、キハ82系を再生産いたします。
キハ82系は、非電化主要幹線気動車の特急化・増発を目的に、東北特急「はつかり」で実績を得たキハ81系をベースに誕生しました。また、同時に駆動エンジンを搭載した食堂車キシ80も登場しました。昭和36年(1961)10月、日本海縦貫線の特急「白鳥」でデビューを飾り、北海道の「おおぞら」、京都~長崎の「かもめ」、山陰特急の「まつかぜ」など、大都市と地方都市を結ぶ幹線・亜幹線の花形特急列車として長期にわたり活躍を続け、国鉄気動車特急の完成形として今日においても評価されています。
 
◆今回の製品は、再生産品になります。
仕様については従来製品からの変更はありません。
 
■製品特長
(1)気動車特急全盛期の昭和40年代中盤頃の形態を忠実に模型化。
(2)キハ82はヘッド/テールライトを標準装備(消灯スイッチ付)。前照灯には電球色、ヘッドマーク照明には白色LEDを採用。ヘッドマーク・ライト類をリアルに再現。
(3)キハ80動力車は、HOゲージのキハ58で定評のある動力ユニットを採用。スムーズかつパワフルな走行が可能。
   ※従来製品(2010年生産以前の製品)とはモーター特性が異なるため、今回の製品と従来製品を混結すると、走行性に不具合が生じる場合もございます。
(4)キハ82系の前面形状をはじめとする美しいプロポーションをリアルに再現。
(5)赤2号とクリーム4号に塗り分けられた82系気動車の塗色を美しく再現。
(6)キロ80のエンジ色のシートとグリーン車の表記を美しく再現。
(7)DCC NMRA8ピンプラグ対応(モーター制御のみ)
(8)実車の連結器の形態を再現し、連結機能とスムースな曲線通過シーンを可能としたKATOカプラー密着自連形(PAT.)を標準装備。
(9)車体ナンバー、車体表記は細密なレタリングシートでお好みの番号・表記に選択可能。
(10)行先表示シール付属。
(11)キハ82単品は交換式トレインマーク付属(おおぞら、白鳥、かもめ、まつかぜ)。
 
■キハ82系 編成例
 ・白鳥(昭和45年3月~昭和47年3月)
  キハ82 + キハ80 + キハ80 + キハ80 + キハ82 + キハ80 + キハ82 + キハ80 + キハ80 + キシ80 + キロ80 + キロ80 + キハ82
  ※新潟~青森間逆編成
 ・かもめ(昭和43年10月~昭和47年3月)
  キハ82 + キロ80 + キハ80 + キハ80 + キハ80 + キハ82(京都~佐世保(筑豊線経由)) + キハ82 + キロ80 + キシ80 + キハ80 + キハ80 + キハ80 + キハ82(京都~長崎)
 ・まつかぜ(昭和43年10月~昭和47年3月)
  キハ82 + キロ80 + キシ80 + キハ80 + キハ80 + キハ82 + キハ80 + キハ80 + キハ82 + キハ80 + キハ80 + キハ82
 ・おおぞら(昭和45年3月~昭和55年9月)
  キハ82 + キハ80 + キハ80 + キハ82 + キロ80 + キシ80 + キハ80 + キハ80 + キハ80 + キハ82 + キロ80 + キハ80 + キハ82
  ※札幌~釧路間逆編成
 
■セット内容
 単品
  キハ82
  キロ80
  キハ80
  キシ80
  キハ80 -M-
 
■パッケージ/サイズ
 単品
  HO 1両 紙箱
 
■付属品
 各製品共通
  ダンパー
  床下機器
  行先表示シール
  屋根機器
  ジャンパ栓
  レタリングシート
  転写マーク
 キハ82のみに付属
  エアホース
  前面ホロ
  ワイパー
  手スリ
  交換用トレインマーク
  
■関連オプションパーツ
 7-504 LED室内灯クリア
 7-102 トレインマーク キハ82系用
 
■関連製品
 1-612 キハ81 1-701 DD51 耐寒形 1-601~605 キハ58系 各種 1-320 EF81 一般色
 6-501、502、508、509、510 座っている人1~5 6-529 運転士・車掌(冬服・ダークブルー)
 
 
 
新製品 N-GAUGE HO-GAUGE
5月期発売
●22-241-6 サウンドカード<JR東海N700A新幹線> 3,200円+税
企画協力:ジェイアール東海エージェンシー JR東海承認申請中 JASRAC T-19B0022
 
■商品紹介
●東海道・山陽新幹線の主力として活躍を続けているN700A新幹線のサウンドカードが登場です。
N700A新幹線は更なる安定走行の追求とともに、運転士の運転業務をサポートする新機構の搭載で、前進・進歩を意味する「Advanced」の「A」をN700に加えN700Aの愛称で呼ばれています。
 
◆初となる新幹線のサウンドをお楽しみいただけるサウンドカードです。JR東海所属のN700A新幹線の車内チャイムを収録しており、リアルな運転体験を演出します。
 
◆本製品は「コントローラー優先モード」書き込み機能を搭載した「サウンド同調」タイプのサウンドカードです。
車両走行を走行音に同調したリアルな加速・減速感で楽しめるほか、パワーパックの操作に同調した運転容易なサウンド走行も実現。これからサウンドボックスを用いた運転を始める方でも、お手軽にお楽しみいただけます。
 
■製品特長
(1)初の新幹線サウンドカード、N700A新幹線をラインナップ。
(2)走行状況により、走行音、転動音、空調、ブレーキスキール音などをはじめとした各機器の動作音をお楽しみいただけます。
(3)発車ベルと合図ブザーの音や、トンネル通過時や分岐器通過時の音などで新幹線ならではのシーンを演出します。
(4)JR東海所属のN700A新幹線で流れる車内チャイム「AMBITIOUS JAPAN!」を収録。
(5)警笛はお好みにより、2種類の音色を選択可能。警笛のうち1つは列車通過音。通過待ちシーンの再現が可能です(スマートコントローラーでの操作を推奨します)。
(6)サウンド同調タイプのカードは、走行音に追従した加速/減速で、実車を運転するような感覚で楽しめます。
(7)コントローラー優先モードでは、コントローラー同調タイプのサウンドカード同様にパワーパックの操作に合わせて車両が走行します。
   これからサウンドカードをはじめる方にもお手軽にお楽しみいただけます。
(8)パッケージ内に、サウンドボックス対応の「ファンクションラベル」を同封。
 
■収録内容
 ◆自動で発声する環境音
  走行音、転動音、空調(停止~起動)、ブレーキスキール
 ◆カードを挿入し、イジェクトボタンを押した際に発声する音
  パンタ上げ、空調起動
 ◆ファンクションボタンで再現する作業音・動作音
  表記:警笛 内容:警笛1 ボタンを押している間、音が鳴り続けます。
           警笛2(警笛・通過音) ボタンを押すと列車通過音が1度鳴ります。
  表記:ドア 内容:停車中 ボタンを押すごとにドアの「開扉音」/「閉扉音」が交互に鳴ります。
               開扉時は乗降チャイムが鳴り続けます。
  表記:制動/トンネル 内容:停車中 ブレーキ緩解音が一度鳴ります。
                走行中 トンネル通過音が鳴り、もう一度押すか停車すると鳴り終わります。
  表記:発車ベル/分岐器 内容:停車中 駅発車ベル~戸閉合図のブザーまでの一連の音が鳴ります。
                 走行中 分岐器通過音が鳴ります。
  表記:惰行 内容:走行中 走行音が惰行に切り替わり、車両の走行速度を保ちます。
               もう一度押すか、速度を変えると走行音が力行(または制動)に戻ります。
           停車中 停車位置修正・・・ボタンを押しながら車両を走行させると、走行がコントローラーに同調します。
  表記:車内チャイム 内容:走行中/停車中共に ボタンを押すごとに、始発駅の車内チャイムと途中駅の車内チャイム音が交互に鳴ります。
  ◆緊急停車機能を搭載。走行中にイジェクトボタンを押すと、即時に停車します。
  ◆コントローラー優先モードを搭載。F3とF5を同時に長押しすることでモードが切り替わります。
  【車内チャイムについて】車内チャイムは、素早く2回押すことで始発駅の車内チャイムをスキップできます。
              始発駅車内チャイム→途中駅車内チャイム→(素早く2回押す)途中駅車内チャイム→・・・という演出が可能です。
 
■セット内容
 単品
  サウンドカード本体
 
■パッケージ/サイズ
 単品
  ブリスター
 
■付属品
 -
 
■関連オプションパーツ
 -
 
■関連製品
 22-102 サウンドボックス(サウンドカード別売) 10-019/10-1174~1176 N700A新幹線
 10-201 アクセサリーケース(サウンドカード対応) 22-019 スマートコントローラー(ACアダプター別売)
 
 
 
新製品 N-GAUGE
2月期発売
●23-600A 日野ポンチョ イエロー・あおぞら(2台入) 2,400円+税
●23-600B 日野ポンチョ ピンク・ベージュ(2台入) 2,400円+税
日野自動車株式会社商品化許諾済
 
■商品紹介
●日野ポンチョに新たなラインナップが登場です。
日野ポンチョは、PON(ポン)と乗ってCHO(チョ)こっと行く愛らしいスタイリングに、ユニバーサルデザインや優れた環境性能をあわせ持つ小形ノンステップバスです。都市部や団地・集落・公共施設をめぐるコミュニティバスなどに全国で活躍しています。
 
◆ジオタウンを彩る現代的で親しみやすいデザインの日野ポンチョを新しい装いでラインナップいたします。レイアウトやジオラマの引き立て役としておすすめの製品です。
 
■製品特長
(1)プロトタイプは2006年に登場した「2代目ポンチョ」の「ロングボデー2ドアタイプ(乗車定員36名)」。
(2)各車両とも塗装印刷済完成品。コミュニティバスなどの路線用や、送迎用など実物にありそうな、製品オリジナルのポップで明快なデザインを採用。
(3)前面行先表示印刷済。
(4)サイドミラー(左右)付属。
 
●23-600A 日野ポンチョ イエロー・あおぞら(2台入)
 イエロー…(タウンバス)
 ツートン(水色/黄緑色)…(あおぞら号)
●23-600B 日野ポンチョ ピンク・ベージュ(2台入)
 ピンク…(タウンバス)
 ツートン(ベージュ/アイボリー)…(ふれあい号)
 
■セット内容
 イエロー・あおぞら
  タウンバス
  あおぞら号
 ピンク・ベージュ
  タウンバス
  ふれあい号
 
■パッケージ/サイズ
 各製品とも
  ブリスター
 
■付属品
 イエロー・あおぞら(2台入)
  サイドミラー
 ピンク・ベージュ(2台入)
  サイドミラー
 
■関連オプションパーツ
 -
 
■関連製品
 23-411 駅前道路セット 23-419/420 道路アクセサリーセット 23-216 バス停
 40-800 V50 ユニトラム 路面軌道基本セット
 
 
 
【情報源:下記情報提供販売店様FAX】
(FAX情報提供:「railways湘南ライン/railwaysしんゆり湘南ライン」様、「ごわす屋」様)

スポンサー様

  • Kaitori_east2

    ホビーランドぽち 様

     

    Chiyoda0011111

    チヨダレールセンター 様

     

    1114_2_2

    BOOK OFF 様

     

    Tamtam_20150826

    HOBBY SHOP Tam Tam 様

     

    200402ngide1011562

    KATO京都駅店 様

     

    Bana20170502

    ホビーセンターカトーオンラインショップ 様

     

情報提供販売店様

  • Gowasuya_2

    ごわす屋 様

    Image300150_6

    railways湘南ライン様
    railwaysしんゆり湘南ライン様


スポンサー様2

  • Kaitori_east2

    ホビーランドぽち 様

    Chiyoda0011111

    チヨダレールセンター 様

    1114_2_2

    BOOK OFF 様


    Tamtam_20150826

    HOBBY SHOP Tam Tam 様

    200402ngide1011562

    KATO京都駅店 様

    Bana20170502

    ホビーセンターカトーオンラインショップ 様