« TOMYTEC 次週納品予定のご案内(抜粋) | メイン | GREENMAX 納品日のご案内(抜粋) »

TOMIX 新製品情報更新(抜粋)

公式サイト新製品情報に下記製品情報が掲載されています。
 
●98063 肥薩おれんじ鉄道 HSOR-100A形(くまモンラッピング2・3号)セット 12,600円+税
●98072 JR キハ58系ディーゼルカー(快速シーサイドライナー・紺色)セット 10,800円+税
●97917 限定品 JR キハ58系ディーゼルカー(快速シーサイドライナー・キハ58 727)セット 10,800円+税
●97918 限定品 JR キハ58系ディーゼルカー(快速シーサイドライナー・紺色・キハ28 5200)セット 15,200円+税
●98675 JR キハ183系特急ディーゼルカー(おおぞら・HET色)セット 18,400円+税
●98676 JR 24系25形特急寝台客車(北斗星1・2号)基本セット 15,900円+税
●98677 JR 24系25形特急寝台客車(北斗星1・2号)増結セット 12,300円+税
●7123 JR EF81形電気機関車(81号機・復活お召塗装) 7,500円+税
●7126 JR EF81形電気機関車(北斗星色・Hゴムグレー) 7,500円+税
●8735 JR貨車 コキ106形(後期型・新塗装・コンテナなし) 1,000円+税
●3169 私有 ISO20ftタンクコンテナ(日陸・2個入) 2,400円+税
●3170 私有 U47A-38000形コンテナ(日本通運・青色塗装・2個入) 1,200円+税
 
以下詳細です。

 
●98063 肥薩おれんじ鉄道 HSOR-100A形(くまモンラッピング2・3号)セット 12,600円+税
肥薩おれんじ鉄道は八代-川内間を運行する第三セクター方式の鉄道会社です。
車両は19両が所属しイベント兼用車両やラッピング車両など様々なカラーリングで活躍しています。
HSOR-107Aは2015年1月からくまモンラッピング2号となり、HSOR-102Aは2018年3月からくまモンラッピング3号となり活躍をしてます。
編成例
 (2018年3月〜)
  HSOR-107A(M) + HSOR-102A(T)
  下線部:Set
特徴
・HSOR-107Aのくまモンラッピング2号となった姿を再現
・HSOR-102Aのくまモンラッピング3号となった姿を再現
・車番は印刷済み
・シート配置は実車とは異なります
・行先表示器は非点灯
・行先表示は選択式でシール付属
・ヘッド・テールライトは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・T車のヘッド・テールライトは片側のみ点灯
・フライホイール付動力搭載
・新集電システム、銀色車輪採用
・TNカプラー(SP)標準装備
・ミニカーブ通過可能
製品内容
【車両】
・HSOR-107A(M)
・HSOR-102A(T)
【付属品】
・パーツ:カプラーアダプター
・シール:行先等
パッケージ形態
ウインド付紙箱
肥薩おれんじ鉄道株式会社商品化許諾申請中
(C)2010 熊本県くまモン#K30532
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/98063.html
 
 
HighGrade
●98072 JR キハ58系ディーゼルカー(快速シーサイドライナー・紺色)セット 10,800円+税
キハ58系は国鉄で製造された急行形ディーゼルカーで全国で活躍しました。
快速「シーサイドライナー」は長崎~佐世保間を大村線経由で運転される列車で、九州色のキハ58などで運転されますが、のちに紺色をベースにロゴが入った「シーサイドライナー」用の車両が登場しました。
編成例
 ●快速「シーサイドライナー」
  キハ58 400(M) + キハ28 5200 + キハ58 400(後期型) + キハ58 0冷改車(M) + キハ65 0
  太字下線部:限定Set<97918>
  下線部:Set<98072>
特徴
・ハイグレード(HG)仕様
・キハ58の快速「シーサイドライナー」色を初代の紺色で再現
・「SEA SIDE LINER」のロゴやデザインを印刷で再現
・キハ58は平窓車でもスカート付で再現
・「シーサイドライナー」印刷のヘッドマーク付属
・シートはリクライニングシートで再現
・前面表示部は交換式で印刷済みパーツ「快速」「(白地)」を付属
・車番は選択式で転写シート付属
・ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・前面表示部はカラープリズムの採用により白色に近い色で点灯
・フライホイール付動力搭載
・新集電システム、黒色車輪採用
・TNカプラー(SP)標準装備
製品内容
【車両】
・キハ58-0冷改車(M)
・キハ65-0
【付属品】
・ランナーパーツ:無線アンテナ
・ランナーパーツ:前面種別幕
・ランナーパーツ:排障器
・ランナーパーツ:ヘッドマーク
・パーツ:幌枠
・パーツ:治具
・転写シート:車番
パッケージ形態
ウインド付紙箱
JR九州承認申請中
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/98072.html
 
 
HighGrade
●97917 限定品 JR キハ58系ディーゼルカー(快速シーサイドライナー・キハ58 727)セット 10,800円+税
キハ58系は国鉄で製造された急行形ディーゼルカーで全国で活躍しました。
快速「シーサイドライナー」は長崎~佐世保間を大村線経由で運転される列車で九州色のキハ58などで運転されますが、のちに紺色をベースにロゴが入った「シーサイドライナー」用の車両が登場しました。
キハ58-727は当初、ロゴのデザインは同様ながらベースカラーが紺色でなく青色となっており異彩の存在となっていました。
編成例
 ●快速「シーサイドライナー」
  キハ58 727(M) + キハ65 0 + キハ58(M) + キハ28
  太字下線部:限定Set<97917>
  下線部:Set<98001>
特徴
・ハイグレード(HG)仕様
・快速「シーサイドライナー」初代紺色の中で唯一、青色だったキハ58-727が入った限定セット
・「SEA SIDE LINER」のロゴやデザインを印刷で再現
・「シーサイドライナー」印刷のヘッドマーク付属
・シートはリクライニングシートで再現
・前面表示部は交換式で印刷済みパーツ「快速」「(白地)」を付属
・車番は選択式で転写シート付属
・ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・前面表示部はカラープリズムの採用により白色に近い色で点灯
・フライホイール付動力搭載
・新集電システム、黒色車輪採用
・TNカプラー(SP)標準装備
製品内容
【車両】
・キハ58-727(M)
・キハ65-0
【付属品】
・ランナーパーツ:無線アンテナ
・ランナーパーツ:前面種別幕
・ランナーパーツ:排障器
・ランナーパーツ:ヘッドマーク
・ランナーパーツ:ベンチレーター
・パーツ:幌枠
・パーツ:治具
・転写シート:車番
パッケージ形態
ウインド付紙箱
JR九州承認申請中
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/97917.html
 
 
HighGrade
●97918 限定品 JR キハ58系ディーゼルカー(快速シーサイドライナー・紺色・キハ28 5200)セット 15,200円+税
キハ58系は国鉄で製造された急行形ディーゼルカーで全国で活躍しました。
快速「シーサイドライナー」は長崎~佐世保間を大村線経由で運転される列車で、九州色のキハ58などで運転されますが、のちに紺色をベースにロゴが入った「シーサイドライナー」用の車両が登場しました。
中間車キハ28-5200は元グリーン車キロ28の格下げ車で、使用されていた車両はユニットサッシ改造車ベースで特異な存在でした。
編成例
 ●快速「シーサイドライナー」
  キハ58 400(M) + キハ28 5200 + キハ58 400(後期型) + キハ58 0冷改車(M) + キハ65 0
  太字下線部:限定Set<97918>
  下線部:Set<98072>
特徴
・ハイグレード(HG)仕様
・キハ28-5200が入った快速「シーサイドライナー」を初代の紺色で再現
・「SEA SIDE LINER」のロゴやデザインを印刷で再現
・キハ58は平窓車でもスカート付で再現
・「シーサイドライナー」印刷のヘッドマーク付属
・キハ58、キハ65のシートはリクライニングシート採用
・前面表示部は交換式で印刷済みパーツ「快速」「(白地)」を付属
・車番は選択式で転写シート付属
・ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・前面表示部はカラープリズムの採用により白色に近い色で点灯
・フライホイール付動力搭載
・新集電システム、黒色車輪採用
・TNカプラー(SP)標準装備
製品内容
【車両】
・キハ58-400(M)
・キハ28-5200
・キハ58-400(後期形)
【付属品】
・ランナーパーツ:無線アンテナ
・ランナーパーツ:前面種別幕
・ランナーパーツ:排障器
・ランナーパーツ:ヘッドマーク
・ランナーパーツ:ベンチレーター
・パーツ:幌枠
・パーツ:治具
・転写シート:車番
パッケージ形態
ブック型プラケース
JR九州承認申請中
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/97918.html
 
 
●98675 JR キハ183系特急ディーゼルカー(おおぞら・HET色)セット 18,400円+税
キハ183は北海道のキハ82置き換え用に1979年に登場しました。
「おおぞら」は札幌~釧路間の特急列車で、一時期キハ183-500中心の編成となりますが、再び中間車に0番代も入るようになりました。
外観塗装も段階的にHET色に変更され、キロ182-0もHET色を纏うようになりました。
トレインマークは鶴に「おおぞら(平仮名)」から、鶴はそのままに愛称名が「OZORA(ローマ字)」に変わりました。
編成例
 ●快速「おおぞら」(1997年頃)
  ←釧路  札幌→
   (1)キハ183 1550 + (2)キハ182 0(T) + (3)キロ182 0 + (4)キハ182 0(M) + (5)キハ184 + (6)キハ183 500
   下線部:Set
特徴
・1997年頃のHET色で揃った特急「おおぞら」を再現
・キロ182の0番代をHET色で再現
・トレインマークは鶴にローマ字の「OZORA」を再現
・キハ183の前頭部はTNカプラー装着
・床下は灰色で再現
・キハ183-1550のトレインマークは板式タイプで再現、枠を銀色で印刷
・キハ183-500のトレインマークは幕式タイプで再現、Hゴム部を灰色で印刷
・車番は選択式で転写シート付属
・ヘッド・テールライト・トレインマークは白色LEDによる点灯、ON-OFFスイッチ付
・フライホイール付動力搭載
・新集電システム、黒色車輪採用
製品内容
【車両】
・キハ183-1550
・キハ182-0
・キロ182-0
・キハ182-0(M)
・キハ184
・キハ183-500
【付属品】
・ランナーパーツ:ホイッスル
・ランナーパーツ:無線アンテナ(キロ用)
・ランナーパーツ:電話アンテナ(キロ用)
・パーツ:幌枠
・パーツ:治具
・転写シート:車番
パッケージ形態
ブック型プラケース
JR北海道商品化許諾申請中
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/98675.html
 
 
●98676 JR 24系25形特急寝台客車(北斗星1・2号)基本セット 15,900円+税
北斗星は、1988年青函トンネル開通に合わせ登場した上野~札幌間の寝台特急列車で、個室寝台やロビーカーなど豪華な設備を誇りました。
JR北海道とJR東日本による共同運行で、1・2号はJR北海道が担当していました。
後年、全車個室化が行なわれる1・2号も1991年夏頃までは開放式B寝台車が多数連結されていました。
編成例
 ●特急「北斗星1・2号」(1991年頃) *青森〜函館は逆向き
  ←上野・函館  青森・札幌→
  (1)←オハネフ25 200 + (2)オハネ25 100 + (3)オハネ25 100 + (4)オハネ25 0 + (5)←オハネフ25 200 + (6)スハネ25 500 + (7)スシ24 500 + (8)オロネ25 550(551) + (9)オロハネ25 550 + (10)オロハネ25 550(554) + (11)←オハネフ25 0 + カニ24 500
  太字下線部:基Set
  下線部:増Set
  ※けん引機は、上野〜青森がEF81形、青森〜函館がED79 0形、函館〜札幌がDD51形重連でした。
特徴
・24系北斗星客車に新規車両登場で、JR北海道の1・2号編成を再現
・個室化が進む前の開放B寝台車が多数連結されている1・2号で再現
・オロハネ25はロイヤル・デュエット車でロイヤル室の窓が大きい554番を新規再現
・スシ24のテーブルランプはJR北海道特有の赤いシェードタイプで点灯
・スシ24の厨房室窓は固定化されてなく金帯は通常の3本帯で再現
・オハネフ25、カニ24のJRマークは印刷済み
・オハネフはベッドシートパーツとハシゴパーツを組込み実感的に再現
・スハネ25-500は通常の3本帯でトイレ窓が有る姿を新規に再現
・オハネフ25-200の車掌室側はアーノルドカプラー、カニ24はダミーカプラー装着
・カニ24テールライト側用のTNカプラーは自連形を新規付属
・カニとオハネフ25-200のトレインマークは「北斗星」印刷済みで白色LED点灯
・オハネフ25-0は基板非装備、トレインマークは「北斗星」印刷済み
・オハネフ25-200とカニ24のテールライトは常点灯基板装備
・オハネフ25-200のテールライト、トレインマークはON-OFFスイッチ付
・車番は選択式で転写シート付属
・新集電システム、黒色車輪採用
製品内容
【車両】
・オハネフ25-200
・スハネ25-500
・スシ24-500
・オロハネ25-550
・オハネフ25-0
・カニ24-500
【付属品】
・ランナーパーツ:電話アンテナ
・パーツ:幌枠(オハネフ用)
・パーツ:台車枠(カプラー有・カニ24用)
・パーツ:台車枠(カプラー無・オハネフ25用)
・パーツ:ジャンパホース(オハネフ用)
・パーツ:ダミーカプラー(オハネフ用)
・パーツ:TNカプラー(カニ24用)
・パーツ:治具
・転写シート:車番
パッケージ形態
ブック型プラケース
JR北海道商品化許諾申請中
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/98676.html
 
 
●98677 JR 24系25形特急寝台客車(北斗星1・2号)増結セット 12,300円+税
北斗星は、1988年青函トンネル開通に合わせ登場した上野~札幌間の寝台特急列車で、個室寝台やロビーカーなど豪華な設備を誇りました。
後年、全車個室化が行なわれるJR北海道担当の1・2号も1991年夏までは開放式B寝台車が多数連結されていました。
ツインデラックスで唯一各部屋が上下に配置されたオロネ25-550は、1989年増備された車両で、主に1・2号に連結されました。
編成例
 ●特急「北斗星1・2号」(1991年頃) *青森〜函館は逆向き
  ←上野・函館  青森・札幌→
  (1)←オハネフ25 200 + (2)オハネ25 100 + (3)オハネ25 100 + (4)オハネ25 0 + (5)←オハネフ25 200 + (6)スハネ25 500 + (7)スシ24 500 + (8)オロネ25 550(551) + (9)オロハネ25 550 + (10)オロハネ25 550(554) + (11)←オハネフ25 0 + カニ24 500
  太字下線部:基Set
  下線部:増Set
  ※けん引機は、上野〜青森がEF81形、青森〜函館がED79 0形、函館〜札幌がDD51形重連でした。
特徴
・24系北斗星客車に新規車両登場で、JR北海道の1・2号編成を再現
・ツインデラックスでも客室が上下に配置されたオロネ25-550を新規で再現
・オロハネ25-550はロイヤルとB寝台ソロ設備の車両を再現
・オハネフ25のJRマークは印刷済み
・オハネフとオハネはベッドシートパーツとハシゴパーツを組込み実感的に再現
・オハネフ25-200は基板非装備
・車番は選択式で転写シート対応(基本セットに付属)
・新集電システム、黒色車輪採用
製品内容
【車両】
・オハネ25-100
・オハネ25-100
・オハネ25-0
・オハネフ25-200
・オロネ25-550
・オロハネ25-550
【付属品】
・パーツ:幌枠
パッケージ形態
ブック型プラケース
JR北海道商品化許諾申請中
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/98677.html
 
 
●7123 JR EF81形電気機関車(81号機・復活お召塗装) 7,500円+税
EF81形は1968年に登場した直流・交流50Hzと交流60Hzに対応した電気機関車で交直流機の標準型として活躍しています。
田端運転所に所属するEF81のうち、81号機はお召塗装となり活躍していましたがその後北斗星色へと変更され、2014年8月にお召塗装へと復活されました。
特徴
・81号機のお召塗装に復活した姿を再現
・印刷済みヘッドマーク付属(カシオペア・北斗星・あけぼの)
・ナンバープレートは選択式(EF81-81・78・79・88)付属
・新モーター採用
・Hゴムは黒色で再現
・屋根上高圧機器箱は銀色で再現
・運転室シースルー再現
・前面手すりは別パーツにて再現
・解放テコを別パーツにて再現(取付済み)
・ヘッドライトは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・ヘッドライトは電球色LEDで点灯
・フライホイール付動力搭載
・一体プレート輪心車輪採用
・黒色台車枠・銀色車輪採用
・ダミーカプラー(銀色)付属
・TNカプラー(銀色)付属
製品内容
【車両】
・EF81(81号機・復活お召塗装)
【付属品】
・ランナーパーツ:ナンバー・メーカーズプレート
・ランナーパーツ:前面手すり(縦)
・ランナーパーツ:ホイッスル、信号炎管
・ランナーパーツ:ヘッドマーク
・パーツ:ダミーカプラー
・パーツ:ダミーカプラー受け
・パーツ:自連形TNカプラー
パッケージ形態
クリアケース
JR東日本商品化許諾申請中
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/7123.html
 
 
●7126 JR EF81形電気機関車(北斗星色・Hゴムグレー) 7,500円+税
EF81形は1968年に登場した直流・交流50Hzと交流60Hzに対応した電気機関車で交直流機の標準型として活躍しています。
田端運転所に所属するEF81形のうち「北斗星」けん引用車両は側面に流星が描かれたデザインとなっています。
特徴
・ナンバープレートは別パーツ付属「EF81-86・89・93・96」
・Hゴムはグレーで再現
・新モーター採用
・印刷済みヘッドマーク付属(北斗星・エルム・あけぼの)
・屋根上高圧機器箱は銀色で再現
・JRマーク印刷済み
・前面手すりは別パーツにて再現
・解放テコを別パーツにて再現(取付済み)
・運転室シースルー再現
・ヘッドライトは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・ヘッドライトは電球色LEDで点灯
・フライホイール付動力搭載
・一体プレート輪心車輪採用
・黒色台車枠・黒色車輪採用
・ダミーカプラー付属
・TNカプラー付属
製品内容
【車両】
・EF81(北斗星色・Hゴムグレー)
【付属品】
・ランナーパーツ:ナンバー・メーカーズプレート
・ランナーパーツ:前面手すり(縦)
・ランナーパーツ:ホイッスル、信号炎管
・ランナーパーツ:ヘッドマーク
・パーツ:ダミーカプラー
・パーツ:ダミーカプラー受け
・パーツ:自連形TNカプラー
パッケージ形態
クリアケース
JR東日本商品化許諾申請中
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/7126.html
 
 
●8735 JR貨車 コキ106形(後期型・新塗装・コンテナなし) 1,000円+税
コキ106は1997年より製造された海上コンテナ対応車両です。
製造途中から車体色がスカイブルーからグレーに変更され、スカイブルーの車両も検査時にグレーに変更されました。
後期型は車体側面に手ブレーキ緊解表示装置が追加されました。
現在は検査で再塗装された際に台枠側面にあった「JRF」マークがなくなっています。
特徴
・コキ106後期型を「JRF」マークがなくなった姿で再現
・車体側面に手ブレーキ緊解表示装置が追加された姿を再現
・車番「コキ106-1122」、「突放禁止」は印刷済み
・銀色車輪採用
・各種コンテナを搭載可能
製品内容
【車両】
・コキ106-1122
パッケージ形態
クリアケース
JR貨物承認申請中
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/8735.html
 
 
●3169 私有 ISO20ftタンクコンテナ(日陸・2個入) 2,400円+税
日陸が所有するISO20ftタンクコンテナは液状の化学製品等を輸送するために製造されたタンクコンテナです。
日陸のタンクコンテナはトラック輸送・鉄道輸送・海上輸送を利用した国内複合一貫輸送に使用されており、全国で活躍しています。
特徴
・日陸所有のISO20ftタンクコンテナを再現
・タンク本体には「NRS」ロゴや各種標記を印刷済み
・フレームはブルーで再現
・番号(NRSU371351・NRSU371467)は印刷済み
・コンテナ貨車に搭載する際の搭載用固定パーツおよびフレームパーツ付属
・2個入
製品内容
・NRSU 371351
・NRSU 371467
【付属品】
・ランナーパーツ:フレーム
・パーツ:貨車搭載用固定パーツ
パッケージ形態
ウインド付紙箱吊り下げ式
株式会社日陸商品化許諾申請中
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/3169.html
 
 
●3170 私有 U47A-38000形コンテナ(日本通運・青色塗装・2個入) 1,200円+税
U47Aコンテナは私有の31フィートウイングコンテナです。
日本通運に所属するU47Aコンテナは遮熱塗料を使用した白色塗装のほかに同様のデザインで青色塗装のコンテナが全国で活躍しています。
特徴
・コキ107や各コンテナ貨車にワンタッチで搭載可能
・「ECO LINER 31」ロゴや番号(U47A-38368・U47A-38384)は印刷済み
・エコレールマークは印刷済み
・2個入
製品内容
・U47A-38368
・U47A-38384
パッケージ形態
ウインド付紙箱吊り下げ式
日本通運株式会社商品化許諾申請中
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/3170.html

スポンサー様

  • 2019jam

    ホビーランドぽち 様

    Chiyoda001111

    チヨダレールセンター 様

    1220_tetsudoumokeibaneer

    BOOK OFF 様

    Moraco

    鉄道模型コンテスト 様



    Tamtam_20150826

    HOBBY SHOP Tam Tam 様

    Kani2414

    KATO京都駅店 様

    Bana20170502

    ホビーセンターカトーオンラインショップ 様

    Bnrrd

    鉄道ホビダスショップ 様

情報提供販売店様

  • Gowasuya_2

    ごわす屋 様

    Image300150_6

    railways湘南ライン様
    railwaysしんゆり湘南ライン様


    Ngimiyako2_2

    鉄道模型カスタマイズショップ
    みやこ模型様


スポンサー様2

  • 2019jam

    ホビーランドぽち 様

    Chiyoda001111

    チヨダレールセンター 様

    1220_tetsudoumokeibaneer

    BOOK OFF 様

    Moraco

    鉄道模型コンテスト 様

    Tamtam_20150826

    HOBBY SHOP Tam Tam 様

    Kani2414

    KATO京都駅店 様

    Bana20170502

    ホビーセンターカトーオンラインショップ 様

    Bnrrd

    鉄道ホビダスショップ 様