« TOMYTEC 鉄道コレクション試作品画像公式サイト掲載 | メイン | KATO 製品出荷のご案内(抜粋) »

TOMIX 新製品情報更新(抜粋)

公式サイト新製品情報に下記製品情報が掲載されています。
 
●98062 肥薩おれんじ鉄道 HSOR-100形(くまモンラッピング1号・おれんじちゃん)セット 12,600円+税
●98060 JR キハ100形ディーゼルカー(POKÉMON with YOUトレイン)セット 13,000円+税
●98330 近畿日本鉄道 30000系ビスタEX(旧塗装・喫煙室付)セット 14,800円+税
●98334 JR 209-1000系通勤電車(中央線)基本セット 13,800円+税
●98335 JR 209-1000系通勤電車(中央線)増結セット 12,800円+税
●98337 JR 485-3000系特急電車(はくたか)基本セット 19,000円+税
●98338 JR 485-3000系特急電車(はくたか)増結セット 13,000円+税
●8734 国鉄貨車 ワム80000形(中期型) 700円+税
●98064 国鉄 ワム580000形貨車セット 1,400円+税
 
以下詳細です。

 
●98062 肥薩おれんじ鉄道 HSOR-100形(くまモンラッピング1号・おれんじちゃん)セット 12,600円+税
肥薩おれんじ鉄道は八代-川内間を運行する第三セクター方式の鉄道会社です。
車両は19両が所属しイベント兼用車両やラッピング車両など様々なカラーリングで活躍しています。
編成例
 (2015年頃)
 HSOR-111A(M) + HSOR-152(T)
 下線部:Set
特徴
・HSOR-111Aは2012年7月からくまモンラッピング車となった姿を再現
・HSOR-152は2004年から2015年11月までおれんじちゃんのラッピングがされていた姿を再現
・車番は印刷済み
・シート配置は実車とは異なります
・行先表示器は非点灯
・行先表示は選択式でシール付属
・ヘッド・テールライトは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・T車のヘッド・テールライトは片側のみ点灯
・フライホイール付動力搭載
・新集電システム、銀色車輪採用
・TNカプラー(SP)標準装備
・ミニカーブ通過可能
製品内容
【車両】
・HSOR-111A(M)
・HSOR-152(T)
【付属品】
・パーツ:カプラーアダプター
パッケージ形態
ウインド付紙箱
肥薩おれんじ鉄道株式会社商品化許諾申請中
(C)2010 熊本県くまモン#K******
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/98062.html
 
 
●98060 JR キハ100形ディーゼルカー(POKÉMON with YOUトレイン)セット 13,000円+税
キハ100形ディーゼルカーは1990年にキハ20形やキハ45形などの置き換え用として登場しました。
試作車4両が最初に製造され、1991年には改良された量産車が製造されました。
大船渡線で使用されている車両のうち2両が「POKÉMON with YOUトレイン」として、快速「ポケモントレイン気仙沼号」として運転されています。
編成例
 ●快速「ポケモントレイン気仙沼号」
  ←気仙沼  一ノ関→
  (1)キハ100 1(M) + (2)キハ100 3(T)
  下線部:Set
特徴
・キハ100形「POKÉMON with YOUトレイン」を再現
・キハ100形試作車の車体を新規製作で再現
・スカートはパイプ型を新規製作で再現
・前面表示部は「快速」印刷済み
・車番は印刷済み
・幌枠別パーツ付属
・ヘッドマークパーツ付属
・ヘッド・テールライト、室内灯は常点灯基板装備
・ヘッド・テールライトON-OFFスイッチ付
・フライホイール付動力搭載
・銀色車輪採用
・TNカプラー(SP)装着済み
・ミニカーブ通過可能
製品内容
【車両】
・キハ100-1(M)
・キハ100-3
【付属品】
・ランナーパーツ:アンテナ等
・ランナーパーツ:ヘッドマーク
・パーツ:幌枠
パッケージ形態
ウインド付紙箱
JR東日本商品化許諾申請中
(C)2019 Pokémon.
(C)1995-2019 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは、任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/98060.html
 
 
●98330 近畿日本鉄道 30000系ビスタEX(旧塗装・喫煙室付)セット 14,800円+税
3代目ビスタカーとして1978年に登場した30000系は、1985年までに15編成が登場、同系はビスタカー伝統の2階建て構造を中間車2両に採用したのが特徴です。
1996年よりリニューアルが行われ全車が「ビスタEX」となりました。
2016年より喫煙室設置改造が行われています。
編成例
 ←大阪難波・京都
 モ30200P + サ30100(M) + サ30150 + モ30250P
 下線部:Set
特徴
・2000年までに改造が完了した30000系ビスタEXのうち、2016年頃からモ30250形に喫煙室設置改造がされた姿を新規製作で再現
・外観塗装は旧塗装の姿で再現
・印刷済み前面表示パーツ「賢島」装着済み
・交換用印刷済み前面表示パーツ「名古屋・京都・大阪難波・鳥羽」付属
・連結面の幌枠を別パーツで再現
・車番は選択式で転写シート付属
・ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・フライホイール付動力搭載
・新集電システム、銀色車輪採用
・先頭車運転台側はTNカプラー(SP)を標準装備
※車体に貼付けされている志摩スペイン村キャラクターは再現しません
製品内容
【車両】
・モ30200
・サ30100(M)
・サ30150
・モ30250
【付属品】
・ランナーパーツ:前面表示パーツ
パッケージ形態
ブック型プラケース
近畿日本鉄道(株)商品化許諾申請中
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/98330.html
 
 
●98334 JR 209-1000系通勤電車(中央線)基本セット 13,800円+税
209-1000系は常磐線・地下鉄千代田線直通用として1999年に登場した通勤形電車です。
209-0系をベースとし、前面に非常扉を設置するなど地下鉄運用に対応した車両となっています。
2018年に常磐線での運用を終了し、帯色や保安装置の変更がなされ中央線に転属しました。
編成例
 ←東京  高尾→
 (1)クハ209 1000 + (2)モハ209 1000(T)P + (3)モハ208 1000 + (4)サハ209 1000 + (5)モハ209 1000(M)P + (6)モハ208 1000 + (7)サハ209 1000 + (8)モハ209 1000(T)P + (9)モハ208 1000 + (10)クハ208 1000
 太字下線部:基Set
 下線部:増Set
 ※走行させるレイアウトの条件に合わせて、2号車、または8号車のモハ209形に、別売の<0645>動力ユニットFW(DT61付)を組み込んで、動力車化してください。なお、この動力ユニットでは台車形状が少し異なりますので、ご使用の際は分売パーツの動力台車<0430>DT61D(黒車輪)に付け替えていただくことをおすすめします。
特徴
・オレンジ帯に変更された車体を再現
・本製品(1・5・6・10号車)と<98335>増結セットで10両フル編成が再現可能
・パンタグラフはシングルアームの姿を再現
・先頭部スカートは強化型を再現
・屋根はラジオアンテナがない屋根を再現
・側面ガラスはスモークガラスを再現
・前面表示部は中央線用のシール付属
・JRマークは印刷済み
・車番は選択式で転写シート付属
・ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備
・フライホイール付動力搭載
・新集電システム、黒色車輪採用
製品内容
【車両】
・クハ209-1000
・モハ209-1000(M)
・モハ208-1000
・クハ208-1000
【付属品】
・ランナーパーツ:アンテナ、信号炎管
・シール:前面表示部
・転写シート:車番等
パッケージ形態
ブック型プラケース
JR東日本商品化許諾申請中
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/98334.html
 
 
●98335 JR 209-1000系通勤電車(中央線)増結セット 12,800円+税
209-1000系は常磐線・地下鉄千代田線直通用として1999年に登場した通勤形電車です。
209-0系をベースとし、前面に非常扉を設置するなど地下鉄運用に対応した車両となっています。
2018年に常磐線での運用を終了し、帯色や保安装置の変更がなされ中央線に転属しました。
編成例
 ←東京  高尾→
 (1)クハ209 1000 + (2)モハ209 1000(T)P + (3)モハ208 1000 + (4)サハ209 1000 + (5)モハ209 1000(M)P + (6)モハ208 1000 + (7)サハ209 1000 + (8)モハ209 1000(T)P + (9)モハ208 1000 + (10)クハ208 1000
 太字下線部:基Set
 下線部:増Set
 ※走行させるレイアウトの条件に合わせて、2号車、または8号車のモハ209形に、別売の<0645>動力ユニットFW(DT61付)を組み込んで、動力車化してください。なお、この動力ユニットでは台車形状が少し異なりますので、ご使用の際は分売パーツの動力台車<0430>DT61D(黒車輪)に付け替えていただくことをおすすめします。
特徴
・オレンジ帯に変更された車体を再現
・本製品(2・3・4・7・8・9号車)と<98334>基本セットで10両フル編成が再現可能
・パンタグラフはシングルアームの姿を再現
・屋根はラジオアンテナがない屋根を再現
・側面ガラスはスモークガラスを再現
・車番は選択式で転写シート対応(基本セットに付属のものを使用)
・新集電システム、黒色車輪採用
製品内容
【車両】
・モハ209-1000(T)
・モハ208-1000
・サハ209-1000
・サハ209-1000
・モハ209-1000(T)
・モハ208-1000
パッケージ形態
ブック型プラケース
JR東日本商品化許諾申請中
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/98335.html
 
 
HighGrade
●98337 JR 485-3000系特急電車(はくたか)基本セット 19,000円+税
1997年3月に北越急行ほくほく線が開業、越後湯沢駅で上越新幹線に接続する特急列車として、「はくたか」が運転を開始しました。
JR東日本は1往復を担当、485系のリニューアル改造車である3000番代が2005年3月まで活躍をしていました。
編成例
 ●特急「はくたか」「北越」「雷鳥」(1999年頃)
  ←越後湯沢・新潟  金沢・大阪→
  (9)クハ481 3000 + (8)モハ485 3000 + (7)モハ484 3000(T)P + (6)モハ485 3000 + (5)モハ484 3000(M)P + (4)サロ481 3000 + (3)モハ485 3000 + (2)モハ484 3000(T)P + (1)クハ481 3000
  太字下線部:基Set
  下線部:増Set
特徴
・ハイグレード(HG)仕様
・車体色は白に裾部を青と紺の帯、先頭部と車端部が緑の上沼垂色を再現
・サロ481-3000を新規製作で再現
・クハ481-3000の運転台側面にある翼マークは印刷で再現
・モハ484-3000は車掌室が撤去され多目的室が設置された姿を再現
・Hゴムは黒色で再現
・印刷済みトレインマークは「はくたか」装着済み、「雷鳥・北越」付属
・グリーンカーマークは印刷済み
・車番は選択式で転写シート付属
・ヘッド・テールライト、トレインマークは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・トレインマークはカラープリズムの採用で白色に近い色で点灯
・フライホイール付動力搭載
・新集電システム、黒色車輪採用
・TNカプラー(SP)標準装備
製品内容
【車両】
・クハ481-3000
・サロ481-3000
・モハ484-3000(M)
・モハ485-3000
・クハ481-3000
【付属品】
・ランナーパーツ:列車無線アンテナ
・ランナーパーツ:ラジオアンテナ
・ランナーパーツ:トイレタンクR、スノープロウ
・ランナーパーツ:トイレタンクL
・ランナーパーツ:電話アンテナ
・ランナーパーツ:アンテナ
・ランナーパーツ:カプラーカバー
・ランナーパーツ:アタッチメント
・ランナーパーツ:トレインマーク
・パーツ:治具
・転写シート:車番
パッケージ形態
ブック型プラケース
JR東日本商品化許諾申請中
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/98337.html
 
 
HighGrade
●98338 JR 485-3000系特急電車(はくたか)増結セット 13,000円+税
1997年3月に北越急行ほくほく線が開業、越後湯沢駅で上越新幹線に接続する特急列車として、「はくたか」が運転を開始しました。
JR東日本は1往復を担当、485系のリニューアル改造車である3000番代が2005年3月まで活躍をしていました。
編成例
 ●特急「はくたか」「北越」「雷鳥」(1999年頃)
  ←越後湯沢・新潟  金沢・大阪→
  (9)クハ481 3000 + (8)モハ485 3000 + (7)モハ484 3000(T)P + (6)モハ485 3000 + (5)モハ484 3000(M)P + (4)サロ481 3000 + (3)モハ485 3000 + (2)モハ484 3000(T)P + (1)クハ481 3000
  太字下線部:基Set
  下線部:増Set
特徴
・ハイグレード(HG)仕様
・車体色は白に裾部を青と紺の帯、先頭部と車端部が緑の上沼垂色を再現
・モハ484-3000の1両は車掌室窓がオリジナルの姿の車体を新規製作で再現
・モハ484-3000の1両は車掌室窓が小窓化された姿を再現
・Hゴムは黒色で再現
・車番は選択式で転写シート対応(基本セットに付属のものを使用)
・新集電システム、黒色車輪採用
・TNカプラー(SP)標準装備
製品内容
【車両】
・モハ484-3000(T)
・モハ485-3000
・モハ484-3000(T)
・モハ485-3000
【付属品】
・ランナーパーツ:トイレタンクR
パッケージ形態
ブック型プラケース
JR東日本商品化許諾申請中
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/98338.html
 
 
●8734 国鉄貨車 ワム80000形(中期型) 700円+税
ワム80000形は1960年より製造された2軸の有蓋貨車です。
1968年から製造された中期型は最高時速が75km/hに変更されたグループで、外観では屋根がプレス構造になるなどの変更が行われ、1970年まで製造されました。
1975年からは製造が再開され軸間距離を260mm長くし、280000番代となりました。
特徴
・1968年以降に製造され、軸間距離が短い中期型のワム80000形を新規製作で再現
・従来製品<2714>とは異なる軸間距離の床下を再現
・車番(ハワム183807)は印刷済み
・ミニカーブ通過可能(ミニカーブ通過可能機関車との連結の場合)
製品内容
【車両】
・ワム183807
パッケージ形態
クリアケース
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/8734.html
 
 
●98064 国鉄 ワム580000形貨車セット 1,400円+税
ワム80000形は1960年より製造された2軸の有蓋貨車です。
1968年から製造された中期型は最高時速が75km/hに変更されたグループで、外観では屋根がプレス構造になるなどの変更が行われ、1970年まで製造されました。
鮮魚輸送用に製造されたワム80000形は580000番代に分類され車体が白色塗装となりました。
編成例
 ワム580000 + ワム580000 + ワム580000 + ワム580000 + ワム580000 + ワム580000
 下線部:Set
特徴
・1968年に製造された中期型のワム80000形のうち鮮魚輸送用となったワム580000形を再現
・白色塗装された車体を再現
・車番(ワム586064・ワム586069)は印刷済み
・ミニカーブ通過可能(ミニカーブ通過可能機関車との連結の場合)
製品内容
【車両】
・ワム586064
・ワム586069
パッケージ形態
クリアケース
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/98064.html

スポンサー様

  • 176_fes

    ホビーランドぽち 様

    Chiyoda001111

    チヨダレールセンター 様

    1220_tetsudoumokeibaneer

    BOOK OFF 様



    Tamtam_20150826

    HOBBY SHOP Tam Tam 様

    Kani2414

    KATO京都駅店 様

    Bana20170502

    ホビーセンターカトーオンラインショップ 様

    Bnrrd

    鉄道ホビダスショップ 様

情報提供販売店様

  • Gowasuya_2

    ごわす屋 様

    Image300150_6

    railways湘南ライン様
    railwaysしんゆり湘南ライン様


    Ngimiyako2_2

    鉄道模型カスタマイズショップ
    みやこ模型様


スポンサー様2

  • 176_fes

    ホビーランドぽち 様

    Chiyoda001111

    チヨダレールセンター 様

    1220_tetsudoumokeibaneer

    BOOK OFF 様

    Tamtam_20150826

    HOBBY SHOP Tam Tam 様

    Kani2414

    KATO京都駅店 様

    Bana20170502

    ホビーセンターカトーオンラインショップ 様

    Bnrrd

    鉄道ホビダスショップ 様