« TOMIX 公式サイト「製品化決定」更新 | メイン | TOMIX トミックス TRAIN SUITE 四季島スペシャルサイト 更新 »

TOMIX 新製品情報更新(抜粋)

公式サイト新製品情報に下記製品情報が掲載されています。
 
●91044 高架複線階層駅延長部 6,000円+税
●98311 国鉄 キハ81・82系特急ディーゼルカー(くろしお)基本セット 16,500円+税
●98312 国鉄 キハ81・82系特急ディーゼルカー(くろしお)増結セットA 12,700円+税
●98313 国鉄 キハ81・82系特急ディーゼルカー(くろしお)増結セットB 12,700円+税
●98314 JR 167系電車(田町アコモ車)基本セット 16,500円+税
●98315 JR 167系電車(田町アコモ車)増結セット 12,300円+税
●98319 JR E5系東北・北海道新幹線(はやぶさ・増備型)基本セット 13,700円+税
●98320 JR E5系東北・北海道新幹線(はやぶさ・増備型)増結セット 15,100円+税
●98663 JR E6系秋田新幹線(こまち・後期型)セット 23,400円+税
●98664 JR 209-500系通勤電車(武蔵野線・更新車)セット 20,800円+税
●97903 限定品 JR EF81・24系(トワイライトエクスプレス・登場時)セット 28,000円+税
●97909 限定品 JR E233-1000系通勤電車(京浜東北線・131編成)セット 25,500円+税
 
以下詳細です。

 
●91044 高架複線階層駅延長部 6,000円+税
<91043>高架複線階層駅セットを延長できるセットです。階段やエスカレーターなどのランナー部品が付属しています。
特徴
・<91043>高架複線階層駅セットのホームを延長出来る
・地上部分と高架部分に<4274>島式ホーム(都市型)延長部と同仕様のホームを採用(付属品は<4274>と同じ内容)
・別売りの<4046>高架駅A、<4047>高架駅Bを1階に設置した場合に使用する橋脚台が付属
・別売りの階層高架ビームでさらに高さを高くしたり延長する事が可能
製品内容
・島式ホーム(都市型)
・階層高架ビームL
・PC水平橋脚(カップリング受けなし)
・ストレートレールS280-PC(F)
・スラブストレートレールS280-SL(F)
【付属品】
・ランナーパーツ:階下ホーム用屋根隠し
・ランナーパーツ:エスカレーター・階層階段
・ランナーパーツ:階層高架ビーム用
・ランナーパーツ:高架駅用橋脚
・パーツ:カップリング
・シール:ホーム用
パッケージ形態
紙箱
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/91044.html
 
 
HighGrade
●98311 国鉄 キハ81・82系特急ディーゼルカー(くろしお)基本セット 16,500円+税
キハ80系は上野~青森間の特急「はつかり」のスピードアップと無煙化を目的に特急形ディーゼル車両として開発されました。
1960年に登場した先頭車6両はボンネットスタイルのキハ81で、その後増備された貫通型先頭車キハ82とは先頭形状が大きく異なっていました。
「はつかり」の電車化後は他線区に転用され、1972年からの天王寺~新宮・名古屋間の特急「くろしお」運用が最後の活躍となりました。
編成例
 ●特急「くろしお」(1976年頃)
  ←名古屋・新宮  天王寺→
  (1)キハ81 + (2)キロ80 + (3)キロ80 + (4)キシ80 + (5)キハ80(M) + (6)キハ80 + (7)キハ82(後期型) + (8)キハ80(M) + (9)キハ80 + (10)キハ81
  ※4号車のキシ80形、6・9号車のキハ80形は、<98270>増結セットを使用します。
  太字下線部:キハ81・82系基Set<98311>
  下線部:キハ81・82系増SetA<98312>
  斜体字:キハ82系増Set<98270>
特徴
・ハイグレード(HG)仕様
・キハ81が最後に活躍した「くろしお」を再現
・ボンネットスタイルのキハ81を新規製作
・キハ81・82は「くろしお」印刷済みトレインマーク装着
・床下のDMH17Hエンジンは別パーツで再現(キハ82前頭用とモーター車除く)
・キハ81先頭部はダミーカプラー装備、スカート形状はキハ81-3イメージに再現予定
・キハ81の屋根は配管と台座のみの常磐無線アンテナ跡を再現
・キハのシートは青色、キロのシートはエンジ色のカラーシートを採用
・キハ81・82のJNRマークとキロ80のグリーンカーマークは印刷済み
・車番は選択式で転写シート付属
・ヘッド・テールライトは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・ヘッドライトは電球色LED点灯
・トレインマーク部は白色に近い色で点灯
・フライホイール付動力搭載
・新集電システム、黒色車輪採用
・TNカプラー(SP)標準装備(キハ81前頭部側除く)
製品内容
【車両】
・キハ81
・キロ80
・キハ80(M)
・キハ82(後期型)
【付属品】
・ランナーパーツ:特急シンボルマーク大
・ランナーパーツ:特急シンボルマーク小
・ランナーパーツ:信号炎管
・ランナーパーツ:排気管
・ランナーパーツ:ジャンパ栓
・ランナーパーツ:ブレーキホース
・ランナーパーツ:ラジオアンテナ
・パーツ:幌枠
・転写シート:車番
パッケージ形態
ブック型プラケース
JR北海道商品化許諾申請中
JR東海承認申請中
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/98311.html
 
 
HighGrade
●98312 国鉄 キハ81・82系特急ディーゼルカー(くろしお)増結セットA 12,700円+税
キハ80系は上野~青森間の特急「はつかり」のスピードアップと無煙化を目的に特急形ディーゼル車両として開発されました。
1960年に登場した先頭車6両はボンネットスタイルのキハ81で、その後増備された貫通型先頭車キハ82とは先頭形状が大きく異なっていました。
「はつかり」の電車化後は他線区に転用され、1972年からの天王寺~新宮・名古屋間の特急「くろしお」運用が最後の活躍となりました。
編成例
 ●特急「くろしお」(1976年頃)
  ←名古屋・新宮  天王寺→
  (1)キハ81 + (2)キロ80 + (3)キロ80 + (4)キシ80 + (5)キハ80(M) + (6)キハ80 + (7)キハ82(後期型) + (8)キハ80(M) + (9)キハ80 + (10)キハ81
  ※4号車のキシ80形、6・9号車のキハ80形は、<98270>増結セットを使用します。
  太字下線部:キハ81・82系基Set<98311>
  下線部:キハ81・82系増SetA<98312>
  斜体字:キハ82系増Set<98270>
特徴
・ハイグレード(HG)仕様
・<98311>基本セットと<98270>増結セットと組み合わせることで両端がキハ81の10両編成が再現可能
・キハ81先頭部はダミーカプラー装備、スカート開口部はキハ81-5をイメージに再現
・キハ81は「くろしお」印刷済みトレインマーク装着
・他のセットおよび単品のキハ82用「くろしお」印刷済みトレインマーク付属
・床下のDMH17Hエンジンは別パーツで再現(キハ82発電用とモーター車除く)
・キハ81の屋根は配管と台座のみの常磐無線アンテナ跡を再現
・キハのシートは青色、キロのシートはエンジ色のカラーシートを採用
・キハ81のJNRマークとキロ80のグリーンカーマークは印刷済み
・車番は選択式で転写シート付属
・ヘッド・テールライトは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・ヘッドライトは電球色LED点灯
・トレインマーク部は白色に近い色で点灯
・フライホイール付動力搭載
・新集電システム、黒色車輪採用
・TNカプラー(SP)標準装備(キハ81前頭部側除く)
製品内容
【車両】
・キハ81
・キロ80
・キハ80(M)
【付属品】
・ランナーパーツ:特急シンボルマーク
・ランナーパーツ:信号炎管
・ランナーパーツ:ブレーキホース
・ランナーパーツ:ラジオアンテナ
・パーツ:ヘッドマーク(キハ82用)
・転写シート:車番
パッケージ形態
ブック型プラケース
JR北海道商品化許諾申請中
JR東海承認申請中
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/98312.html
 
 
HighGrade
●98313 国鉄 キハ81・82系特急ディーゼルカー(くろしお)増結セットB 12,700円+税
キハ80系は上野~青森間の特急「はつかり」のスピードアップと無煙化を目的に特急形ディーゼル車両として開発されました。
天王寺~新宮・名古屋間の特急「くろしお」に使用されたキハ80系は和歌山機関区をベースに、ボンネット形のキハ81やキハ82でも初期でスリット形タイフォンの車両も配置され、1978年の新宮電化時まで活躍しました。
編成例
 ●特急「くろしお」(1975年頃)
  ←名古屋・新宮  天王寺→
  (1)キハ82(初期型) + (2)キロ80 + (3)キロ80 + (4)キシ80 + (5)キハ80(M) + (6)キハ80 + (7)キハ82(後期型) + (8)キハ80(M) + (9)キハ80 + (10)キハ82(初期型・スリットタイフォン)
  ※1号車のキハ82形(初期型)、2号車のキロ80形、5号車のキハ80形(M)、7号車のキハ82形(後期型)は、<98269>基本セットを使用します。また、4号車のキシ80形、6・9号車のキハ80形は、<98270>増結セットを使用します。
  太字下線部:キハ82系基Set<98269>
  下線部:キハ81・82系増SetB<98313>
  斜体字:キハ82系増Set<98270>
特徴
・ハイグレード(HG)仕様
・10両編成の前後で異なる先頭車編成および、従来製品と組合わせで両端ともキハ82先頭車の編成が再現可能の増結セット
・「くろしお」印刷済みトレインマーク装着
・他のセットおよび単品のキハ82用「くろしお」印刷済みトレインマーク付属
・キハ82のタイフォン形状は前面新規でスリット形を再現
・床下のDMH17Hエンジンは別パーツで再現(キハ82発電用除く)
・キハのシートは青色、キロのシートはエンジ色のカラーシートを採用
・キハ82のJNRマーク、キロ80のグリーンカーマークは印刷済み
・車番は選択式で転写シート付属
・ヘッド・テールライトは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・ヘッドライトは電球色LED点灯
・トレインマーク部は白色に近い色で点灯
・フライホイール付動力搭載
・新集電システム、黒色車輪採用
・TNカプラー(SP)標準装備
製品内容
【車両】
・キハ82(初期型・スリットタイフォン)
・キロ80
・キハ80(M)
【付属品】
・ランナーパーツ:特急シンボルマーク
・ランナーパーツ:信号炎管
・ランナーパーツ:排気管
・ランナーパーツ:ジャンパ栓
・ランナーパーツ:ラジオアンテナ
・パーツ:幌枠
・パーツ:トレインマーク
・転写シート:車番
パッケージ形態
ブック型プラケース
JR北海道商品化許諾申請中
JR東海承認申請中
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/98313.html
 
 
HighGrade
●98314 JR 167系電車(田町アコモ車)基本セット 16,500円+税
167系は、165系ベースの修学旅行用電車で1965年に登場しました。
田町電車区に所属していた一部の編成において座席をボックスからリクライニングシートに交換するなどアコモデーション改造を行った編成は、アイボリーに緑と朱、赤の帯が入った明るい塗装となりました。
編成中のトイレが半減され、トイレ撤去車両のトイレ窓は埋められました。
改造当初のヘッドライトは原型の大型ヘッドライトが多数を占めてました。
編成例
 ●臨時快速「伊豆マリン号」(1990年頃)
  ←東京  伊豆急下田→
  (8)クハ167(奇) + (7)モハ167 + (6)モハ166(M)P + (5)クハ167(偶) + (4)クハ167(奇) + (3)モハ167 + (2)モハ166P + (1)クハ167(偶)
  太字下線部:基Set
  下線部:増Set
特徴
・ハイグレード(HG)仕様
・田町アコモ改造車を登場時の原型大型ヘッドライトの姿で再現
・クハ偶数車の床下は冷房用電源装置モールドが付いた床下で、水タンクが撤去された姿を再現
・タイフォンは別パーツ付属
・各固定窓のHゴム表現は黒色で再現
・「快速伊豆マリン号」印刷済みヘッドマーク付属
・前面表示部は印刷済みパーツで「団体」「快速」「修学旅行」「臨時」付属
・車番は選択式で転写シート付属
・常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・ヘッドライトは電球色LED点灯
・前面表示部はカラープリズム採用により白色に近い色で点灯
・フライホイール付動力搭載
・新集電システム、黒色車輪採用
・TNカプラー(SP)標準装備
製品内容
【車両】
・クハ167アコモ車(奇数車)
・モハ167アコモ車
・モハ166アコモ車(M)
・クハ167アコモ車(偶数車)
【付属品】
・ランナーパーツ:ヘッドマーク
・ランナーパーツ:前面表示部
・ランナーパーツ:タイフォン
・ランナーパーツ:信号炎管、アンテナ
・ランナーパーツ:スノープロウ、水タンク等
・ランナーパーツ:トイレタンク、流し管等
・パーツ:幌枠
・パーツ:治具
・転写シート:車番等
パッケージ形態
ブック型プラケース
JR東日本商品化許諾申請中
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/98314.html
 
 
HighGrade
●98315 JR 167系電車(田町アコモ車)増結セット 12,300円+税
167系は、165系ベースの修学旅行用電車で1965年に登場しました。
田町電車区に所属していた一部の編成において座席をボックスからリクライニングシートに交換するなどアコモデーション改造を行った編成は、アイボリーに緑と朱、赤の帯が入った明るい塗装となりました。
編成中のトイレが半減され、トイレ撤去車両のトイレ窓は埋められました。
改造当初のヘッドライトは原型の大型ヘッドライトが多数を占めてました。
編成例
 ●臨時快速「伊豆マリン号」(1990年頃)
  ←東京  伊豆急下田→
  (8)クハ167(奇) + (7)モハ167 + (6)モハ166(M)P + (5)クハ167(偶) + (4)クハ167(奇) + (3)モハ167 + (2)モハ166P + (1)クハ167(偶)
  太字下線部:基Set
  下線部:増Set
特徴
・ハイグレード(HG)仕様
・モハ166がトレーラーの増結セット
・田町アコモ改造車を登場時の原型大型ヘッドライトの姿で再現
・クハ偶数車の床下は冷房用電源装置モールドが付いた床下で、水タンクが撤去された姿を再現
・タイフォンは別パーツ付属
・各固定窓のHゴム表現は黒色で再現
・前面表示部は印刷済みパーツで「団体」「快速」「修学旅行」「臨時」付属
・車番は選択式で転写シート付属
・常点灯基板装備、電球色LED採用、ON-OFFスイッチ付
・前面表示部はカラープリズム採用により白色に近い色で点灯
・新集電システム、黒色車輪採用
・TNカプラー(SP)標準装備
製品内容
【車両】
・クハ167アコモ車(奇数車)
・モハ167アコモ車
・モハ166アコモ車(T)
・クハ167アコモ車(偶数車)
【付属品】
・ランナーパーツ:前面表示部
・ランナーパーツ:タイフォン
・ランナーパーツ:信号炎管、アンテナ
・ランナーパーツ:スノープロウ、水タンク等
・ランナーパーツ:トイレタンク、流し管等
・パーツ:幌枠
・パーツ:治具
・転写シート:車番等
パッケージ形態
ウインド付紙箱
JR東日本商品化許諾申請中
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/98315.html
 
 
●98319 JR E5系東北・北海道新幹線(はやぶさ・増備型)基本セット 13,700円+税
E5系は2011年3月5日に「はやぶさ」として登場、グリーン車より上のシート・サービスを行う"グランクラス"を新たに設定し、注目の的となっています。
訪日外国人旅行者の増加にともなう手荷物の大型化を考慮し、車内手荷物置場を新設しました。
編成例
 ●「はやぶさ」「はやて」「やまびこ」「なすの」(2018年頃)
  ←東京  仙台・新青森・新函館北斗→
  (1)E523 0 + (2)E526 100 + (3)E525 0P + (4)E526 200 + (5)E524 400 + (6)E526 300 + (7)E525 100(M)P + (8)E526 400 + (9)E515 0 + (10)E514 0
  ※E6系は、10号車のE514 0形と併結します。
  太字下線部:基Set
  下線部:増Set
特徴
・2・4・6・8号車に新設された荷物置き場に併せて、窓が塞がれた姿を塗装で再現
・可動幌装備
・可動式パンタグラフ装備
・フック・U字型通電カプラー採用
・E6系などと連結する側のE514の運転台側はTNカプラー装備
・可動幌はU28編成以降で採用された黒い外幌を塗装で再現
・屋根上滑り止めを再現
・1・10号車の側面に貼付けされている「Treasureland TOHOKU-JAPAN」ロゴマークを印刷で再現
・グランクラスマーク・はやぶさロゴマーク・グリーンカーマークは印刷済
・車番用転写シート付属
・ヘッド・テールライトLED点灯、常点灯基板装備
・ヘッドライトは白色LED採用により実感的に点灯
・E514はヘッド・テールライトON-OFFスイッチ付
・フライホイール付動力搭載
・新集電システム、銀色車輪採用
製品内容
【車両】
・E523
・E526-300
・E525-100(M)
・E514
【付属品】
・パーツ:動力台車取り付け補助棒
・転写シート:車番等
パッケージ形態
ブック型プラケース
JR東日本商品化許諾申請中
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/98319.html
 
 
●98320 JR E5系東北・北海道新幹線(はやぶさ・増備型)増結セット 15,100円+税
E5系は2011年3月5日に「はやぶさ」として登場、グリーン車より上のシート・サービスを行う"グランクラス"を新たに設定し、注目の的となっています。
訪日外国人旅行者の増加にともなう手荷物の大型化を考慮し、車内手荷物置場を新設しました。
編成例
 ●「はやぶさ」「はやて」「やまびこ」「なすの」(2018年頃)
  ←東京  仙台・新青森・新函館北斗→
  (1)E523 0 + (2)E526 100 + (3)E525 0P + (4)E526 200 + (5)E524 400 + (6)E526 300 + (7)E525 100(M)P + (8)E526 400 + (9)E515 0 + (10)E514 0
  ※E6系は、10号車のE514 0形と併結します。
  太字下線部:基Set
  下線部:増Set
特徴
・2・4・6・8号車に新設された荷物置き場に併せて、窓が塞がれた姿を塗装で再現
・可動幌装備
・可動式パンタグラフ装備
・フック・U字型通電カプラー採用
・可動幌はU28編成以降で採用された黒い外幌を塗装で再現
・屋根上滑り止めを再現
・車番用転写シート付属
・新集電システム、銀色車輪採用
製品内容
【車両】
・E526-100
・E525
・E526-200
・E525-400
・E526-400
・E515
【付属品】
・転写シート:車番等
パッケージ形態
ブック型プラケース
JR東日本商品化許諾申請中
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/98320.html
 
 
●98663 JR E6系秋田新幹線(こまち・後期型)セット 23,400円+税
E6系は2013年3月より運転を開始、E5系と併結翌年にはE3系の置き換えが完了、最高速度320Km/hでの運転を行っています。
E6系には2016年夏ごろから、東北観光推進機構が制作した東北の観光を世界に向けてプロモーションするためのロゴマークが貼付けされています。
編成例
 ●「こまち」「やまびこ」「なすの」(2018年頃)*大曲〜秋田は逆向き
  ←東京・秋田  盛岡・大曲→
  (11)E611 0 + (12)E628 0(M)P + (13)E625 0 + (14)E625 100 + (15)E627 0 + (16)E629 0P + (17)E621 0
  ※E5系・H5系は、11号車のE611 0形と併結します。
  下線部:Set
特徴
・Z7編成以降のパンタグラフ横の遮音板形状を新規金型で再現
・新設された荷物置き場に併せて窓が塞がれた姿を塗装で再現
・可動幌装備
・可動式パンタグラフ装備
・フック・U字型通電カプラー採用
・E5系などと連結する側のE611の運転台側はTNカプラー装備
・屋根上滑り止めを再現
・11・17号車の側面に貼付けされている「TreasurelandTOHOKU-JAPAN」ロゴマークを印刷で再現
・可動幌はZ7編成以降で採用された黒い外幌を再現
・グリーンカーマーク、こまちロゴマークは印刷済
・車番用転写シート付属
・ヘッド・テールライトLED点灯、常点灯基板装備
・ヘッドライトは白色LED採用により実感的に点灯
・E611はヘッド・テールライトON-OFFスイッチ付
・フライホイール付動力搭載
・新集電システム、銀色車輪採用
製品内容
【車両】
・E611
・E628(M)
・E625
・E625-100
・E627
・E629
・E621
【付属品】
・転写シート:車番等
パッケージ形態
ブック型プラケース
JR東日本商品化許諾申請中
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/98663.html
 
 
●98664 JR 209-500系通勤電車(武蔵野線・更新車)セット 20,800円+税
209-500系は1998年に営業運転を開始した通勤電車です。
武蔵野線用の同系は2010年に京葉線用の10両編成を8両編成化し、帯色の変更が行われました。
2018年には機器更新が行われて、床下機器が変更になりました。
編成例
 ←東京・新習志野・南船橋  府中本町→
 (1)クハ209 500 + (2)モハ209 500(T)P + (3)モハ208 500 + (4)サハ209 500 + (5)サハ209 500 + (6)モハ209 500(M)P + (7)モハ208 500 + (8)クハ208 500
 下線部:Set
特徴
・モハ208・209の床下は機器更新された姿を再現
・強化型スカートを装着
・パンタグラフはシングアームパンタグラフを装着
・前面表示部は選択式でシール付属
・車番は選択式で転写シート付属
・ヘッド・テールライトは常点灯基板装備
・ヘッド・テールライトは白色LEDで点灯
・フライホイール付動力搭載
・新集電システム、黒色車輪採用
・先頭車運転台側のみダミーカプラー装備
製品内容
【車両】
・クハ209-500
・モハ209-500(T)
・モハ208-500
・サハ209-500
・サハ209-500
・モハ209-500(M)
・モハ208-500
・クハ208-500
【付属品】
・ランナーパーツ:避雷器
・ランナーパーツ:アンテナ、信号炎管
・シール:前面表示部
・転写シート:車番等
パッケージ形態
ブック型プラケース
JR東日本商品化許諾申請中
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/98664.html
 
 
●97903 限定品 JR EF81・24系(トワイライトエクスプレス・登場時)セット 28,000円+税
トワイライトエクスプレスは1989年7月21日に運転を開始しました。
当初は旅行会社による企画商品(ツアー)用の団体専用列車でした。
1989年12月からはスロネフ25が車端に1両連結の編成へと組替えられ、2編成体制となり臨時列車として一般販売が開始されました。
編成例
 ●特急「トワイライトエクスプレス」(1989年7月〜11月)*24系の青森〜五稜郭は逆向き。
  ←札幌  大阪→
  EF81 + カニ24 12 + (8)スロネフ25 501 + (7)オハ25 551 + (6)オハネ25 561 + (5)オハネ25 562 + (4)オハネフ25 501 + (3)オハ25 552 + (2)スシ24 2 + (1)スロネフ25 502
  ※けん引機は、大阪〜青森がEF81形、青森〜五稜郭がED79 0形、五稜郭〜札幌がDD51形重連でした。
  下線部:限定Set
特徴
・1989年7月21日運転開始当時の姿を再現
・車体中央の黄色帯に上下銀色の無い姿を再現
・スロネフ25が2両入った編成で、スロネフ25の車端部の窓に雨樋が無い姿を新規製作で再現
【客車】
・車番は国鉄書体で印刷済み
・オハネフ25とオハネ25は洗面所窓が有る姿を新規製作で再現
・ロゴマークとカニ24のJRマークは印刷済み
・カニ24とスシ24のHゴムはグレーで再現、他は黒色で再現
・スロネフ25-502はダミーカプラー装着済み
・オハネフ25とオハネ25は2段ベッドシート採用・ハシゴパーツ装着済み
・スロネフ25-502とカニ24は常点灯基板装備、トレインマーク印刷済み
・スロネフ25-501とオハネフ25は基板未装備、トレインマーク印刷無し
※スシ24-2は票サシなど一部実車と異なる箇所があります
【EF81】
・印刷済みヘッドマーク付属
・運転台側面に点検口が装備された姿を再現
・前面はスカートに緩衝装置が装備される前の姿で再現
・ナンバープレートは選択式(EF81-103・104・113・114)付属
・電暖表示灯は縦長の姿で再現
・フライホイール付動力採用
製品内容
【車両】
・EF81
・カニ24-12
・スロネフ25-501
・オハ25-551
・オハネ25-561
・オハネ25-562
・オハネフ25-501
・オハ25-552
・スシ24-2
・スロネフ25-502
【付属品】
・ランナーパーツ:ヘッドマーク(EF81用)
・ランナーパーツ:ナンバー・メーカーズプレート(EF81用)
・ランナーパーツ:ホイッスル、信号炎管(EF81用)
・ランナーパーツ:手すり(EF81用)
・パーツ:TNカプラー(EF81用)
・ランナーパーツ:アンテナ(客車用)
・パーツ:台車枠(客車用)
・パーツ:治具(客車用)
パッケージ形態
紙箱
JR西日本商品化許諾申請中
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/97903.html
 
 
●97909 限定品 JR E233-1000系通勤電車(京浜東北線・131編成)セット 25,500円+税
E233系は2006年に登場したJR東日本の第3世代直流電車で、通勤形と近郊形が存在し、各路線で活躍しています。
製造メーカーにより、屋根上のビード形状などが異なっています。
E233系1000番代は、京浜東北線の209系置換用として登場しました。
編成例
 ←大宮  大船→
 (10)クハE233 1031 + (9)サハE233 1231 + (8)モハE233 1431P + (7)モハE232 1431 + (6)サハE233 1031 + (5)モハE233 1031(M)P + (4)モハE232 1031 + (3)モハE233 1231P + (2)モハE232 1231 + (1)クハE232 1031
 下線部:限定Set
 ※走行させるレイアウトの条件に合わせて、3号車のモハE233 1231、または8号車のもはE233 1431に、別売の<0642>動力ユニットFW(DT71A付)を組み込んで、動力車化してください。
特徴
・E233系京浜東北線の10両フル編成セット
・131編成を再現し、車番を印刷済み
・屋根はビードが太目で、広いピッチで3群に分かれた姿を再現
・1・8号車のクーラーはAU726B、その他車両のクーラーはAU726Aを装着済み
・前面の運行番号シール付属
・号車番号は印刷済み
・ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・フライホイール付動力搭載
・新集電システム、黒色車輪採用
・特別イラストパッケージ採用
製品内容
【車両】
・クハE233-1031
・サハE233-1231
・モハE233-1431
・モハE232-1431
・サハE233-1031
・モハE233-1031(M)
・モハE232-1031
・モハE233-1231
・モハE232-1231
・クハE232-1031
【付属品】
・ランナーパーツ:アンテナ、信号炎管
・ランナーパーツ:避雷器
・ランナーパーツ:前面表示部
・シール:列車番号
・転写シート:グレードアップ用
パッケージ形態
紙箱
JR東日本商品化許諾申請中
【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/97909.html

スポンサー様

  • 172_fes

    Chiyoda00111

    1220_tetsudoumokeibaneer

    Tamtam_20150826

    171216ngi225hf431

    Bana20170502

    Bnrrd

情報提供販売店様

  • Gowasuya_2

    ごわす屋 様

    Image300150_6

    railways湘南ライン様
    railwaysしんゆり湘南ライン様


    Ngimiyako2_2

    鉄道模型カスタマイズショップ
    みやこ模型様


スポンサー様2

  • 172_fes

    Chiyoda00111

    1220_tetsudoumokeibaneer

    Tamtam_20150826

    171216ngi225hf431

    Bana20170502

    Bnrrd