« KATO 製品出荷のご案内(抜粋) | メイン | TOMIX 次週納品予定のご案内(抜粋) »

KATO 2018年7月分 ご注文書(抜粋)

KATOの「2018年7月分 ご注文書」が問屋様より販売店様に配布されています。
 
2018年7月分
新製品
●10-1506 287系 パンダくろしお「Smileアドベンチャートレイン」 6両セット 19,000円+税
●10-1501 189系 「あさま」 小窓編成 5両基本セット 16,400円+税
●10-1502 189系 「あさま」 小窓編成 4両増結セット 10,100円+税
●3085-1 EF63 1次形 JR仕様 7,800円+税
●10-1497 キハ81系「いなほ・つばさ」 7両基本セット 19,400円+税
●6068 キハ82 900 3,200円+税
●6064-2 キハ80 初期形 1,700円+税

再生産
●3079-1 EF71 1次形 7,200円+税
新製品
●1-316 (HO)EF65 2000番台 後期形 JR貨物2次更新色 20,000円+税
●1-825 (HO)タキ43000 シルバー(タキ143645) 4,000円+税
●23-575 ISOタンクコンテナ 日陸 2個入 2,000円+税
●22-241-2 サウンドカード<485系> 2,900円+税
●22-251-1 サウンドカード<氷河特急(Ge4/4-III)> 2,800円+税

再生産
●10-896 923形3000番台<ドクターイエロー> 3両基本セット 11,500円+税
●10-897 923形3000番台<ドクターイエロー> 4両増結セット 9,600円+税
●10-510 500系新幹線「のぞみ」 4両基本セット 11,200円+税
●10-511 500系新幹線「のぞみ」 4両増結セット 8,000円+税
●10-512 500系新幹線「のぞみ」 8両増結セット 13,000円+税
●1-816 (HO)タキ43000 ブルー 3,500円+税
●1-817 (HO)タキ43000 黒 3,600円+税 (価格変更)

 
【情報源:下記情報提供販売店様FAX】
(FAX情報提供:「ごわす屋」様、「railways湘南ライン/railwaysしんゆり湘南ライン」様、「みやこ模型」様)
 
以下メーカー詳細説明です。

 
新製品 N-GAUGE
7月期発売
●3085-1 EF63 1次形 JR仕様 7,800円+税
JR東日本商品化許諾申請中
 
■商品紹介
●ご好評頂いている碓氷峠シリーズに、EF63 1次形のJR仕様が満を持しての登場です。
昨年秋から碓氷峠廃線20周年と称して末期の碓氷峠で活躍した名車たちを製品化してきましたが、新たなラインナップとして、C´無線アンテナを取り付けたEF63 1次形を製品化いたします。
最大66.7‰の勾配区間である信越本線横川~軽井沢間を粘着運転で走破するために新製されたEF63は、急勾配専用機としての高い粘着性能、ブレーキ性能を備え、また連結する各車両に対応した多数のジャンパ栓や双頭連結器を装備した、他の機関車にはない厳めしい雰囲気が魅力です。1次形の11号機、12号機は現在も「碓氷峠文化むら」で動態保存されています。
 
◆同時発売予定の189系「あさま」小窓編成や、好評発売中の碓氷峠シリーズ各製品と連結して、最後の活躍を見せた碓氷峠の賑わいをNゲージの世界でお楽しみいただけます。
 
■製品特長
(1)平成9年(1997)の12号機がプロトタイプ。JR仕様ならではのヘッドマークステーとC´無線アンテナがある形態を再現。
(2)C´無線アンテナは、取付基部のボディ色(クリーム色)を再現。
(3)2エンド側の双頭式カプラーの密連部は、フック無しのタイプを採用。よりリアリティのある形態で再現。
(4)前面手スリ、解放テコ、信号炎管、ホイッスル、アンテナ取付済。
(5)Hゴム/ライトグレー、解放テコ/黒、ホイッスル/金で構成。
(6)ヘッドライト点灯、テールライト点灯(消灯スイッチ付)。ライトユニットのLEDは電球色。
(7)トラクションタイヤは従来通り協調運転を考慮し、設定なし。
(8)選択式ナンバープレート:「3」「8」「11」「12」 選択式メーカーズプレート:「東芝」「三菱電機+新三菱重工」
 
■EF63 1次形 JR仕様 編成例
 EF63 1次 + EF63 2次 + 189系「あさま」小窓編成or189系<グレードアップあさま>
 EF63 1次 + EF63 1次 + 489系白山色
 EF63 1次 + EF63 1次 + 115系1000番台長野色(3両or6両)
 EF63 1次 + EF63 1次 + EF62 + 急行「能登」JR仕様/12系客車 JR東日本仕様
 碓氷峠下り 最終列車 あさま37号
 EF63 2次(茶) + EF63 1次 + 189系「あさま」小窓編成
  ※下り最終列車の牽引機は、EF63 2次形(茶)が19号機、EF63 1次形が3号機で運行されました。
   本製品のほかに、10-1430 EF63 2次形・3次形 JR仕様(茶)2両セット【特別企画品】、10-1501/1502 189系「あさま」小窓編成を組み合わせて、再現が可能です。
 
■セット内容
 単品
  EF63 1次形 JR仕様
 
■パッケージ/サイズ
 クリアケース401
 
■付属品
 EF63 1次形 JR仕様
  ナンバープレート
  メーカーズプレート
  交換用アーノルドカプラー
  交換用ナックルカプラー
 
■関連オプションパーツ
 -
 
■関連製品
 10-1501/1502 189系「あさま」小窓編成 10-1202/1203 489系 白山色 10-557 12系 JR東日本仕様
 10-1490 14系700番台<スーパーエクスプレスレインボー>
 
 
 
新製品 N-GAUGE
7月期発売
●10-1501 189系 「あさま」 小窓編成 5両基本セット 16,400円+税
●10-1502 189系 「あさま」 小窓編成 4両増結セット 10,100円+税
JR東日本商品化許諾申請中
 
■商品紹介
●昨年の碓氷峠シリーズの展開を補完する碓氷峠末期に「グレードアップあさま」と並んで活躍した189系「あさま」小窓編成を製品化いたします。
189系は183系1000番台に横軽協調運転機構を付加して昭和50年(1975)に登場し、特急「あさま」に投入されて信越本線の輸送改善に大きく貢献しました。昨年発売した189系はグレードアップされたものですが、従来編成にも平成4年(1992)以降アコモ改良と塗色変更が行われ小窓編成と呼ばれています。
 
◆製品化するN105編成は下り最終「あさま37号」に使用された編成で、同時発売の<EF63 1次形 JR仕様>で青の3号機、<EF63 2次形・3次形 JR仕様(茶)>から2次形茶の19号機にホビーセンターカトー扱い<ヘッドマークセット 碓氷峠1997>を組み合わせれば平成9年(1997)9月30日の碓氷峠最終下り列車が再現できます。碓氷峠に憧れを持つ方や当時を知っている方に碓氷峠の最終章をお楽しみいただけます。
 
■製品特長
(1)平成7~9年(1995~1997)ごろのパンタグラフ1基撤去後の長野総合車両所所属のN105編成がプロトタイプ。
(2)側面サボ受撤去後、モハ188の第2パンタ撤去、形式表記は切り文字のままを再現。
(3)クハ189-500先頭部には密連形カプラー(フック無)を装備。クハ189-0先頭部はカプラーカバー表現のダミーカプラーを装備。
(4)車体塗色はあさまグレーにアイビーグリーン、フォギーグレーの帯。屋根色ねずみ1号、クーラーなどは灰色1号で再現。
(5)<グレードアップあさま>には含まれていない、クハ189-500、サロ189の各小窓車を新たにラインナップ。
(6)動力は定評あるフライホイール付動力ユニットを搭載。安定した走行が可能。
(7)各先頭車はヘッド/テールライト・トレインマーク点灯(消灯スイッチ無)、ライトユニットには白色LEDを採用。
(8)方向幕は「特急 Lあさま 長野」を印刷済。号車・座席表示・禁煙マーク印刷済。保安装置標記はP/SN。Hゴムは黒。
(9)変換式トレインマークは「あさま」「マリンシティーあさま」「そよかぜ」「急行 妙高」を用意。
(10)行先表示シール付属。側面方向幕:「特急 あさま 上野」「特急 あさま 横浜」「特急 そよかぜ 上野」「急行 妙高 妙高高原」「急行 妙高 上野」
(11)5両基本セットのブックケースには、EF63が2両収納可能。
 
■189系「あさま」小窓編成 セット構成
 ←上野・横浜  上田・長野・妙高高原→
 1号車 クハ189 506 + 2号車 モハ188 6P + 3号車 モハ189 6 + 4号車 サロ189 1107 + 5号車 モハ188 26P + 6号車 モハ189 26 -M- + 7号車 モハ188 27P + 8号車 モハ189 27 + 9号車 クハ189 7
 太字下線部:5両基本セット
 下線部:4両増結セット
 
■編成例
 ←上野・横浜  上田・長野・妙高高原→
 ・あさま、マリンシティーあさま、そよかぜ、妙高
  EF63 + EF63 + 189系「あさま」小窓編成
  ※EF63は横川〜軽井沢間連結
 ・碓氷峠下り最終列車 あさま37号
  EF63 19(茶) + EF63 3(青) + 189系「あさま」小窓編成
  ※EF63は横川〜軽井沢間連結
  下り最終列車の牽引機は、以下の製品で再現できます。
  EF63 19(茶):10-1430 EF63 2次形・3次形 JR仕様(茶)<特別企画品>
  EF63 3(青):3085-1 EF63 1次形 JR仕様
 
■セット内容
 5両基本セット
  クハ189 506
  サロ189 1107
  モハ188 26
  モハ189 26 -M-
  クハ189 7
 4両増結セット
  モハ188 6
  モハ189 6
  モハ188 27
  モハ189 27
 
■パッケージ/サイズ
 5両基本セット
  7両ブックケース
 4両増結セット
  6両ブックケース
 
■付属品
 5両基本セット
  変換マーク用ドライバー
  行先表示シール
 4両増結セット
  行先表示シール
 
■関連オプションパーツ
 11-211/212 LED室内灯クリア/(6両分入)
 
■関連製品
 3085-1 EF63 1次形 JR仕様 10-1202/1203 489系 白山色 10-1438 14系 急行「能登」
 
 
 
新製品 N-GAUGE
7月期発売
●10-1497 キハ81系「いなほ・つばさ」 7両基本セット 19,400円+税
●6068 キハ82 900 3,200円+税
●6064-2 キハ80 初期形 1,700円+税
 
■商品紹介
●「いなほ」や「つばさ」、「ひたち」として国鉄時代に活躍したキハ81系特急形気動車を製品化いたします。
昭和35年(1960)に初の気動車特急として特急「はつかり」でデビューしたキハ81系は、昭和43年(1972)から活躍の場を「つばさ」に移し、翌昭和44年(1969)10月からは新設された「いなほ」に転用されました。運用の間合いを活用して運転された「ひたち」は、この時初めて登場し、現在も名前を受け継いだE657系が特急として活躍しています。
 
◆セットと単品製品を組み合わせることで、「いなほ」「ひたち」として活躍していたキハ81系の様々な編成を再現可能です。また、同時再生産予定の3079-1 EF71 1次形と併結可能な先頭車用カプラーがセットに付属しています。往年の板谷峠で見られた「つばさ」をお楽しみいただけます。
また、2018年KATOカタログで発表したHOゲージのキハ81・キハ82 900も現在鋭意開発中です。今後の展開にご期待ください。
 
■製品特長
(1)キハ81系の中間期に活躍した「いなほ」「つばさ」「ひたち」の頃の姿で製品化。
(2)キハ81は先頭部の特徴あるボンネット形状や、乗務員扉横のタブレットキャッチャーの無い姿を再現。先頭車先頭部の連結器はダミーカプラー標準装備。
(3)キハ81先頭部連結用のナックルカプラー付属。
(4)キハ81のセットの中間車キハ80、キロ80はカバーの無いエンジン、車端部床下に取り付けられたタンクを再現。
(5)キロ80はグリーンマークのある昭和44年(1969)5月以降の姿で再現。
(6)屋根上には常磐無線アンテナを装備。
(7)キハ81のセットの食堂車キシ80 900と単品のキハ82 900は初の製品化。キシ80 900の床下に備わる走行用エンジンや、キハ82 900の元グリーン車ならではの窓配置などを的確に再現。
(8)各車ヘッド/テールライト、愛称表示点灯。単品のキハ82 900は消灯スイッチ付。
(9)台車は全てDT31を装備。
(10)イスの色はグリーン車が茶色、普通車は青色、食堂車はアイボリーで表現。
(11)愛称サボ、号車サボ、行先表示を収録したシールが付属。
(12)セットのヘッドマークは「いなほ」を取付済。交換用として「つばさ」「ひたち」が付属。
(13)単品のキハ82 900は無地の愛称表示を取付済。交換用として「北斗」「オホーツク」及び、両列車用のサボシールが付属。
(14)フライホイール・サスペンション機構搭載動力ユニットで、スムーズな走行性を実現。
(15)中間連結部はボディーマウント式のKATOカプラー伸縮密自連形標準装備。
(16)DCCフレンドリー
 
■キハ81系「いなほ・つばさ」/キハ82 900/キハ80 初期形 セット構成
 ←上野  秋田・平→
 7両基本セット
  1号車 キハ81 6 + 4号車 キロ80 4 + 5号車 キシ80 901 + 6号車 キハ80 12 -M- + 7号車 キハ80 9 + 8号車 キハ80 8 + 9号車 キハ81 2
 単品
  3号車 キハ82 901
 単品
  2号車 キハ80 2
 
■キハ81系「いなほ・つばさ」/キハ82 900/キハ80 初期形 編成例
 「いなほ」「ひたち」(昭和47年3月〜昭和47年9月)
  キハ81 6 + キハ80 2 + キハ82 901 + キロ80 4 + キシ80 901 + キハ80 12 -M- + キハ80 9 + キハ80 8 + キハ81 2
 「つばさ」※昭和44年10月〜昭和47年2月までは「いなほ」「ひたち」も同編成。
  キハ81 6 + キロ80 4 + キシ80 901 + キハ80 12 -M- + キハ80 9 + キハ80 8 + キハ81 2
 「つばさ」福島〜山形間
  EF71 1次形 + キハ81 6 + キロ80 4 + キシ80 901 + キハ80 12 -M- + キハ80 9 + キハ80 8 + キハ81 2
 
■セット内容
 7両基本セット
  キハ81 6
  キロ80 4
  キシ80 901
  キハ80 12 -M-
  キハ80 9
  キハ80 8
  キハ81 2
 単品
  キハ82 901
  キハ80 2
 
■パッケージ/サイズ
 7両基本セット
  7両ブックケース
 キハ82 900
  クリアケース 401
 キハ80
  クリアケース 401
 
■付属品
 7両基本セット
  行先表示シール
  連結用ナックルカプラー
  ヘッドマーク
 キハ82 901
  前面ホロ
  ヘッドマーク
  屋根上機器
  胴受
  行先表示シール
 キハ80 2
  -
 
■関連オプションパーツ
 11-211/212 LED室内灯クリア/(6両分入)
 
■関連製品
 3079-1 EF71 1次形 10-1479 485系200番台 6両基本セット 10-879/880 10系寝台急行「津軽」
 5142 オハ50 5143 オハフ50
 
 
 
再生産品 N-GAUGE
7月期発売
●3079-1 EF71 1次形 7,200円+税
JR東日本商品化許諾済
 
■商品紹介
●奥羽本線は東北本線から分岐し福島を出発すると、すぐさま東北地方の脊梁(せきりょう)山脈である奥羽山脈を越える第一関門の板谷(いたや)峠に挑みます。33.3‰という急勾配が連続する板谷峠は、国内屈指の勾配線区でした。
昭和43年(1968)に東北本線の全線交流電化に合わせ、米沢までの板谷峠の区間も、直流から交流へと切替えられ、同時に複線化されて輸送上の難所となっていた板谷峠は大きく改善されることとなり、奥羽本線の専用機として登場したのがEF71です。
EF71は、交流電機では珍しいF形で登場し、初の電気回生ブレーキを装備、板谷峠専用機としての仕様を備えて、客貨両用の万能機として活躍しました。
 
◆今回の製品は再生産になります。仕様については従来製品からの変更はありません。
 
◆キハ81と合わせて、板谷峠で活躍した編成を再現可能です。
 
■製品特長
(1)1次形をプロトタイプに、国鉄時代に活躍した内バメ式テールライトに前面通風口が付いた姿を再現。
(2)デフロスター装備の前面窓、乗務員側窓はオリジナル。ツララによる前面窓破損防止のプロテクター取付ボルトを表現。
(3)勾配区間に備え、交流機には珍しい6軸駆動F形で交流回生ブレーキを装備したEF71。その特徴を余すところ無く再現。
(4)前面窓ガラス/側面明かり窓のHゴムはグレーで設定。交流機特有の屋根上碍子は白で再現。
(5)前面手すり・開放てこは別パーツで再現。
(6)幅広で薄板の前面ステップ、重連仕様の特徴である賑やかなスカート周りのジャンパ栓も、実感的に別パーツで付属。
(7)定評ある、フライホイール搭載の動力ユニットで、安定した走行と勾配線区専用機に相応しい牽引力を発揮。
(8)クイックヘッドマークは「あけぼの」「快速 かもしか」の2種が付属。
(9)アーノルドカプラー標準装備。交換用にKATOナックルカプラーが付属。キハ81系との連結運転にも対応。
(10)交換用ナンバープレート:「1」「4」「7」「9」 メーカーズプレート:「東芝」「三菱」
 
■EF71 1次形 編成例
 「つばさ」福島〜山形間
  EF71 + キハ81系「つばさ」
  EF71 + キハ181系「つばさ」
 貨物列車の例
  EF71 + EF71 + ワム80000 + ワム70000 + ワム70000 + トラ45000 + ワム90000 + コキ5500 + コキ5500 + ワム90000 + ワラ1 + ワラ1 + トラ45000 + ワム80000 + ヨ5000
 客車列車の例
  EF71 + オハフ50 + オハ50 + オハ50 + オハ50 + オハ50 + オハフ50
  EF71 + オハフ33 茶 一般形 + オハ35 ブルー 一般形 + オハ47 ブルー + スハフ42 ブルー
 
■セット内容
 単品
  EF71
 
■パッケージ/サイズ
 EF71
  クリアケース 401
 
■付属品
 EF71 1次形
  選択式ナンバープレート
  メーカーズプレート
  クイックヘッドマーク
  ジャンパ栓
  KATOナックルカプラー
 
■関連オプションパーツ
 -
 
■関連製品
 10-1497 キハ81系「いなほ・つばさ」 6068 キハ82 900 6064-2 キハ80 初期形 10-879/880 10系寝台急行「津軽」
 8027-1 トラ45000(積荷付) 8025 ワラ1 8039 ワム80000 8029 ワム90000 8059-2 コキ5500 6000形コンテナ積載
 5142 オハ50 5143 オハフ50
 
 
 
新製品 N-GAUGE HO-GAUGE
7月期発売
●22-251-1 サウンドカード<氷河特急(Ge4/4-III)> 2,800円+税
(C)Rhätishe Bahn
 
■商品紹介
●KATOの氷河特急シリーズをさらに楽しめる、サウンドカード<氷河特急(Ge4/4-III)>を製品化いたします。
スイスを代表する国際的な観光列車「氷河特急」の牽引機であるGe4/4-IIIの電気機関車のサウンドをお楽しみいただけるだけではなく、「氷河特急」を実際に乗車しているかのような演出を楽しめる、ほかとは一味違うサウンドカードです。
 
◆Ge4/4-IIIの走行音のほかに、牽引されている客車のドアの開閉音や、車内放送、またマッターホルン・ゴッタルト鉄道の路線で見られる、勾配走行の際にラックレールを噛ませながら走っていく独特の走行音をお楽しみいただけます。
是非、氷河特急の車両と合わせて、運転をお楽しみください。
◆本製品は「コントローラー優先モード」書き込み機能を搭載した「サウンド同調」タイプのサウンドカードです。
車両走行を走行音に同調したリアルな加速・減速感で楽しめるほか、パワーパックの操作に同調した運転容易なサウンド走行も実現。これからサウンドボックスを用いた運転を始める方でも、お手軽にお楽しみいただけます。
 
※Ge4/4-IIIをサウンドボックスでお楽しみの際は、「22-092 電気ノイズキャンセラー」が必要になります。
 
■製品特長
(1)KATOではお馴染みの、氷河特急シリーズで楽しめるサウンドカードをラインナップ。
(2)Ge4/4-IIIの異国情緒あふれるホイッスル音や走行音のほかに、連結時の作業音/切り離し音や急カーブ走行時のスキール音、トンネル通過音、そしてラックレール区間の走行音など、ギミックに溢れたサウンドを収録。
(3)機関車に牽引されている客車のドア開閉音、車内放送音も収録。
(4)サウンド同調タイプのカードは、走行音に追従した加速/減速を、実車を運転するような感覚で楽しめます。
(5)コントローラー優先モードでは、コントローラー同調タイプのサウンドカード同様にパワーパックの操作に合わせて車両が走行します。これからサウンドカードをはじめる方にもお手軽にお楽しみいただけます。
(6)本製品をサウンドボックスに読み込ませることで、既存製品のサウンド同調タイプのカードでも「コントローラー優先モード」での運転が可能になります。
(7)パッケージ内に、サウンドボックス対応の「ファンクションラベル」を同封。
 
■収録内容
◆自動で発声する環境音
 モーター音・転動音・ブロワー
◆カードを挿入し、イジェクトボタンを押した際に発声する音
 パンタグラフ上昇
◆ファンクションボタンで再現する作業音・動作音
 警笛 ホイッスル(シングル) ホイッスル(ダブル) ホイッスル(他形式) お好みにより、3種類の音色を選択可能。ホイッスル(他形式)は、氷河特急と同じ路線を走る他形式の機関車のホイッスルです。
 ドア/放送 走行中 ボタンを押すごとに交互に、「氷河特急」/「次駅到着」を案内する車内放送が流れます。
       停車中のみ ボタンを押すごとに交互に、引戸の開閉音が鳴ります。連打も可能。
 制動/カーブ 走行中 スキール音(車輪とレールの摺動音)が鳴り、もう一度押すか停車すると鳴り終わります。
        停車中 発車時の制動緩解音(エアー排出音)が一度鳴ります。
 連結/トンネル 走行中 トンネル通過音が鳴り、もう一度押すか停車すると鳴り終わります。
         停車中 ボタンを押すごとに交互に、「連結作業音」/「切り離し作業音」が鳴ります。
 情行 走行中 モーター音が止まり、車両の走行速度を保ちます。もう一度押すか、速度を変えると走行音が力行(または減速)に戻ります。
    停車中 停車位置修正・・・ボタンを押しながら車両を走行させると、走行がコントローラーに同調します。
 パンタグラフ/ラックレール 走行中 ラックレール区間の走行音が鳴り、もう一度押すと通常の走行音に戻ります。
               停車中 パンタグラフ下降音が鳴ると共に、ブロワー音が停止します。もう一度押すとパンタグラフ上昇音と共に、ブロワー音が再始動します。←客車との連結/切り離し作業中はパンタグラフを降ろしましょう!
◆緊急停車機能を搭載。走行中にイジェクトボタンを押すと、即時に停車します。
◆コントローラー優先モードを搭載。F3とF5を同時に長押しすることでモードが切り替わります。
 
■セット内容
 単品
  サウンドカード本体
 
■パッケージ/サイズ
 単品
  ブリスター
 
■付属品
 -
 
■関連オプションパーツ
 -
 
■関連製品
 22-101 サウンドボックス 10-1145/1146 アルプスの氷河特急 22-092 電気ノイズキャンセラー
 
 
 
新製品 N-GAUGE HO-GAUGE
7月期発売
●22-241-2 サウンドカード<485系> 2,900円+税
JR東日本商品化許諾申請中 JR西日本商品化許諾申請中 JR九州承認申請中
 
■商品紹介
●国鉄時代を代表する特急電車、485系のサウンドカードを製品化いたします。
国鉄が昭和43年(1968)から製造し、それ以前の481系・483系と合わせて最盛期には北海道・本州・九州の交流電化区間、もしくは交直両用の性能を活かせる全国各地の幹線で活躍した特急電車です。
◆モーター音は勿論、抵抗器ブロワ音やATS-S警告音などと合わせて、国鉄のテイストを楽しめるサウンドカードです。特急電車ならではの疾走感を味わうことができます。
また、デッドセクションを通過する際の「交直切換」の一連の動作音も再現しており、他のカードとは異なる走行中の演出をお楽しみいただけます。
485系の姉妹形式である489系や、同じモーターを搭載し、歯数比が同じ183系、189系、583系などへも使用できます。
◆本製品は「コントローラー優先モード」書き込み機能を搭載した「サウンド同調」タイプのサウンドカードです。
車両走行を走行音に同調したリアルな加速・減速感で楽しめるほか、パワーパックの操作に同調した運転容易なサウンド走行も実現。これからサウンドボックスを用いた運転を始める方でも、お手軽にお楽しみいただけます。
 
■製品特長
(1)国鉄形特急電車のサウンドカードをラインナップ。485系のほか、489系、183系、189系、583系などにも使用できます。
(2)国鉄標準形MT54モーターの響きと共に、特急形の静粛な雰囲気とスピード感を合わせて再現。抵抗器ブロワやATS-S警告音等と合わせて、国鉄時代の車両の雰囲気を演出。
(3)警笛は通常のものと、高速走行時の反響音を含むバリエーションを収録。お好みの警笛をお楽しみいただけます。
(4)デッドセクション通過を演出する「交直切替(車上切換式、空気遮断機動作音~停電~復帰の一連の動作)」を再現。
(5)サウンド同調タイプのカードは、走行音に追従した加速/減速を、実車を運転するような感覚で楽しめます。
(6)コントローラー優先モードでは、コントローラー同調タイプのサウンドカード同様にパワーパックの操作に合わせて車両が走行します。これからサウンドカードをはじめる方にもお手軽にお楽しみいただけます。
(7)本製品をサウンドボックスに読み込ませることで、既存製品のサウンド同調タイプのカードでも「コントローラー優先モード」での運転が可能になります。
(8)パッケージ内に、サウンドボックス対応の「ファンクションラベル」を同封。
 
■収録内容
◆自動で発声する環境音
 モーター音・転動音(フラット音含む)・断流器・MG・コンプレッサー・ブレーキスキール
◆カードを挿入し、イジェクトボタンを押した際に発声する音
 ブロワー起動
◆ファンクションボタンで再現する作業音・動作音
 警笛 空笛・ホイッスル 空笛+ホイッスル(反響音) 空笛(個体差・他形式用) お好みにより、3種類の音色を選択可能。
 ドア 停車中のみ ボタンを押すごとに交互に、引戸の開閉音が鳴ります。連打も可能。
 制動 走行中 操作音(エア)音が1回鳴ります。
    停車中 発車時の制動緩解音(エアー排出音)が一度鳴ります。
 ATS ATS-Sのベル音・チャイム音が鳴ります。もう一度押すと鳴り終わります。
 情行 走行中 モーター音が止まり、車両の走行速度を保ちます。もう一度押すか、速度を変えると走行音が力行(または減速)に戻ります。
    停車中 停車位置修正・・・ボタンを押しながら車両を走行させると、走行がコントローラーに同調します。
 交直切替 ボタンを押すと、遮断器の動作音と共に停電音、そして通電音が順次鳴ります。←走行中は、惰行状態で使用するとリアル!
◆緊急停車機能を搭載。走行中にイジェクトボタンを押すと、即時に停車します。
◆コントローラー優先モードを搭載。F3とF5を同時に長押しすることでモードが切り替わります。
 
■セット内容
 単品
  サウンドカード本体
 
■パッケージ/サイズ
 単品
  ブリスター
 
■付属品
 -
 
■関連オプションパーツ
 -
 
■関連製品
 10-1479 485系200番台 10-1480 特急「みどり」 10-1501/1502 189系「あさま」 小窓編成 10-1202/1203 489系 白山色
 ほか、485系、183系、189系、489系、583系各製品
 
 
 
新製品 HO-GAUGE
7月期発売
●1-316 EF65 2000番台 後期形 JR貨物2次更新色 20,000円+税
JR貨物承認申請中
 
■商品紹介
●JR貨物で活躍しているEF65 2000番台の、赤いナンバープレートが特徴的な2次更新色の機関車を現在の仕様で製品化いたします。
JR貨物新鶴見機関区に所属し、貨物輸送用の牽引機として活躍するEF65 2000番台は、平成24年(2012)の省令改正に伴い旅客社所属の1000番台と区別するため、元の番号に+1000とする改番を受けたグループです。
今回製品化する2次更新色は、現在活躍するJR貨物更新色のEF65 2000番台の中で空気ブレーキの常用減圧促進改造を受けた車両で、ナンバープレートが赤く塗装されているのが特徴です。
 
◆現在の貨物列車をお楽しみいただく際に欠かせない車両です。牽引する貨車は3-512 コキ104や、同時発売予定のタキ43000各色がおすすめです。
 
■製品特長
(1)EF65-1000後期形JR貨物色(特別保全延命工事車両)に施された、ブルー+ホワイトの車体塗色、イエローに塗装された側面のドアなどを美しく忠実に再現。
(2)プロトタイプは、現役のJR貨物所属EF65 1000番台のうち、パンタグラフがPS22となった、1056号機以降の後期形を選定。
(3)後期形の特徴である屋根上の足の長い踏み板をシースルー化し、リアルに再現。避雷器はLA17形。
(4)屋根上のGPSアンテナは装備した姿と撤去した姿のいずれも再現可能。
(5)スノープロウは着脱可能。車上子保護板のみの姿も再現可能。
(6)車体表記を現行の仕様でリアルかつ忠実に再現。
(7)各窓部のHゴムは黒色で再現。
(8)運転台を表現(操作盤・イス・室内シースルー化)。
(9)小穴ボックス輪芯付き動輪を再現。
(10)ヘッドライト 点灯。
(11)フライホイール搭載動力ユニット採用で、安定した走りを実現。
(12)DCC対応(NMRA8ピンプラグ付デコーダー搭載用)
(13)ナンバープレート:「2080」「2083」「2086」「2090」 メーカーズプレート:「川重・富士」
 
■EF65 2000番台 後期形 JR貨物2次更新色 編成例
 貨物列車の例
  EF65 2000 + タキ43000 + タキ143645 + タキ43000 + タキ43000 + タキ43000 + タキ43000
  EF65 2000 + コキ104 + コキ104 + コキ104 + コキ104 + コキ104 + コキ104 + コキ104 + コキ104 + コキ104 + コキ104
 
■セット内容
 単品
  EF65 2000
 
■パッケージ/サイズ
 EF65 2000
  HO 1両 紙箱
 
■付属品
 EF65 2000
  GPSアンテナ
  メーカーズプレート
  ワイパー
  レタリングシート
  手すり
  屋根上機器
 
■関連オプションパーツ
 -
 
■関連製品
 1-825 タキ43000 シルバー (タキ143645) 1-816 タキ43000 ブルー 1-817 タキ43000 黒
 3-512 コキ104 19Dコンテナ積載
 
 
 
新製品 HO-GAUGE
7月期発売
●1-825 タキ43000 シルバー(タキ143645) 4,000円+税
日本石油輸送商品化許諾申請中
 
■商品紹介
●タキ43000の中で唯一、車体が銀色をまとうタキ143645を製品化いたします。
タキ143645は、昭和62年(1987)に日本車両製造で1両のみ製造された、タンク体がステンレス製のタキ43000です。
銀色のタンク体のほか、台車も他のタキ43000とは異なり、TR215F台車を装備しているのもこの貨車の大きな特徴です。
現在も他のタキ43000と共に、関東を中心に活躍を続けています。
 
◆タキ43000の編成の中に組み込むと、一両だけ異なる銀色の車体が編成の良いアクセントになります。1-816 タキ43000 ブルー、1-817 タキ43000 黒も同時に再生産を予定しているので、組み合わせてタンク貨車の編成を再現できます。
同時発売予定の1-316 EF65 2000番台 後期形 JR貨物2次更新色が牽引機としておすすめです。
 
■製品特長
(1)特徴的なにぶい輝きを放つステンレス鋼のタンク体の色合いを的確に再現。
(2)プラ成形技術を活かした異径胴の車体形状を忠実に再現。
(3)他のタキ43000の台車であるTR214に対し、軸距離が長くなっているTR215F台車を新規パーツで再現。コロ軸受部が回転し、リアルさを追求。
(4)タンク受、フレーム、台車は実車同様に黒色で再現。
(5)社紋、社名「日本石油輸送株式会社」、車番「タキ143645」(黒文字)、荷重、換算、常備駅「浜五井駅」(黒文字)、形式表記は全て印刷済。
(6)検査表記、周期表記はレタリングシートで再現。収録内容:「35-1-12/30-1-12 川崎車」「29-12-18/24-9-19 川崎車」「A1」
(7)レタリングシートには常備駅「浜五井駅」(白抜き文字)のバリエーションを収録。お好みの姿で再現可能。
 
■タキ43000 シルバー(タキ143645) 編成例
 牽引機 + タキ43000 + タキ143645 + タキ43000 + タキ43000 + タキ43000 + タキ43000
  ※牽引機の例:EF65 2000 JR貨物色、DE10 JR貨物更新色など
 
■セット内容
 単品
  タキ143645
 
■パッケージ/サイズ
 タキ143645
  HO 1両 紙箱
 
■付属品
 タキ143645
  レタリングシート
  ハンドブレーキ
  ブレーキシリンダー
  鏡板手すり
  吐出管
  コロ軸
  エアータンク
  会社マークシール
 
■関連オプションパーツ
 -
 
■関連製品
 1-816 タキ43000 ブルー 1-817 タキ43000 黒 1-316 EF65 2000番台 後期形 JR貨物2次更新色
 1-705 DE10 JR貨物更新色
 
 
 
再生産品 HO-GAUGE
7月期発売
●1-816 タキ43000 ブルー 3,500円+税
●1-817 タキ43000 黒 3,600円+税
日本オイルターミナル株式会社 商標使用許諾済 日本石油輸送 商品化許諾済
 
■商品紹介
●昭和59年(1984)2月の貨物輸送改革以降の貨物列車は、それまでの雑多な編成を組んでいた黒貨車とは違い、コンテナ列車やタンカー列車など同形式を数両連結して運用されています。その時代のタンカー列車の主役はタキ43000で、昭和42年(1967)に登場以来500両以上が製造され、ガソリン専用タンク貨車として全国各地で活躍しています。
当初はブルーに塗装された日本オイルターミナルの専用車のみでしたが、昭和49年(1974)には黒塗りの日本石油輸送所属車も登場しました。
 
◆同時発売予定の1-825 タキ43000 シルバー(タキ143645)と合わせて、タンクを連ねた貨物列車をお楽しみいただけます。
 
◆今回の製品は再生産になります。
仕様については従来製品からの変更はありません。
 
■製品特長
(1)プラ成形技術を活かした異径胴の車体形状を忠実に再現。
(2)手すり・台枠・配管などの車体各所のディテールを忠実に再現。
(3)立体感あふれる台車と、「軸端が実際に回転するコロ軸受部」の再現により、リアルな走行シーンを再現。
(4)鮮やかな各石油輸送会社の車体塗色を美しく再現。
(5)車体ナンバー、所属表記、検査表記は、転写シールで選択可能。その他石油輸送会社マークや車体表記は、印刷でリアルに再現。
(6)実感的な黒色車輪を採用。
 
■タキ43000 編成例
 機関車 + タキ43000 + タキ43000 + タキ43000 + タキ43000 + タキ43000 + タキ43000 + タキ43000 + タキ43000 + タキ43000 + タキ43000
 ※様々な編成でお楽しみいただけます。
 
■セット内容
 単品
  タキ43000 ブルー
  タキ43000 黒
 
■パッケージ/サイズ
 タキ43000 ブルー
  HO 1両 紙箱
 タキ43000 黒
  HO 1両 紙箱
 
■付属品
 タキ43000 ブルー/黒
  鏡板手すり
  ハンドブレーキ
  ブレーキシリンダー
  エアータンク
  吐出管
  コロ軸
  レタリングシート
  会社マークシール
 
■関連オプションパーツ
 -
 
■関連製品
 1-705 DE10 JR貨物更新色 1-825 タキ43000 シルバー(タキ143645) 1-805 ワム80000
 1-316 EF65 2000番台 後期形 JR貨物2次更新色
 
 
 
再生産品 N-GAUGE
7月期発売
●10-896 923形3000番台<ドクターイエロー> 3両基本セット 11,500円+税
●10-897 923形3000番台<ドクターイエロー> 4両増結セット 9,600円+税
JR西日本商品化許諾済
 
■商品紹介
● 700系新幹線をベースに登場したのが923形3000番台(T5編成)は、平成17年(2005)に製造されました。月に数度、東京-博多間を往復し、電気設備や軌道設備などを検測し安全輸送を支えています。
通称「ドクターイエロー」と呼ばれている923形3000番台 T5編成は、"東海道・山陽新幹線で、線路の保守を行なう基礎データを収集している新幹線電気軌道総合試験車で、黄色い新幹線として人気です。
 
◆架線検測用パンタグラフを照らす「検測用投光器」を点灯式で再現し、リアルかつ的確に製品化いたします。
 
◆今回の製品は再生産になります。
仕様については従来製品からの変更はありません。
 
■製品特長
(1)JR西日本所属の3000番台T5編成をプロトタイプに、JR東海所属のT4編成とは異なる細部(7号車アンテナの有無、ジャッキアップ用穴、屋根色等)を、 的確に捉えて製品化。
(2)特徴ある独特の色調の塗装を的確に再現。
(3)車体の随所に配された、試験車ならではの屋根上の観測ドームや検測機器を的確に再現。
(4)2号車/6号車のパンタグラフ付近に設置された「検測用投光器」を点灯式で再現。
(5)通常の700系とは違う先頭車のヘッドライト/テールライトは、色調の異なる2色ヘッドライトを表現。
(6)連結部には復元機能の付いた、E5系「はやぶさ」と同様の扱いやすいホロ連結器を採用。
(7)側面窓は、実車の検測走行時の姿を再現するため、ロールカーテンがかかった状態を表現。
(8)定評あるフライホイール搭載動力ユニットを装備。安定した走行が可能。
(9)3両基本セットは紙箱、4両増結セットは7両ブックケースタイプで、3両基本セットを収納可能。
(10)DCCフレンドリー対応。
 
■923形3000番台<ドクターイエロー> セット構成
 ←博多  東京→
 1号車 923-3001 + 2号車 923-3002 -M-PP + 3号車 923-3003 + 4号車 923-3004 + 5号車 923-3005 + 6号車 923-3006PP + 7号車 923-3007
 太字下線部:3両基本セット
 下線部:4両増結セット
 通常時パンタグラフは、進行方向前方から1番目(検測用)と3番目(集電用)の1基を上げています。
 
■セット内容
 3両基本セット
  923-3001
  923-3002 -M-
  923-3007
 4両増結セット
  923-3003
  923-3004
  923-3005
  923-3006
 
■パッケージ/サイズ
 3両基本セット
  3・4両紙箱(ベストセレクション)
 4両増結セット
  7両ブックケース
 
■付属品
 3両基本セット
  リレーラー
 4両増結セット
  -
 
■関連オプションパーツ
 11-211/212 LED室内灯クリア/(6両分入)
 
■関連製品
 10-510~512 500系新幹線「のぞみ」 10-1174~1176 N700A新幹線「のぞみ」
 
 
 
再生産品 N-GAUGE
7月期発売
●10-510 500系新幹線「のぞみ」 4両基本セット 11,200円+税
●10-511 500系新幹線「のぞみ」 4両増結セット 8,000円+税
●10-512 500系新幹線「のぞみ」 8両増結セット 13,000円+税
JR西日本商品化許諾済
 
■商品紹介
●最速の新幹線として登場した500系新幹線は、300km/hという最高速度を実現するために、空気力学的に優れ、鋭くダイナミックなフォルムが採用され人気を博しました。平成9年(1997)から300Km/hの営業運転が開始され、平成22年(2010)3月まで東京~博多間を最速4時間49分で結んで活躍しました。
戦闘機を思わせる先頭部等、数々の斬新な特徴は各方面で大きく評価され、鉄道友の会「1998年ブルーリボン賞」、「1998年ブルネル賞奨励賞」を受賞しました。
現在は一部改造され、山陽新幹線で8両編成で活躍しています。
 
◆今なお色あせない、スピード感あふれるデザインをお楽しみいただけます。
 
◆今回の製品は再生産になります。
基本セットのパッケージ形態が「ベストセレクション」シリーズと同様のものに変更されます(クリアケース→発泡中敷)。車両の仕様については、従来製品からの変更はありません。
 
■製品特長
(1)エアロストリーム形の先頭部や断面等が特徴の車体形状をあますことなく再現。
(2)号車番号、車体ナンバー、車体表記を美しく表現。増結セットと組み合わせることで、実車どおりの16両編成を再現可能。
(3)特高圧用車体碍子をはじめとする屋根上形状を的確に再現。
(4)新幹線電車用車輪(ディスクブレーキ表現)を再現。
(5)ヘッド/テールライト点灯。
(6)KATOダイヤフラムカプラー(幌連結器)を中間車連結部に採用。
 
■500系新幹線「のぞみ」 セット構成
 ←博多  東京→
 1号車 521 3 + 2号車 526 7 + 3号車 527 5 + 4号車 528 3 + 5号車 525 5P + 6号車 526 8 + 7号車 527 403 + 8号車 518 3 + 9号車 515 3 + 10号車 516 3 -M- + 11号車 527 703 + 12号車 528 703 + 13号車 525 6P + 14号車 526 9 + 15号車 527 6 + 16号車 522 3
 太字下線部:基本セット(4両)
 太字:増結セット(4両)
 下線部:増結セット(8両)
 
■セット内容
 基本セット(4両)
  521 3
  516 3 -M-
  525 6
  522 3
 増結セット(4両)
  528 3
  526 8
  528 703
  526 9
 増結セット(8両)
  526 7
  527 5
  525 5
  527 403
  518 3
  515 3
  527 703
  527 6
 
■パッケージ/サイズ
 基本セット(4両)
  3・4両紙箱(ベストセレクション)
 増結セット(4両)
  8両ブックケース
 増結セット(8両)
  8両ブックケース
 
■付属品
 基本セット(4両)
  行先表示シール
 増結セット(4両)
  行先表示シール
 増結セット(8両)
  行先表示シール
 
■関連オプションパーツ
 11-211/212 LED室内灯クリア/(6両分入)
 
■関連製品
 10-896/897 923形3000番台<ドクターイエロー> 10-1174~1176 N700A新幹線「のぞみ」
 
 
 
新製品 N-GAUGE
7月期発売
●10-1506 287系 パンダくろしお「Smileアドベンチャートレイン」 6両セット 19,000円+税
JR西日本商品化許諾申請中 アドベンチャーワールド許諾申請中
 
■商品紹介
●今、関西で話題のパンダのデザインが施された287系「パンダくろしお」を製品化いたします。
平成29年(2017)のJR西日本30周年記念と、和歌山県白浜町にあるアドベンチャーワールドが平成30年(2018)に開園40周年の記念としてコラボした、287系「くろしお」のラッピング編成は、登場と同時に瞬く間に話題の車両となりました。
車両前頭部をパンダの顔に見立てたラッピングに、車体側面には愛らしい動物の躍動感あふれるラッピングが特徴的です。
 
◆定評あるKATOの印刷技術で、各所のラッピングを細部まで鮮やかに再現いたします。
通常の「くろしお」と並べたり、223系、225系、323系各種との共演を実車のように再現するなど、楽しみ方は様々です。
 
■製品特長
(1)実車の賑やかなラッピングを的確に再現。目を引くパンダの顔をしたデフォルメ、テーマごとに様々な動物の姿をラッピングした側面のほか、車両ごとに異なる色のストライプなど、通常の「くろしお」とは一味違った姿を色鮮やかに製品化。
(2)連結器は、先頭・中間部ともボディーマウント式KATOカプラー伸縮密連形を標準装備。手軽に併結編成の再現が可能。
(3)動力は定評あるフライホイール付き動力ユニットを搭載。安定した走行を実現。
(4)先頭車のヘッド/テールライト点灯。運転台上のヘッドライトは白色に点灯。ライトユニットは白色LEDを採用。
(5)側面方向幕シール付属。内容:「京都」「新大阪」「紀伊田辺」「白浜」「和歌山」
(6)ブックケースのスリーブは、特製のデザインを施したものを採用。
 
■287系 パンダくろしお「Smileアドベンチャートレイン」 セット内容
 ←白浜・紀伊田辺  新大阪・京都→
 1号車 クモロハ286 12(GIANT PANDA FAMILY) + 2号車 モハ286 17(NIGHT ADVENTURE) + 3号車 モハ287 205P(ENJOY WORLD) + 4号車 モハ286 205(MARINE WORLD) + 5号車 モハ286 16 -M-(SAFARI WORLD) + 6号車 クモハ287 20P(GIANT PANDA FAMILY)
 ( )は各車両のテーマ
 
■287系 パンダくろしお「Smileアドベンチャートレイン」 編成例
 1号車 クモロハ286 12 + 2号車 モハ286 17 + 3号車 モハ287 205P + 4号車 モハ286 205 + 5号車 モハ286 16 -M- + 6号車 クモハ287 20P + 7号車 クモハ286 8 + 8号車 モハ286 108 + 9号車 クモハ287 18P
 太字下線部:287系 パンダくろしお「Smileアドベンチャートレイン」
 下線部:10−1180 287系「くろしお」3両増結セット(今回、増結セットの再生産は行いません)
 
■セット内容
 6両セット
  クモロハ286 12
  モハ286 17
  モハ287 205
  モハ286 205
  モハ286 16 -M-
  クモハ287 20
 
■パッケージ/サイズ
 6両セット
  6両ブックケース
 
■付属品
 6両セット
  行先表示シール
  消灯スイッチ用ドライバー
 
■関連オプションパーツ
 11-211/212 LED室内灯クリア/(6両分入)
 
■関連製品
 10-1363/1364 289系「くろしお」 10-1439/1440 225系100番台<新快速> 10-871 225系0番台「新快速」
 10-536/537 223系2000番台(2次車/1次車)新快速 10-1465/1466 323系 大阪環状線
 
 
 
新製品 N-GAUGE
7月期発売
●23-575 ISOタンクコンテナ 日陸 2個入 2,000円+税
株式会社 日陸 商品化許諾申請中
 
■商品紹介
●KATOのコンテナ単品製品に、待望のISOタンクコンテナが登場です。
主に液体や気体を輸送するためのタンク形のコンテナで、大きさはISO(国際標準化機構)規格に対応した20フィートになっています。洗浄設備を有効活用した効率的な運用ができ、化学品から食品まで様々な製品の輸送を行っています。
現在も各地を走る貨物列車に積載されて活躍を続けており、四角いコンテナの列に混ざって入る横向きの筒状のコンテナは存在感があります。
 
◆好評をいただいているコンテナ単品製品のラインナップに、新たな形式のコンテナが登場です。お手持ちの貨物列車に載せて、バラエティ豊かなコンテナ貨物列車をお楽しみいただけます。
 
■製品特長
(1)日陸所有の22T6型タンクコンテナを単品製品としてラインナップ。
(2)既存製品の8042-2 コキ 200 ISOタンクコンテナ「日陸」積載のコンテナとは異なるロゴデザインを使用したもの(「NRS」ロゴのみのタイプ)を製品化。
(3)特徴的なタンク形状と、それを囲む青色のフレームを的確に再現。
(4)各部のロゴ・表記を細密に再現、印刷済。
(5)既存の各コンテナ積載用貨車(コキ100系、コキ200)に搭載可能。
 
■セット内容
 単品
  -
 
■パッケージ/サイズ
 単品
  ブリスター
 
■付属品
 -
 
■関連オプションパーツ
 -
 
■関連製品
 10-1478 コキ106 コンテナ無積載 23-573 19Dコンテナ(旧塗装) 23-574 UR19Aコンテナ(日本石油輸送・赤帯)
 
 
 
【情報源:下記情報提供販売店様FAX】
(FAX情報提供:「ごわす屋」様、「railways湘南ライン/railwaysしんゆり湘南ライン」様、「みやこ模型」様)

スポンサー様

  • 171_fes

    Chiyoda00111

    1220_tetsudoumokeibaneer

    Tamtam_20150826

    171216ngi225hf431

    Bana20170502

    Bnrrd

情報提供販売店様

  • Gowasuya_2

    ごわす屋 様

    Image300150_6

    railways湘南ライン様
    railwaysしんゆり湘南ライン様


    Ngimiyako2_2

    鉄道模型カスタマイズショップ
    みやこ模型様


スポンサー様2

  • 171_fes

    Chiyoda00111

    1220_tetsudoumokeibaneer

    Tamtam_20150826

    171216ngi225hf431

    Bana20170502

    Bnrrd