« TOMIX 2018年3月度 1/80スケール16.5mmゲージ新製品・再生産品 受注書(抜粋) | メイン | TOMYTEC 新製品インフォメーション(受注書) »

TOMIX 2018年2月度~2018年3月度 Nゲージ新製品・再生産品 受注書(抜粋)

TOMIXの「2018年2月度~2018年3月度 Nゲージ新製品・再生産品 受注書」が問屋様より販売店様に配布されています。
 
2018年2月予定
新製品
●8728 タキ1000(日本石油輸送・ENEOS・テールライト付) 2,800円+税
再生産
●8711 タキ1000(日本石油輸送) 1,800円+税
●8712 タキ1000(日本石油輸送・米タン) 1,800円+税
●8713 タキ1000(日本石油輸送・ENEOS) 1,800円+税
新製品
●9424 キハ40 2000(JR西日本更新車・姫新線)(M) 7,100円+税
●9425 キハ40 2000(JR西日本更新車・姫新線)(T) 4,600円+税
●98049 キハ47 0形ディーゼルカー(九州色・ベンチレーターなし)セット(2両) 10,300円+税
●98050 キハ47 0形ディーゼルカー(アクアライナー色)セット(2両) 10,300円+税
●9426 キハ40 2000(九州色・ベンチレーターなし)(M) 7,100円+税
●9427 キハ40 2000(九州色・ベンチレーターなし)(T) 4,600円+税
●98637 189系電車(N102編成・あさま色)セット(6両) 22,000円+税
 
2018年3月予定
新製品
●92589 E235系通勤電車(山手線)基本セット(3両) 9,800円+税
●92590 E235系通勤電車(山手線)増結セットA(5両) 10,600円+税
●92591 E235系通勤電車(山手線)増結セットB(3両) 6,800円+税
●98047 キハ48 500形ディーゼルカー(盛岡色)セット(2両) 10,300円+税
●98048 キハ40 500形ディーゼルカー(盛岡色・赤鬼)セット(2両) 11,800円+税
●9422 キハ40 500(盛岡色)(M) 7,100円+税
●9423 キハ40 500(盛岡色)(T) 4,600円+税
●98261 キハ183系特急ディーゼルカー(大雪)セットA(4両) 15,000円+税
●98262 キハ183系特急ディーゼルカー(大雪)セットB(4両) 15,000円+税
●98277 209 1000系通勤電車基本セット(4両) 13,800円+税
●98278 209 1000系通勤電車増結セット(6両) 12,800円+税
●98633 E217系近郊電車(4次車・旧塗装)基本セットA(7両) 19,200円+税
●98634 E217系近郊電車(4次車・旧塗装)基本セットB(4両) 14,000円+税
●98635 E217系近郊電車(4次車・旧塗装)増結セット(4両) 7,300円+税
●98636 名鉄7000系パノラマカー(第45編成)セット(6両) 21,200円+税
●98981 <限定>485系特急電車(はつかり 祝 海峡線開業)(10両) 36,200円+税
 
【情報源:下記情報提供販売店様FAX】
(FAX情報提供:「railways湘南ライン/railwaysしんゆり湘南ライン」様、「ごわす屋」様、「みやこ模型」様)
 
以下メーカー詳細説明です。

 
 
九州で活躍するキハ40系をラインナップ
 
HighGrade
●98049 JR キハ47 0形ディーゼルカー(九州色・ベンチレーターなし)セット(2両) 10,300円+税
●98050 JR キハ47 0形ディーゼルカー(アクアライナー色)セット(2両) 10,300円+税
●9426 JRディーゼルカー キハ40 2000形(九州色・ベンチレーターなし)(M) 7,100円+税
●9427 JRディーゼルカー キハ40 2000形(九州色・ベンチレーターなし)(T) 4,600円+税
JR九州承認申請中
 
◆実車ガイド
・JR九州に継承されたキハ40系は、多くの車両がJR化直前より変更されたアイボリーに青帯の九州色を纏って活躍しています
・一部の車両は機関更新は行われず、屋根上ベンチレーターが撤去されるなどの改造が行われています
・主に香椎線で活躍するキハ47形の一部はアクアライナーロゴの入った外観塗装に変更され活躍しています
 
◆製品化特徴
・ハイグレード(HG)仕様
・機関未更新でベンチレーターが撤去され屋根上がスッキリした姿を新規製作で再現
・車番は選択式で転写シート付属
・前面表示部は印刷済みパーツ「普通(紺地)」を装着済み
・前面表示部は交換用「普通(白地)」「(白地)」印刷済み別パーツを付属
・タイフォンは「シャッター形・スリット形」各大小の4種類からの選択式
・Hゴムは黒色で再現
・DT22形台車を装備
・ヘッド・テールライト・前面表示部は常点灯基板装備・ON-OFFスイッチ付
・ヘッドライトはカラープリズムの採用で電球色に近い色を再現
・フライホイール付動力・新集電システム・黒色車輪採用
・TNカプラー(SP)標準装備
■キハ40・キハ47九州色について
・アイボリーに青帯の九州色を再現
・JRマーク印刷済み
■キハ47アクアライナー色について
・アクアライナーロゴの入った外観を再現
・屋根上も車体と同じ白色の姿を再現
 
<別売りオプション>
 室内灯:<0755>LA+<0756>LBまたは、<0733>LC(白色)
 
■セット内容・編成例
 キハ40 2000<9427> + キハ47 0(M) + キハ47 1000
 キハ40 2000(M)<9426> + キハ47 0(M) + キハ47 1000
 下線部:Set
 普通字:単品
 
 
 
JR西日本更新車の内、姫新線で活躍していたキハ40形を再現
 
HighGrade
●9424 JRディーゼルカー キハ40 2000形(JR西日本更新車・姫新線)(M) 7,100円+税
●9425 JRディーゼルカー キハ40 2000形(JR西日本更新車・姫新線)(T) 4,600円+税
JR西日本商品化許諾申請中
 
◆実車ガイド
・JR西日本のキハ40系は機関の換装や更新工事の施工を行い、側面窓が変更されるなど外観が大きく変わりました
・屋根上ベンチレーターが撤去され冷房用機器を搭載しています
・姫新線で活躍していたキハ40形は上部がオレンジ色で下部がクリーム色のツートンカラーが特徴でした
 
◆製品化特徴
・ハイグレード(HG)仕様
・更新工事を受けた車体・床下を再現
・ベンチレーター撤去、冷房用機器搭載の屋根を再現
・車番は選択式で転写シート付属
・前面表示部は交換式で印刷済みパーツ「ワンマン 姫路←→本竜野」を装着済み
・前面表示部は交換用「ワンマン 姫路←→佐用」「ワンマン 姫路←→播磨新宮」印刷済み別パーツを付属
・タイフォンは「シャッター形・スリット形」各大小の4種類からの選択式
・Hゴムは黒色で再現
・DT22形台車を装備
・ヘッド・テールライト・前面表示部は常点灯基板装備
・ヘッド・テールライト・前面表示部はON-OFFスイッチ付
・ヘッドライトはカラープリズムの採用で電球色に近い点灯を再現
・フライホイール付動力・新集電システム・黒色車輪採用
・TNカプラー(SP)標準装備
 
<別売りオプション>
 室内灯:<0755>LA+<0756>LBまたは、<0733>LC(白色)
 
■セット内容・編成例
 キハ40 2000(M)<9424> + キハ40 2000<9425>
 普通字:単品
 
 
 
キハ40 500系の盛岡色・キハ40 500形の赤鬼をラインナップ
 
HighGrade
●98047 JR キハ48 500形ディーゼルカー(盛岡色)セット(2両) 10,300円+税
●98048 JR キハ40 500形ディーゼルカー(盛岡色・赤鬼)セット(2両) 11,800円+税
●9422 JRディーゼルカー キハ40 500形(盛岡色)(M) 7,100円+税
●9423 JRディーゼルカー キハ40 500形(盛岡色)(T) 4,600円+税
JR東日本商品化許諾申請中
 
◆実車ガイド
・キハ48 500・1500は寒地向けとして登場した車両で、側面窓が上段下降、下段上昇式のユニット窓となっています
・500番代はトイレ付で屋根上に水タンクが装備され、1500番代はトイレがなく屋根上に水タンクの無い姿が特徴です
・キハ40 500は553番までは雨樋が外付けの姿で、554番以降は雨樋が内蔵された姿で登場しています
 
◆製品化特徴
・ハイグレード(HG)仕様
・車番は選択式で転写シート付属
・JRマーク印刷済み
・前面表示部は印刷済みパーツ「普通」を装着済み
・交換用前面表示部は印刷済みパーツ「快速」「臨時」を付属
・ヘッド・テールライト・前面表示部は常点灯基板装備・ON-OFFスイッチ付
・ヘッドライトはカラープリズムの採用で電球色に近い色を再現
・タイフォンは「シャッター形・スリット形」各大小の4種類からの選択式
・DT44A形台車を装備
・フライホイール付動力・新集電システム・黒色車輪採用
・TNカプラー(SP)標準装備
■キハ48-500(盛岡色)セットについて
・キハ48 500の車体は雨樋が内蔵されている姿を再現
・キハ48 1500の車体は雨樋が外付けの姿を再現
■キハ40-500(盛岡色・赤鬼)セットについて
・動力車の車体は雨樋が外付けの姿を再現
・トレーラーの車体は雨樋が内蔵されている姿を再現
■キハ40-500(盛岡色)単品について
・単品(M)の車体は、雨樋が外付けの姿を再現
・単品(T)の車体は、雨樋が内蔵された姿を再現
・衛星電話アンテナ付属
 
<別売りオプション>
 室内灯:<0755>LA+<0756>LBまたは、<0733>LC(白色)
 
■セット内容・編成例
 キハ48 500(M) + キハ48 1500
 キハ40 500(M) + キハ40 500(T)
 キハ40 500(M)<9422> + キハ40 500(T)<9423>
 下線部:Set
 普通字:単品
 
 
 
あさま色で現在も活躍するN102編成を再現
 
HighGrade
●98637 JR 189系電車(N102編成・あさま色)セット(6両) 22,000円+税
JR東日本商品化許諾申請中
 
◆実車ガイド
・189系N102編成は長野総合車両センターに所属するあさま色の編成です
・2015年より先頭車側面にASAMAロゴが貼り付けられました
 
◆製品化特徴
・ハイグレード(HG)仕様
・ASAMAロゴ・車番・号車表示は印刷済み
・モハ188の屋根はランボード横が塞がっている後期型を再現
・シートはカラーシートで再現
・印刷済みトレインマーク「おはようライナー」装着、「あさま」付属
・ヘッド・テールライト・トレインマークは常点灯基板装備・ON-OFFスイッチ付
・トレインマークはカラープリズムで白色に近い色で点灯
・Hゴムは黒色で再現
・フライホイール付動力・新集電システム・黒色車輪採用
・TNカプラー(SP)標準装備
 
<別売りオプション>
 室内灯:<0755>LA+<0756>LBまたは、<0733>LC(白色)
 
■セット内容・編成例
 (2015年〜)
 ←長野  塩尻→
 (6)クハ189 9 + (5)モハ189 32 + (4)モハ188 32(M)P + (3)モハ189 40 + (2)モハ188 40P + (1)クハ189 510
 下線部:Set
 
 
 
「新」山手線、TOMIXから新たに登場!!
 
●92589 JR E235系通勤電車(山手線)基本セット(3両) 9,800円+税
●92590 JR E235系通勤電車(山手線)増結セットA(5両) 10,600円+税
●92591 JR E235系通勤電車(山手線)増結セットB(3両) 6,800円+税
JR東日本商品化許諾申請中
 
◆実車ガイド
・E235系は2015年3月に導入された新型通勤電車です
・E233系同様に主要機器の2重化されたほか、機器類を常時監視し予兆を把握し、故障に敏速に対応できる等、異常時に強い車両となっています
 
◆製品化特徴
・山手線に導入されたE235系量産車を新規製作で再現
・屋根のビード形状は幅の広いタイプを再現
・基本、増結A、増結Bセットで11両フル編成が再現可能
・特徴あるドア部のラインカラーは印刷にて再現
・側面グリーンガラスを再現
・車番は選択式で転写シート(増結セットA・Bに付属)
・新集電システム・黒色車輪採用
■基本セットについて
・先頭車スカートを新規で再現、ダミーカプラー装着
・前面表示は印刷済みのパーツで交換式
・車番印刷済み、JRマーク印刷済み
・ヘッド・テールライトは白色LEDで点灯
・前面表示・運行番号表示は白色LEDで点灯
・フライホイール付動力採用
■増結セットBについて
・サハE235 4600はE231 500系から改造された姿を再現
 
<別売りオプション>
 室内灯:<0755>LA+<0756>LBまたは、<0733>LC(白色)
 TNカプラー:<0336>密連形
 
■セット内容・編成例
 ←大崎(内回り)
 (11)クハE235 0 + (10)サハE235 4600 + (9)モハE235 0P + (8)モハE234 0 + (7)サハE234 0 + (6)モハE235 0(M)P + (5)モハE234 0 + (4)サハE235 0 + (3)モハE235 0P + (2)モハE234 0 + (1)クハE234 0
 太字下線部:基Set
 下線部:増SetA
 太字:増SetB
 
 
 
209系の地下鉄乗り入れ仕様を新規製作で再現
 
●98277 JR 209 1000系通勤電車基本セット(4両) 13,800円+税
●98278 JR 209 1000系通勤電車増結セット(6両) 12,800円+税
JR東日本商品化許諾申請中
 
◆実車ガイド
・209系1000番代は常磐線・地下鉄千代田線直通用として1999年に登場した通勤形電車です
・209系0番代をベースとし、前面に非常扉を設置するなど地下鉄運用に対応した車両となっています
・登場時のパンタグラフは菱形のタイプを装備していましたが、現在はシングルアームパンタグラフに変更されています
 
◆製品化特徴
・209系0番代とは異なるボディを新規で再現
・パンタグラフはシングルアームパンタ式に変更された姿を再現
・基本(1・5・6・10号車)と増結(2・3・4・7・8・9号車)で10両フル編成が再現可能
・ラジオアンテナがない屋根を再現
・先頭部スカートは強化型に変更された姿を再現
・前面表示部はシール対応(基本セットに付属)
・車番は選択式で転写シート対応(基本セットに付属)
・側面ガラスはスモークガラスを再現
・ヘッド・テールライト・前面表示部は白色LED点灯
・JRマーク印刷済み
・フライホイール付動力・新集電システム・黒色車輪採用
 
<別売りオプション>
 室内灯:<0755>LA+<0756>LBまたは、<0733>LC(白色)
 TNカプラー:<0336>密連形
 
■セット内容・編成例
 (2014年2月〜)
  ←取手・我孫子  代々木上原→
  (10)クハ209 1000 + (9)モハ209 1000P + (8)モハ208 1000 + (7)サハ209 1000 + (6)モハ209 1000(M)P + (5)モハ208 1000 + (4)サハ209 1000 + (3)モハ209 1000P + (2)モハ208 1000 + (1)クハ208 1000
  太字下線部:基Set
  下線部:増Set
  ※走行させるレイアウトの条件に合わせて、9号車、または3号車のモハ209 1000形に、別売の<0673>動力ユニットFW(DT61付)を組み込んで、動力車化してください。なお、この動力ユニットでは台車形状が少し異なりますので、ご使用の際は分売パーツの動力台車<0430>DT61D(黒車輪)に付け替えていただくことをおすすめします。
 
 
 
2017年3月に登場したキハ183系特急「大雪」を再現
 
●98261 JR キハ183系特急ディーゼルカー(大雪)セットA(4両) 15,000円+税
●98262 JR キハ183系特急ディーゼルカー(大雪)セットB(4両) 15,000円+税
JR北海道商品化許諾申請中
 
◆実車ガイド
・2017年3月旭川~網走間に新設定された特急列車で、以前急行列車の名称だった「大雪」が特急として復活しました
・札幌~網走間の「オホーツク」と共通運用のキハ183が使用され、スラントノーズ先頭車や急行時代と同様なトレインマークなどで注目をあつめています
 
◆製品化特徴
・キハ183 1550は乗客ドア横にあるルーバーを新規製作で再現
・キハ183 1500・1550のスカートは青色で再現、先頭部TNカプラー装着
・印刷済み「大雪」トレインマーク装着済み
・印刷済み「オホーツク」トレインマーク付属
・ヘッド・テールライト・トレインマーク常点灯基板装備、キハ 183 1500・1550はON-OFFスイッチ付
・床下は黒色で再現
・車番は選択式で転写シート付属
・フライホイール付動力・新集電システム黒色車輪採用
■セットAについて
・スラントノーズ先頭車が入った編成を再現
・スラントノーズ先頭車のキハ183 200は車販準備室付車で再現
・キハ183 200・キハ182 0・キロハ182は、ポリカーボネード補強板が付いて額縁状になった側面窓を、側面および側面ガラス新規で再現
■セットBについて
・元サロベツのトイレ付キハ183 1500とキハ182 500が入った編成を再現
・キロハ182の窓は、ポリカーボネード保護板が付いて額縁状になった側面窓を側面、側面窓新規で再現
 
<別売りオプション>
 室内灯:<0755>LA+<0756>LBまたは、<0733>LC(白色)
 TNカプラー:<0374>密自連形
 
■セット内容・編成例
 ●特急「大雪」(2017年7月)
 ←旭川・網走  遠軽→
 (4)キハ183 1500 + (3)キロハ182 + (2)キハ182 500(M) + (1)キハ183 1550
 下線部;SetB
 ●特急「大雪」(2017年3月)
 ←旭川・網走  遠軽→
 (4)キハ183 200 + (3)キロハ182 + (2)キハ182 0(M) + (1)キハ183 1550
 下線部;SetA
 
キハ183-7550番代「北斗」と合わせてお楽しみください!
 
 
 
E217系4次車旧塗装の姿を再現
 
●98633 JR E217系近郊電車(4次車・旧塗装)基本セットA(7両) 19,200円+税
●98634 JR E217系近郊電車(4次車・旧塗装)基本セットB(4両) 14,000円+税
●98635 JR E217系近郊電車(4次車・旧塗装)増結セット(4両) 7,300円+税
JR東日本商品化許諾申請中
 
◆実車ガイド
・E217系は1994年に横須賀・総武快速線の113系置換え用として209系をベースに設計開発された近郊形電車です
・4次車は基本11両編成と付属4両編成が製造され、基本11両編成は登場より1号車のバリアフリー対策がされています
・2007年度より更新工事により帯の色や床下機器などが変わり、外観が変化しました
 
◆製品化特徴
・基本Aセットと増結セットで11両編成を再現可能
・帯は更新前の姿を再現
・床下機器が更新される前の姿を再現
・スカートは強化型に交換される前の姿を再現
・先頭車の雨樋覆いが大型化された姿を再現
・JRマーク・前面ロゴ印刷済み
・サロのグリーンカーマーク印刷済み
・ヘッド・テールライト・前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・前面表示部はカラープリズムで白色に近い色で点灯
・運転台側にはTNカプラー(SP)装備
・車番は転写シートで選択式(基本セットA・Bに付属)
・サロE216・サロE217のシートは2階青系、1階赤系のカラーシートで再現
・フライホイール付動力・新集電システム・黒色車輪採用
 
<別売りオプション>
 室内灯:<0755>LA+<0756>LBまたは、<0733>LC(白色)
 TNカプラー:<0336>密連形
 
■セット内容・編成例
 (〜2009年頃)
 ←成田空港・上総一ノ宮・君津・千葉・東京  大船・逗子・久里浜→
 (11)クハE217 0 + (10)サハE217 0 + (9)モハE217 0P + (8)モハE216 1000 + (7)サハE217 2000 + (6)サハE217 2000 + (5)サロE217 + (4)サロE216 + (3)モハE217 2000(M)P + (2)モハE216 2000 + (1)クハE216 2000 + (増4)クハE217 2000 + (増3)モハE217 2000(M)P + (増2)モハE216 2000 + (増1)クハE216 2000
 太字下線部:基SetA
 下線部:増Set
 太字:基SetB
 
 
 
青函トンネル開業1番列車「はつかり10号」を再現
 
HighGrade
●98981 <限定品>JR 485系特急電車(はつかり 祝 海峡線開業)(10両) 36,200円+税
JR東日本商品化許諾申請中
 
◆実車ガイド
・485系は1968年に登場した特急形電車で直流と交流50・60Hzに対応した車両です
・1988年3月の青函トンネルを含む津軽海峡線開業初日には、1番列車「はつかり10号」が開業記念のトレインマークを表示して運転されました
 
◆製品化特徴
・ハイグレード(HG)仕様
・中間車は非常口が埋められた姿を再現
・車番・JRマークは印刷済み
・クロハはグリーンカーマーク印刷済み
・クロハ481・クハ481の先頭部右側面にルーバーがない姿を再現
・モハ485・484のうち各1両は1000番代前期型の車体を新規製作で再現
・ヘッド・テールライト・トレインマークは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・トレインマークはカラープリズムの採用で白色に近い色で点灯
・印刷済みトレインマークは「はつかり 祝 海峡線開業」を装着済み
・フライホイール付動力・新集電システム・黒色車輪採用
・TNカプラー(SP)標準装備
 
<別売りオプション>
 室内灯:<0755>LA+<0756>LBまたは、<0733>LC(白色)
 
■セット内容・編成例
 ●特急「はつかり10号」(1988年3月13日)
 盛岡・函館→
 (10)クロハ481 1019 + (9)モハ485 1087 + (8)モハ484 1087P + (7)モハ485 1051 + (6)モハ484 1051(M)P + (5)モハ485 1067 + (4)モハ484 1067(M)P + (3)モハ485 1009 + (2)モハ484 1009P + (1)クハ481 1010
 下線部:限定Set
 
 
 
名鉄パノラマカーの第45編成を晩年の姿で再現
 
HighGrade
●98636 名鉄7000系パノラマカー(第45編成)セット(6両) 21,200円+税
名古屋鉄道株式会社商品化許諾済
 
◆実車ガイド
・名鉄7000系は1961年6月に登場した特急用車両で、登場から10年以上にわたって116両が製造され、「パノラマカー」の愛称で親しまれました
・第45編成を構成する8次車は6両編成が2本(12両)が1974年に製造されました
・第45編成は晩年、中間に9次車2両を連結した6両編成で活躍しました
・2009年までに全車両が廃車となりました
 
◆製品化特徴
・ハイグレード(HG)仕様
・名鉄7000系の8・9次車で組成された晩年の第45編成を再現
・前面表示部は電動方向幕を装備した姿を再現
・中間2両の9次車は両開き扉の側面を新規製作で再現
・2次車とは異なる台車を新規製作で再現
・ヘッド・テールライト・前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・白色LED採用、ヘッドライトはカラープリズムで電球色に近い色で点灯
・車番は印刷済み
・前面表示部は選択式でシール付属
・先頭部はダミーカプラー装備
・フライホイール付動力・新集電システム・銀色車輪採用
・TNカプラー(SP)標準装備

<別売りオプション>
 室内灯:<0755>LA+<0756>LBまたは、<0733>LC(白色)
 
■セット内容・編成例
 ←名鉄岐阜・新鵜沼  豊橋・中部国際空港→
 (1)モ7046P + (2)モ7087 + (3)モ7102P + (4)モ7103 + (5)モ7086(M)P + (6)モ7045
 下線部:Set
 
 
 
テールライトが点灯するタキ1000形タンク車ENEOS仕様
 
●8728 私有貨車 タキ1000形(日本石油輸送・ENEOS・テールライト付) 2,800円+税
再生産
●8711 私有貨車 タキ1000形(日本石油輸送) 1,800円+税
●8712 私有貨車 タキ1000形(日本石油輸送・米タン) 1,800円+税
●8713 私有貨車 タキ1000形(日本石油輸送・ENEOS) 1,800円+税
日本石油輸送株式会社商品化許諾申請中 JXTGエネルギー株式会社商品化許諾済
 
◆実車ガイド
・1993年から活躍し始めたガソリン専用のタンク車
・タキ43000形と同様のフレームの無い構造で、ガソリンを45トン積載する事ができます
・台車はFT21を採用し95km/hでの走行が可能になりました
・一部の車両は車体側面にENEOSとエコレールのマークが入っています
・一部の列車では最後尾に連結されるタキ1000形に灯火式のテールライトが装着されました
 
◆製品化特徴
・車番印刷済み(772)
・テールライト点灯(ブレーキハンドルが有る側のデッキのみ)
・ハシゴ部分を実車と同様に緑とグレーで再現
・小径車輪採用
・車番変更用転写シート付属(602・631・679・681・753・757・764・770・779・781)
・エコレールマーク印刷済み
 
<別売りオプション>
 TNカプラー:<0397>自連形CCカプラー対応
 
 
 
【情報源:下記情報提供販売店様FAX】
(FAX情報提供:「railways湘南ライン/railwaysしんゆり湘南ライン」様、「ごわす屋」様、「みやこ模型」様)

スポンサー様

  • Bn_160fes300

    Chiyoda00111

    Tamtam_20150826

    171125ngikrd5

    Bana20170502

    Bnrrd

情報提供販売店様

  • Gowasuya_2

    ごわす屋 様

    Image300150_6

    railways湘南ライン様
    railwaysしんゆり湘南ライン様


    Ngimiyako2_2

    鉄道模型カスタマイズショップ
    みやこ模型様


スポンサー様2

  • Bn_160fes300

    Chiyoda00111

    Tamtam_20150826

    171125ngikrd5

    Bana20170502

    Bnrrd