« TOMYTEC 鉄道模型フェスティバル2017 会場発表新製品 | メイン | TOMIX トミックスワールド新製品入荷情報更新 »

TOMIX 2017年10月度・12月度〜2018年1月度 Nゲージ新製品・再生産品 受注書(抜粋)

TOMIXの「2017年10月度・12月度〜2018年1月度 Nゲージ新製品・再生産品 受注書」が問屋様より販売店様に配布されています。
 
2017年10月予定
新製品
●3247 トラフガーダー橋(F)(赤)(2本セット) 800円+税
●3247 トラフガーダー橋(F)(深緑)(2本セット) 800円+税
 
2017年12月予定
新製品
●9182 EF67 100(更新車) 7,000円+税
●9183 EF67 100(101号機・更新車) 7,000円+税
 
2018年1月予定
新製品
●2618 明知鉄道 アケチ101形 6,300円+税
●92301 733 3000系近郊電車(エアポート)基本セット(3両) 10,500円+税
●92302 733 3000系近郊電車(エアポート)増結セット(3両) 8,700円+税
●92775 キハ181系特急ディーゼルカー(JR四国色)セット(6両) 17,200円+税
●98033 115 1000系近郊電車(新潟色・S編成)セット(2両) 9,800円+税
再生産
●92493 115 1000系近郊電車(新潟色)セット(3両) 12,800円+税
新製品
●98044 キハ58系急行ディーゼルカー(よしの川・JR四国色)セット(2両) 10,600円+税
●98045 キハ58系急行ディーゼルカー(JR四国色)セット(2両) 10,500円+税
●98980 <限定>キハ58系急行ディーゼルカー(土佐・JR四国色)セット(3両) 14,800円+税
●98271 キハ66・67形ディーゼルカー(九州色)セット(4両) 19,500円+税
●98979 <限定>コキ50000形貨車(コンテナなし・グレー台車)セット(12両) 13,200円+税
 
【情報源:下記情報提供販売店様FAX】
(FAX情報提供:「railways湘南ライン/railwaysしんゆり湘南ライン」様、「ごわす屋」様)
 
以下メーカー詳細説明です。

 
 
トラフガーダー橋2色で製品化(長さ70mm)
 
●3247 トラフガーダー橋(F)(赤)(2本セット) 800円+税
●3247 トラフガーダー橋(F)(深緑)(2本セット) 800円+税
 
◆製品化特徴
・床に直置きで使用できる橋梁
・<3247>の色は赤色で<3028>デッキガーダー橋(赤)と同じ色
・<3248>の色は深緑色で<3241>デッキガーダー橋(深緑)と同じ色
・レール同士は簡単確実な接続
・トラフガーダー橋を床に直においた時に、橋梁下に隙間があり配線などを通すことができます
・橋脚(別売)などへは付属の橋梁台座を取付けることで設置可能
 ※一部の橋脚には橋梁台座の加工が必要
・<5538>ワイドレール・スラブレール用D.C.フィーダー(別売)の取り付けが可能
 
 
 
重量貨物列車の後押し機関車EF67形をニューラインナップ
 
●9182 JR EF67 100形電気機関車(更新車) 7,000円+税
●9183 JR EF67 100形電気機関車(101号機・更新車) 7,000円+税
JR貨物承認申請中
 
◆実車ガイド
・EF67形は山陽本線瀬野-八本松間の勾配区間で、九州方面からの重量貨物列車を後押しする補機として登場した機関車です
・100番代は1990年にEF650形の最終増備グループから5両を改造して製作されました
・2003年より更新工事を受け、テールライトが角型に、窓周りを黒、車体裾部は白とグレーの帯に変更されました
 
◆製品化特徴
・EF67 100の更新工事を受けた後の姿を新規製作で再現
・車体は赤11号をベースに窓周りを黒、裾部を白とグレーの帯、飾り帯は黄色、乗務員扉をからし色となった塗装を再現
・貨車と連結する(1エンド)側のスカートは緩衝器を装備し大型化された姿を再現
・メーカーズプレートは本体一体で印刷で再現
・ヘッドライト・テールライトは点灯式で常点灯基板装備
・スノープロウの無い姿を再現、JRFマークは印刷済
・屋根上モニターは車体色と同じ赤11号で再現
・前面手すり(縦)を別パーツにて再現、Hゴムは黒色で再現
・解放テコを別パーツにて再現(取付け済)
・一体プレート輪心付車輪採用、TNカプラー付属
・フライホイール付動力・灰色台車・銀色車輪採用
・ミニカーブ走行可能(1エンドの大型化されたスカート側は連結時不可)
・車輪は全てゴム無し仕様
■EF67 100(更新車)について
・ナンバープレート別パーツ付属「EF67-102・103・104・105」
■EF67 100(101号機・更新車)について
・101号機特有の貨車と連結しない側のスカートは下辺が斜めの姿を再現
・ナンバープレート別パーツ付属「EF67-101」
 
 
 
明知鉄道の新型、アケチ101形登場
 
●2618 明知鉄道 アケチ101形 6,300円+税
明知鉄道株式会社商品化許諾申請中
 
◆実車ガイド
・明知鉄道は1985年に岐阜県の恵那~明智間を結ぶ国鉄明知線を第三セクター方式の経営形態として発足した鉄道です
・アケチ101形は2017年にアケチ6形の置き換え用として登場した新型ディーゼルカーです
・車体はクリームにオレンジの帯が配された塗装となり、アケチ6形の塗装を継承しています
 
◆製品化特徴
・車番は印刷済み(アケチ101)
・クリームにオレンジ帯のカラーを再現
・前面表示部は非点灯・シール対応
・ヘッド・テールライトは常点灯基板装備
・フライホイール付動力・銀色車輪採用
・TNカプラー(SP)標準装備
・ミニカーブレール走行可能
 
<別売りオプション>
 室内灯:<0756>LBまたは<0733>LC(白色)
 
 
 
733系第2弾は快速「エアポート」用733-3000系!!
 
●92301 JR 733 3000系近郊電車(エアポート)基本セット(3両) 10,500円+税
●92302 JR 733 3000系近郊電車(エアポート)増結セット(3両) 8,700円+税
JR北海道商品化許諾申請中
 
◆実車ガイド
・733系は2012年に登場した近郊形交流電車です
・先に登場した731系をベースに新技術の導入やバリアフリーに対応した仕様となっています
・快速「エアポート」に使用される733 3000系は先に登場した733 100系をベースにクーラーが変更される等の仕様変更がされています
・733 3000系を使用した快速「エアポート」は2014年7月から主に新千歳空港~札幌・小樽間で運行が開始されました
・中間車サハ733形のうち1両は指定席「uシート」となっており外観も異なる色の帯が施されています
 
◆製品化特徴
・快速「エアポート」用733 3000系を再現
・基本セットと増結セットで6両フル編成が再現できます
■基本セットについて
・車番は印刷済み
・前面表示は「快速エアポート」を印刷済み
・ヘッド・テールライトは白色LEDで点灯
・ヘッド・テールライトON・OFFスイッチ付
・先頭車運転台のみTNカプラー(SP)装備
・フライホイール付動力採用
・新集電システム・黒色車輪採用
■増結セットについて
・サハ733 3200(uシート)は新規製作で再現
・車番は選択式で転写シート付属
・新集電システム・黒色車輪採用
 
<別売りオプション>
 室内灯:<0755>LA+<0756>LBまたは<0733>LC(白色)+<0734>(電球色)
 TNカプラー:<0336>密連形
 
■セット内容・編成例
 ●(2014年7月〜)
  ←新千歳空港  札幌・小樽→
  (1)クハ733 3100+ (2)モハ733 3100(M)P + (3)サハ733 3100 + (4)サハ733 3200 + (5)モハ733 3200P + (6)クハ733 3200
  太字下線部:基Set
  下線部:増Set
 
 
 
キハ181系のJR四国色を再現
 
●92775 JR キハ181系特急ディーゼルカー(JR四国色)セット(6両) 17,200円+税
JR四国承認申請中
 
◆実車ガイド
・キハ181系は1968年に勾配線区向けとして登場した特急型ディーゼルカーです
・JR四国に所属したキハ181系はクリームに水色が入ったカラーリングで活躍していました
 
◆製品化特徴
・ヘッド・テールライト・トレインマークはLED点灯で常点灯基板装備
・JRマーク印刷済み
・トレインマークはシール対応
・車番は選択式で転写シート付属
・フライホイール付動力採用
・新集電システム・黒色車輪採用
※品番92724は生産中止となります
 
<別売りオプション>
 室内灯:<0751>A+<0752>Bまたは<0731>C(白色)
 TNカプラー:<0374>密自連形
 
■セット内容・編成例
 (1987年頃)
 キハ181 + キロハ180 + キハ180(M) + キハ180 + キハ180 + キハ181
 下線部:Set<92775>
 
 
 
クモハ114とクモハ115の2両編成を新潟色で再現
 
●98033 JR 115 1000系近郊電車(新潟色・S編成)セット(2両) 9,800円+税
JR東日本商品化許諾申請中
 
◆実車ガイド
・115系は勾配線区向けの近郊電車で、後年シートピッチ拡大などモデルチェンジが行われた寒地向け車両は1000番代に区分されました
・クモハ114 1500は短編成化用に、パンタ付中間車モハ114 1000に運転台を設置した改造先頭車でクモハ115と組合わせて運用されました
 
◆製品化特徴
・パンタグラフ付の先頭車クモハ114を車体新規で再現
・クモハ115 1500は屋根を新規で再現
・白ベースに濃淡緑帯の新潟色になった姿を再現
・新潟色2両編成のS編成中、トイレが設置されてない編成を再現
・2両編成でも遊べるようクモハ114に動力ユニット搭載
 ヘッド・テールライトは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・先頭部TNカプラー(SP)装備
・車番は選択式で転写シート付属
 
<別売りオプション>
 室内灯:<0751>A+<0756>LBまたは、<0731>C(白色)+<0733>LC(白色)
 TNカプラー:<0374>密自連形
 
■セット内容・編成例
 ●(2012年頃)
  ←柏崎・新潟  東三条・村上・長岡・柏崎→
  クモハ115 1000 + モハ114 1000(M)P + クハ115 1000 + クモハ115 1500 + クモハ114 1500(M)P
  下線部:Set<92493>
  太字下線部:Set<98033>
 
 
 
アイボリーと水色が爽やかなJR四国色のキハ58系を再現
 
HighGrade
●98044 JR キハ58系急行ディーゼルカー(よしの川・JR四国色)セット(2両) 10,600円+税
●98045 JR キハ58系急行ディーゼルカー(JR四国色)セット(2両) 10,500円+税
●98980 <限定品>JR キハ58系急行ディーゼルカー(土佐・JR四国色)セット(3両) 14,800円+税
JR四国承認申請中
 
◆実車ガイド
・キハ58系は国鉄が製造した急行形ディーゼルカーで、全国で活躍しました
・四国に配属されていた車両はアイボリーをベースにJR四国のコーポレートカラーである水色の塗装が施され、四国各地で運用されていました
 
◆製品化特徴
■共通事項
・ヘッド・テールライト・前面表示部は常点灯基板装備
・前面表示部はカラープリズムで白色に近い色で点灯
・ヘッド・テールライト、前面表示部ON-OFFスイッチ付
・JRマーク印刷済み
・印刷済みの前面表示部パーツは「急行」と白地の2種類付属
・車番は選択式で転写シート付属
■よしの川・JR四国セットについて
・急行「よしの川」から普通列車でもよく見られたキハ58+キハ65の編成をJR四国色で再現
・印刷済みヘッドマークは「急行よしの川」2種類と「急行阿波」付属
・キハ58は内はめ形テールライト、スリット形タイフォンで再現
■JR四国色セットについて
・普通列車でよく見られたキハ58+キハ28の編成をJR四国色で再現
・キハ58は扉下丸窓が当初より無い、0番代の冷改車を再現
・キハ28は0番代の冷改車である2000番代を、扉下丸窓などが無い側面新規で再現
■限定品 土佐・JR四国セットについて
・キハ57の冷房改造車を前面、妻面新規で再現
・キハ57のタイフォンはスリット形で再現
・キハ28-5200はユニットサッシ改造車で再現
・「急行土佐」「急行あしずり」「急行うわじま」印刷済みヘッドマーク付属
・<98044>のセットと連結して5両編成の急行「土佐」も再現可能
 
<別売りオプション>
 室内灯:<0755>LA+<0756>LBまたは<0733>LC(白色)
 
■セット内容・編成例
 ●急行「よしの川」(1991年頃)
  ←徳島  阿波池田→
  (1)キハ58 400(M) + (2)キハ65 0
  下線部:Set<98044>
 (1991年頃)
  (1)キハ58 0(M) + (2)キハ28 2000
  下線部:Set<98045>
 ●急行「土佐」(1990年頃)
  ←高松  高知→
  (1)キハ57(M) + (2)キハ28 5200 + (3)キハ65 0 + (4)キハ58 400(M) + (5)キハ65 0
  太字下線部:限定Set<98980>
  下線部:Set<98044>
  ※一部の列車は1〜3号車の3連で運転。
 
 
 
機関の冷房機能が強化され九州色となったキハ66・67を再現
 
HighGrade
●98271 JR キハ66・67形ディーゼルカー(九州色)セット(4両) 19,500円+税
JR九州承認申請中
 
◆実車ガイド
・1975年山陽新幹線博多開業に合わせ、北九州の連絡輸送用に製造された気動車で、機能面など意欲的な設計を取入れて登場しました
・国鉄時代後半に冷却機能強化のため、冷却水循環電動ポンプが屋根上に増設されました
 
◆製品化特徴
・ハイグレード(HG)仕様
・屋根上に増設された冷却水循環ポンプと配管・屋根を新規パーツで再現
・キハ66のトレーラー車両を床下新規で再現
・印刷済みの前面表示部パーツは紺地に「普通」と白地の2種類付属
・車番とJRマークは選択式で転写シート付属
・ヘッド・テールライト・前面表示部は常点灯基板装備
・ヘッド・テールライト、前面表示部ON-OFFスイッチ付
・ヘッドライトはカラープリズムで電球色に近い色で点灯
・フライホイール付動力・新集電システム・黒色車輪採用
 
<別売りオプション>
 室内灯:<0755>LA+<0756>LBまたは<0733>LC(白色)
 
■セット内容・編成例
 ●(1990年頃)
  キハ66 + キハ67 + キハ66(M) + キハ67
  下線部;Set<98271>
 
 
 
2017年度で引退予定のコキ50000を12両セットで商品化
 
●98979 <限定品>JR コキ50000形貨車(コンテナなし・グレー台車)セット(12両) 13,200円+税
JR貨物承認申請中
 
◆実車ガイド
・コキ50000形は1971年より製造されたコンテナ貨車です
・12フィート5tコンテナなら5個、20フィート10tコンテナなら3個が積載可能な設計となっています
・1991年から台車の色がグレーに変更されました
・2017年度で全車両が引退予定となっています
 
◆製品化特徴
・デッキ部の手すりは増設された姿を新規製作で再現
・台車がグレーの姿を再現
・反射板パーツ付属
・車番印刷済み(50727・51117・51335・51494・51864・52208・52486・52653・52733・53073・53126・53218)
・車番変更用転写シート付属(50468・50473・50630・50651・50715・50947・51058・51329・51432・51516・51518・51657・51899・52094・52128・52193・52243・52464・52814・52857・53035・53077・53211・53227)
・銀色車輪採用
 
<別売りオプション>
 TNカプラー:<0393>密自連形(Sカプラー対応グレー)
 
■セット内容・編成例
 コキ50727 + コキ51117 + コキ51335 + コキ51494 + コキ51864 + コキ52208 + コキ52486 + コキ52653 + コキ52733 + コキ53073 + コキ53126 + コキ53218
 下線部:限定Set<98979>
 
 
 
【情報源:下記情報提供販売店様FAX】
(FAX情報提供:「railways湘南ライン/railwaysしんゆり湘南ライン」様、「ごわす屋」様)

スポンサー様

  • Bn_158fes300

    Chiyoda0011

    Tamtam_20150826

    170314ngi

    Bana20170502

    Bnrrd

情報提供販売店様

  • Gowasuya_2

    ごわす屋 様

    Image300150_6

    railways湘南ライン様
    railwaysしんゆり湘南ライン様


    Ngimiyako2_2

    鉄道模型カスタマイズショップ
    みやこ模型様


スポンサー様2

  • Bn_158fes300

    Chiyoda0011

    Tamtam_20150826

    170314ngi

    Bana20170502

    Bnrrd