« TOMYTEC 新製品インフォメーション(受注書) | メイン | TOMYTEC 新製品インフォメーション(受注書) »

TOMYTEC 新製品インフォメーション(受注書)

TOMYTECの「鉄道コレクション 東武快速 東武日光・会津田島行 最終日39列車/東武区間快速 東武日光・会津田島行 最終日47列車 受注書」が問屋様より販売店様に配布されています。
 
2017年9月発売予定
新製品
●鉄道コレクション 東武快速 東武日光・会津田島行 最終日39列車セット 9,000円+税
●鉄道コレクション 東武区間快速 東武日光・会津田島行 最終日47列車セット 9,000円+税
再生産
●TM-08R 鉄道コレクション動力ユニット 20m級用A 3,400円+税
●TM-25 鉄道コレクション動力ユニット 20m級用D2 3,400円+税
●TT-04R 鉄コレ 走行用パーツセット(車輪径5.6mm2両分:グレー) 1,000円+税
●TOMIX<0258>パンタグラフPT4811N(2個入) 500円+税
 
【情報源:下記情報提供販売店様FAX】
(FAX情報提供:「railways湘南ライン/railwaysしんゆり湘南ライン」様、「ごわす屋」様、「みやこ模型」様)
 
以下メーカー説明詳細です。

 
鉄道コレクション
新製品
 
伝統の東武快速 2017年4月20日浅草口よりついに引退!
快速39列車・区間快速47列車最終日編成を製品化!
1/150スケール Nゲージサイズ 塗装組立済 オープンパッケージ
 
東武鉄道本線系統では、浅草から野岩鉄道を経由し会津鉄道:会津田島まで、3社直通の快速・区間快速が運行されておりました。
3社が所有する6050系は関東私鉄では珍しいクロスシート主体の車両で、2両編成×3組の6両編成で浅草を出発し、途中、下今市で東武日光行を切り離し、また野岩鉄道へ入る新藤原で2両を切り離す「3階建て」になっていたのも特徴的でした。
永らく愛されたこの快速・区間快速も、新たに新造された特急車両「500系・リバティ」の運行開始に伴い2017年4月20日で廃止となりました。
最終日2017年4月20日浅草9:10発最後の快速列車となった39列車と、16:40発最後の区間快速列車となった47列車をそれぞれ製品化。
快速39列車セットはトップナンバー6151編成を含み、また区間快速47列車セットは東武・野岩・会津の3社所属車両が入った編成を再現。
方向幕印刷済、他の方向幕など収録したシール付属予定。(*仕様は現時点での予定です)
動力ユニットは快速39編成セットにはTM-25(20m級D2)、区間快速47列車セットにはTM-25(20m級D2)またはTM-08R(20m級A)が適合、走行化パーツセットはTT-04R、パンタグラフはPT4811N<0258>を推奨しています。
本体パッケージサイズ 210×300×30(mm)
※東武鉄道株式会社、野岩鉄道株式会社、会津鉄道株式会社 商品化許諾申請中
 
別売りのNゲージ走行用パーツと動力ユニットを使用することにより、Nゲージ鉄道模型として走行させることができます。
 
【情報源:下記情報提供販売店様FAX】
(FAX情報提供:「railways湘南ライン/railwaysしんゆり湘南ライン」様、「ごわす屋」様、「みやこ模型」様)

スポンサー様

  • Bn_2017jam300

    Chiyoda001

    Tamtam_20150826

    170314ngi

    Bana20170502

    Bnrrd

情報提供販売店様

  • Gowasuya_2

    ごわす屋 様

    Image300150_6

    railways湘南ライン様
    railwaysしんゆり湘南ライン様


    Ngimiyako2_2

    鉄道模型カスタマイズショップ
    みやこ模型様


スポンサー様2

  • Bn_2017jam300

    Chiyoda001

    Tamtam_20150826

    170314ngi

    Bana20170502

    Bnrrd